スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モノをつくる

今日はナーコの0歳時代最後の日です。
・・・って、まだるっこしい言い方ですが、
つまり、明日は1歳のお誕生日であります。

・・・ということで、K太郎とふたり、
ナーコのお誕生日プレゼントを製作。

自家製ルーピング↓

20100924141549

K太郎とふたりで、、、っていっても、
K太郎はシール貼り手伝っただけですけども↓

20100924142626

・・・しかし。兄の気も知らず、シールを剥がしにかかるナーコ↓

20100924143427_2

・・・って誕生日になる前に渡しちゃったよ。

良かれと思って貼ったシールですけど、こりゃ余計でした。
本来遊んでほしいところに目がいかず、
最初にシールにくぎ付けになったナーコ。
正しく遊ぶには、もうちょい時間がかかりそうですね。

ワタシは「子どものおもちゃを作りましょう」的な本が好きで、
よく図書館で借りたりしています。
これは、我が家に1冊ある手作りおもちゃ本を参考にしたんですけど、
本だと、「カラーワイヤーを使って・・・」とあるんですけども、
カラーワイヤーって普通に売ってるのでしょうか?
こういった本は、
本に書いてある通りに作ろうとすると、
「そもそもその材料はどこで手にいれるんだ?」とか、
「その材料をそろえるぐらいなら、できてるのを買った方が
安いよねぇ」というものも多いな、とよく思います。
でも、ネタ本的にはやっぱり楽しい。

あぁ、これはカラーワイヤーではなく、
ただのワイヤーに着色したものです。
遊ぶと色がちょっと剥げてきます・・・。
ま、もちろん安全基準は満たしておりませんからね、このおもちゃ。
ワイヤーもきれいに成形するのは、
かなり難しいことがわかりました。

子どものおもちゃも、「いいおもちゃ」としてよく紹介されているようなものは、
ほんっとうに高価ですね。
でも、おもちゃの質にこだわる方とか、
知育を大切にされてる方とかもいらっしゃるでしょうからね。
そういうおもちゃも、それはそれで大切だろうと思いますが、
しかし、ちょいとハードル高いよなぁ、
といっつも思います。

手作りおもちゃ本といえば、
NHKの「いないいないばあ」のオープニングに出てくる
お日様とか(見てない人にはさっぱりわかりませんね・・・)をデザインされ、
「100かいだてのいえ」の絵本でも知られる
岩井俊雄さんという方が書かれた
「いわいさんちへようこそ」という本を最近読みました。

岩井さんの本業はメディアアーティストですが、
この本は、岩井さんが娘さんといっしょに考えた遊びとか、
作ったおもちゃなどが載っているフォトエッセイです。
なんだかね~、素敵なんだわ。
娘さんが2歳ぐらいのころから、
いろいろ一緒に作ったりし始めたそうですけども
とっても楽しげでね~。
まあ、この方はクリエーターですから、
ワタクシごときが真似できそうなものは少ないですけども・・・。

で、この岩井さんは、ご自身が小学生の時、お母様から、
「もうおもちゃは買いません。
ほしいものがあるなら自分で作れ」
と言われたんだそうで、
それから、いろいろモノづくりに目覚めたんだそうです。
もともとの素質、素養はあったようですけど、
クリエーターとしての原点になった出来事、だったとか。
ワタクシも、ハハとして「なるほどねぇ」と思いながら読みました。

モノを作る、という行為は、
手先の訓練だとかなんだとか、いろいろあるでしょうけど、
とにかく、出来上がるまで「考える」という行為の連続である、と思います。
キット製品みたいに、書いてあるとおりに作るだけのものは別として、
作りながら、
「あ、しまった、こっちを先にやるべきだった」、とか、
「ありゃ、これじゃぁ、うまくいかないわねぇ」とかいろいろ。
完成までに一つ一つ考えてクリアしなければなりません。

別におもちゃ代をケチろうとかそういうわけではありませんけど、
わが子には、そういう「考える行為」を大切にしてもらいたいなぁ、
と、今回、作りながらしみじみ思いました。

・・・と、どエラそうなこと、書いてますけども、
うちのK太郎は、かなり手先が不器用です(泣)。
ま、なりたて3歳児ですから、できることなんて少ないですけど、
それにしても、
ちょいと、どうなってんだ、その手指は?と思うこと多し。

ま、この時点で向き不向きがどうのこうのなんて言う気はありませんけど、
「きっとクリエイターにはならんだろうな、わが子は」、
と思っているハハでありました。

・・・・そろそろ、翻訳ネタに戻らねば・・・・((・。・;

読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

スポンサーサイト

現状に満足すること

乳幼児がいるおうちは、
騒音防止とか、安全対策とか、その他の理由で、
床にマットが敷いてあるおうちも多いのではないかと思われますが、
我が家もリビングのど真ん中に、
がっつり2畳分のコルクマットが敷いてあります。
このように↓

Dsc00595_2

ソファーテーブルが角張っていて危ないので、
K太郎が赤ん坊の時に撤収されて以来、
テーブルがない生活を強いられています…。

おまけにこのコルクマット、
K太郎がこの上でお絵かきだのなんだのしていたがために、
クレヨンとかその他、「ちらっとはみでちゃった、えへへ・・・」みたいなものが
あちこちに・・・。
とてもとても、人を呼べるような家じゃなくなっております。

マットをぼんやり眺めながら、
「貧乏くさいわね~、まぁ、2人とももうちょい大きくなったら、
ここに好き放題、落書きさせてから処分しよう」、
と、ぼさっと考えていたのですけども、
ふと、思いついて、ワタクシもちょいと描いてみることにしました(ナゼ?)

あ、裏面にね。チマチマチマ・・・。

描けたよー。↓

Dsc00594_4

しつこいですけど、マットの裏に描きました。ポスカで。
(道路のグレーだけ塗料)
約1畳分のみです。
遊ぶときだけ、裏返しにしてね~、こうやって・・・[E:sweat01]↓

Dsc00597

(お久しぶり、ナーコです。)

男の子、K太郎は山のように車のおもちゃを持っています。
ジューキーズもいっぱいあるし・・・↓

20100912161329

パトカーもあるし・・・↓

20100912161356

救急車もあるし・・・↓

20100912161347

その他、電車もフツーの車も山盛りです。
のりのりで遊んでくれましたよ。
これで、家の中の遊びネタが増えたな・・・。

平和な街を破壊する怪獣、ナーコ付き↓

20100912163400   

本来、描いてはいけないところに描くという、不思議なヨロコビ。
童心に帰ります。

なんといいますか、
ワタシは本来、大して子ども好きでもなく、
どちらかといえば、出産前まで、「子どもは苦手かも」な人だったので、
子どもと遊ぶ、ということについて、
「は~、何すべ~」と息詰まることも多々ある人なんですけども、
そうはいっても、相手をしないわけにもいきませんので、
ワタシ自身も楽しみを見つけないとねぇ、と思ったりします。

そんなことを思いながら、
二日がかりで描いていたわけですけども、
そんなことをしている間に、ワタクシ、誕生日を迎えました。

三十路後半、というよりアラフォー。
女性の平均寿命は80歳を超えていますので、
まだ半分にも達してないのか、と驚きますが、
そうはいっても、ほぼほぼ、人生折り返し地点に差し掛かっているのだな、
というところでしょうか。
(だというのに、子どもがまだ乳児であるということに
時々、ふぅ[E:sweat01]。。。。と思うこともあります)

残り半分の人生。
さすがに40歳が視野に入ってきている年齢ですので、
自分の得手不得手、
好きなこと、嫌いなこと、
出来そうなこと、出来なさそうなこと、は認識しているつもりです。
若いころは、理想の生活、理想の人生を描いて、
ちょっとでもそれに近づけるようにあがいてみたりもしたわけですが、
ここまで来ますと、
理想はあっても、まあ、もう実現することはできないのだろうな、とか、
だんだん現実との折り合いみたいなものも
良かれ悪しかれ、つけていかなくてはなりません。

今の自分の生活に恵まれているものはたくさんあると思いますが、
残念ながら手に入っていないもの、欠けているもの、もたくさんあると思います。
でもきっと、欠けているもののうちの大半は、
手に入れることなく人生を終えるのかも、という気もします。

ふつうにいけば、あと40年ぐらい生きるのかしら?
これから先の40年、心豊かに暮らすために、
「ないものを手に入れる努力」もするに越したことはありませんが、
それと同様、もしくはそれ以上に、
ないものを追うのではなく、
今あるものがどれだけありがたいものか、
どれだけ恵まれているのか、など
目の前の人生に小さな幸せとか楽しさとかを見出していこうとする努力のほうが、
きっと、残りの人生を幸せにしてくれるに違いない、という気がします。
現状に甘んじてはいけない、のではなく、
意識して、現状に満足していく努力(変?)も必要なのだろうなぁ、と。

そんなことを思った誕生日でありました。
マットの話から、大きくずれましたけども、
(一応、「楽しみを見出す」、ということでつながっているつもりなんだけども)

日々の生活に忙殺されておりますけども、
やること多すぎ、っていうのも、
「やることないです」、っていうよりは考えてみたら幸せなことですね。

ありがたやありがたや、です。

読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

ピップエレキバンで思いついた。

うちのオットは肩こりを筆頭に、いろいろ体にガタがきていて、
毎朝のように一生懸命ピップエレキバンを貼っている。

こういうタイプの小さい磁石がついているやつ。↓

Img10581292788

あぁ、年寄りクサイなぁ、オットよ、
と思いながら眺めていたのだけど、
ピップエレキバンを見て、ふと、ひらめいたことがあり、
ひとつ、わけてもらった。

・・・で、どうしたかというと。

まず、もらったピップエレキバンはこうなった↓。

20100227132828_2

小さく丸められて、糸の先につけられています。

・・・で。またチマチマと創作活動開始。結果はこちら↓

20100227132730_2

イカ。タコ。お魚。タツノオトシゴ。星、、、みたいなのはヒトデ。
頭にクリップがついてます。
そして、おさかなちゃんたちを、ピップエレキバンで・・・↓

20100227132945_2

釣れたよ~。
・・・・・・・・イカが。

この、「釣り遊び」おもちゃは、
良く「子どもの手作りおもちゃ」的な本やサイトに載っていて、
何度か見かけたことがあったのですけど、
見るたびに、
「はて?これはおもしろいのか?」と思ってました。
が、なぜか、ピップエレキバンを見た時、
「こ、これだわ」と思ったのでした。

さっそくK太郎、釣りにチャレンジ。
魚を手に持って、磁石に近づけていくという暴挙にでた。
あ、「釣りって何なのか」をそもそも知らなかったか・・・。
説明してから何度かチャレンジしているうちに、
釣れるようになったよ~。
慣れないうちは、ヒモを短めにしてあげるとやりやすいですね。
ヒモが長いとなかなか難しい。

ピップエレキバンの重さがビミョーにちょうどいいのです。
それほど重みがないので、
ある程度、集中しないとなりません。
2歳児にはちょうど良いです。
こんなところでもいいお仕事をしているよ、ピップエレキバン。

K太郎の釣り教育(?)はこちら。

41i0npo8r4l__sl500_aa240__2

「いちくんにいくんさんちゃん」
「ぐりとぐら」の作者姉妹の絵本ですが、
この人たちの本は、
動物たちの表情がとぼけた感じでかわいくて好きです。
あ、絵本の中でも、タコ、釣ります。

こんな、チマチマ創作(?)活動もたぶんこれで当分休止。
無事にナーコの保育園の入園が決まり、
3月は、入園へ向けて保育園グッズの準備をしなくては・・・。
こういう小さいものを作るのは好きなんですけど、
ミシン出してきて縫わなければならないものは、
かなり憂鬱です。
4月からはがっつり働かなければいけないので、
もう、時間もないでしょうし。
ま、もうあとのネタとしては、
ナーコのおままごとグッズぐらいしか思いついていないので、
また、落ち着いたころにできたらいいなぁ。

さて、翻訳修行のほうは、
とりあえず、次(4回目)の添削課題に手をつけたのですが、
今月は、和訳、英訳と両方あるので、
まずは、英訳を終了。
英訳は易しかったのですが、
お仕事の時も、「これはすらすらできるわ」、と思った案件でも、
いつも必ずネイティブチェッカーから赤が入るのが、冠詞。
たぶん、冠詞の直しが一つも入らなかったことはないのでは?、
と残念ながら思われるぐらいです。お恥ずかしい。

冠詞なんて、日本人のDNAには馴染まないのだよ、と思ったりもするのだけど、
そうも言ってばかりはいられませんので、
今回の英訳課題は、
「冠詞の直し撲滅」を目標に、
目を皿のようにして、見直しています。
短いですから、意識して見直せば不可能ではないと思うのですが、
どうなることでしょうか・・・。

・・・って、冠詞以外で、たくさん直されたらかなりへこむな・・・。

読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

子どもたちの成長

ナーコ、4か月検診へお出かけ。
もう4カ月か。この前産まれたばっかりだと思っていたのにな。

K太郎の時は、
同じくらいの赤ちゃんのママさんたちと会ったり、
ベビーマッサージとか親子ヨガとかに行ったりしていたけれど、
今回はあまりそういう余裕がなかった&必要性も感じなかったので、
振り返ってみればこの4か月半、
ナーコと同じぐらいの赤ちゃんに接することがほとんどありませんでした。

なので、この4か月検診で、
初めてナーコと同じ月齢の赤ちゃんをたくさん見ることができたわけですが、
みんな、まーかわいいこと。
・・・ちっちゃくて・・・・。

ナーコはぽっちゃりさんだなぁとは思っていたのだけど、
他の子に比べて、デカイことデカイこと。
K太郎の4か月検診の時と比べてみたら、
偶然にも身長が1ミリたりとも違わず全く同じだったのだけど、
体重が1キロ近くも違う・・・。
大人の1キロなんて誤差みたいなもんだけど、
こんな赤ちゃんの1キロの差は見た目にもわかるぐらい違うな・・・。

検診中、説明を聞いているときに、
他の赤ちゃんたちと並んでごろっと寝転がっていたのですけど、
クルンクルンと寝がえりする子もいれば、
すやすや寝ている子もいたりする中、
ナーコは、なんというか、
「ドドーン!」って感じで大の字に寝転がっていて、
これまたでっかい声で「うあ~」とか言ってたりして、
なんか、迫力ありすぎ。
おんなの子なのに・・・。
診察してくれた先生にも、「ウケケ」と愛想を振りまいてました。

なんでこんなおデブちゃんになっちゃったんだろ?
先生には、
「この子、かなりぽっちゃりだから、
お風呂で体とか洗いにくいでしょ?」とか言われちゃった。
(ムチムチしすぎで、シワになって食い込んでいる部分が洗いにくいってこと・・・。
うん、確かに「洗いにくいなぁ」と思ってました。)

ま、動き出したら、ちょっとはスマートになるかしらん?

K太郎さんは、目下ボタン止め訓練グッズと格闘中。

20100209132004_2 

ボタン(車のタイヤ部分はスナップボタン)をとると・・・

20100209132059_2 

時々突然湧いてくるチクチクチクチク創作したい欲。
K太郎の好きな名作中の名作絵本、
「ぐるんぱのようちえん」をネタに作ってみたのだけど、
この本知らないと、
左下の白と青のマルとか、なんのことかさっぱりわからんですね・・・。
(水の入ったお皿です、、、一応ね)。

K太郎、一生懸命格闘しておりますけど、
2歳半って、ボタンとめられる子はもうできるのかしらん?
(K太郎はまだ無理です・・・)

はずすことはできても、
ボタンをとめるのって本当に難しいんだなぁ、子どもには・・・。
できるようになる前に壊されそうだよ。
でも、しばらく格闘していたら、
やっと、まぐれっぽいけど、ちょこっとできるようになりました。

できないことがたくさんあるのも大変だけど、
これからできるようになることがたくさんあるっていうのもいいよなぁ、
まだまだこれからなんだってできるんだよ、君たちは。
と、なんだかしみじみ思ってしまいました。
ちょこっとずつちょこっとずつ、成長していく子どもたち。
(ナーコはちょいと育ち過ぎだけど。)
ワタシも負けずに、ちょこっとずつちょこっとずつ頑張らないとね。
時間はあっという間に過ぎていってしまうから。

どうでもいいですが、
ワタシはこういう、細かい針仕事をしている時のあの集中した感じが意外と好き。
勉強の集中とはまた違う感じ、というか。

で、その勉強。
今月分の添削課題に着手。
論文のResult部分。
とりあえず、前半の半分を終了。
前半部は誤訳のしようもないほど易しいのでこういう時こそ気を付けてやるべし。

・・・ということで、残り後半に着手します。

読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

うぅ。。しんどい。

出てこない胎児。
予定日は数日ほど過ぎた。

しょせん、推定値にしか過ぎないけど、
体重は4kg目前となり、
先生との
「いやぁ、大きいねー」
「そうですねー。アハハ~」
なんていつものノリではなくなり、さすがに笑えなくなってきた。

「今ねぇ、、さんぜんはっぴゃく。。。なんとかかんとか。。。」

・・・・シーン。

みたいな・・。

ということで、入院日(=誘発分娩)の日取りだけ決め、
あとはその日までに自然に産まれるのか、産まれないのか?
だけの問題に。

何人か子供を産んだことのある人からは、
「お産って子供によってもいろいろ違うもんだよ」、とか言われたりしたけど、
うちの母は超難産体質、
義理の姉は、二人の子をどちらも4000g超で産んだ。
まあ、だから
「お産が『こういう感じになりやすい』体質」ってやっぱりあるのかも。
あるとすれば、
ワタシはきっと、
「陣痛がつきにくい女」ってところか。

思い返せば、K太郎も41週目にしてようやく産まれてきたんだった。
破水した後、とりあえず陣痛が始まったものの、
あんまり陣痛も進まず、
「陣痛促進剤とかあんまり使わない自然なお産」を標榜していた病院にもかかわらず、
「促進剤、限界まで使ったんですけど」とまで言わしめておきながら、
出産につながる十分な陣痛にはならず、
(といっても、ワタシとしては、
もう無理ですぅ、っていうぐらい痛かったですけど)
丸々2日間、陣痛に苦しむ悶絶の時間を過ごし、
それでも出てこなかったK太郎は、
結局、引っ張り出されたんだった(=鉗子分娩)。

今回は、先生も自分でも、
「どうみても、もう陣痛が起きてもいい状況にあるんだけど?」
と認めるところまでは来ているので、
思うに、ワタシには、
「子を産み落とすための、最後のひと押しとなるナニか」が
欠落しているに違いない。

誘発はすでに覚悟してるけど、
また、あの悶絶の2日間みたいなことになるんだろうかなぁ、と思うと、
気が重いわ・・・。

早くても遅くても、
自然分娩でも誘発でも帝王切開でも、
無事に出してくれるのならもう何でもいいです。
たのんます、先生。

そんなことで、若干イライラしている今日このごろ。
たいした勉強もせず、
ブログの更新もせず、
何をしていたかというと、
このイライラパワーは、
ハンドパワー、じゃなくてハンドメイドパワーへと向けられ、
なんだか、コマゴマしたものが日々、出来上がっている。

20090919230955

↑アクリルたわし(笑)
アクリルたわし好きです、ワタシ。

20090919230727

↑ほうきカバー(え?)
我が家、私が仕事にいっている平日は
掃除機を出してきてかけるなんてパワーと時間がないので、
平日はもっぱらホウキとチリトリが大活躍でして。
でも、ホウキって見た目、ちょっと貧乏くさいっていうかなんていうかね・・。
なんで、ピンクの服を着せてみた。

次は、帽子に着手(あかんぼの)。
帽子ができるのと、産まれてくるのと
どっちが早いでしょうか。

・・・・。

ヒマだ。ヒマすぎる。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

プロフィール

komako

Author:komako
翻訳会社でオンサイト翻訳者として数年勤務した後、東京を離れたことをきっかけにフリーランスとして2013年に新しいスタートを切りました。2人の子供(6歳、4歳)の相手をしつつ、試行錯誤の毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。