スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IJET-25に参加しました。

なんと3カ月ぶりの更新になってしまいました。いよいよ季刊化か!?


さぼっていた間のことはとりあえず次回にまわさせていただくこととして、いつもいつも遅れ気味のレポートなのですが、今回は先週末参加したIJET-25について書いてみようかと思います。

ワタクシは、20日(金)のJAT Pharmaの分科会に朝から夕方まで参加し、21日~22日の当日もJAT Pharmaのセッションを中心に参加いたしました。どのセッションも学ぶところの多い有意義な時間でしたが、特に印象に残っているものをいくつかピックアップしてみようと思います。

★1日目 「毎日続ける医学英語学習法」
第一線でご活躍中の通訳者であり、東京外大の医療外国語講座の講師も務めていらっしゃる石井浩子先生のセッションです。
この東京外大の講座の受講生が、講座修了後に「医学英語勉強会」を立ち上げていらっしゃるのですが、前日の分科会ではこの勉強会の主催者と参加者の方による勉強会の紹介もありました。

石井先生からはこの勉強会の紹介のほかに、海外ドラマ(Grey's AnatomyやDr.House等)を使ったシャドウイングなど具体的な勉強法のお話がありました。「とにかく毎日聞いて、声に出して筋肉に覚えさせる。頭で覚えるというよりは筋肉に覚えさせる。筋トレする感じです。私も毎日2時間やっています」とおっしゃっていました。

「筋トレ」という言葉は翻訳者さんの間でも時々耳にしますけれども、たぶん、今のワタクシに足りないのはこの「筋トレ」のような毎日毎日の地道な練習の積み重ねだな…と改めて痛感いたしました。。第一線で活躍されている方でも毎日2時間努力していらっしゃる…。もう、本当に頭が下がるというか、なんだか自分が恥ずかしくなってしまいました。ワタクシも筋トレに励まねば。


★2日目「Translating Complex Japanese Sentences into Clear, Accurate English, Using Examples from the Pharma Field」

このセッションの講師であるTony Atkinsonさんは、JAT Pharmaの分科会でも動詞の時制や冠詞に関する話をしてくださいましたが、どれもこれも実践的で非常に勉強になりました。このセッションでは、少々難解な日本語原文をその場で英訳する演習がありまして、PCも辞書もない環境で中途半端な訳文しか書けなかったことがなんとも残念でしたが、お隣に座っていた英語ネイティブの方とあーだこーだとお話しながら訳文を作り上げていく過程は非常におもしろく、刺激的でもありました。

これまでずっと、「英訳となると結局は英語ネイティブの方にはかなわない」という気持ちがワタクシの心のどこかにずっとありまして、特に最近は「英訳からは手をひこうかしら」と思うぐらい「英訳アレルギー」気味になっておりました。
 しかし、確かに「最後の仕上げ力」、つまり英文としてきっちり完成させる力はかなわないと思うのですが、この分野独特のあの奇々怪々な日本語原文を正しく読み解き(日本人でも難儀するところ)、正確に、余すところなく英文にするということはネイティブの方にとっても決して簡単なことではなく、まず日本語原文を(英語じゃないですよ)正しく理解する力をつけ、正確で、簡潔かつわかりやすい英語を書くテクニックをしっかり自分のものにすれば、我々日本人にも十分に活躍できる場がきっとある、とこの講座を受けて思いました。なんだか少し前向きな気分になってきましたよ…。

今回のように日本語ネイティブ、英語ネイティブの双方がそろって勉強したり、それぞれの視点から意見を交換したりできる機会がもっとあるといいなぁ、と思います。そういう意味では、このJAT Pharmaというのは貴重な存在だな、とも感じました。


長くなってきたので、最後にほんの少しだけ。
2日目の最後には「21世紀に求められる翻訳者の資質とは?」というセッションがありまして、津田塾大学の教授である高橋裕子先生から「津田塾大学ライティングセンター」のお話をお聞きしました。ライティングセンターは「書く力」を培うための場であり、書くことを通してキャリア支援を行う場でもあるそうです(かなりはしょってますが)。
内容は省略しますが、とにかくワタクシ、高橋先生のお話を聞き、「もっともっと書かねば。そして読んでもらわねば」と感じました。そして、「母語をもっと鍛えなければ」と決意を新たにして、長かった3日間を締めくくったのでした。


やることがたくさんできましたね…。
そうそう、今回は英語ネイティブの方もたくさんいらっしゃいましたので、英語を話さなければならない場もありました(といっても、みなさん日本語お上手なんですけどね)。普段の生活で英語を話すことはほとんどないので、もう英語が口から出ないこと出ないこと(笑)。翻訳する上でスピーキングの能力を問われることはありませんが、もっとトータルで英語力の底上げを図りたいわ、とも思いました。

整理整頓して、まずはワタクシも筋トレメニューを考えてみることにいたします。





読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

スポンサーサイト

オープンスクール「品質アップの英文推敲テクニック」

先週末、サンフレアのオープンスクールで遠田和子先生の「品質アップの英文推敲テクニック」に参加してきました。これまでに複数の翻訳者の方々から遠田先生の授業の評判を聞いており、一度受けてみたいと思っていたのですが、日程などの都合でこれまでなかなか機会に恵まれませんでした。
そんなことで、今回、オープンスクールのスケジュールが出た時に「おぉっ、ようやく!」と思いまして、ワタクシ、速攻で申し込みいたしました。

セミナーの内容については、とてもわかりやすくまとめてくださっているブログ記事がこちらにありますので、ぜひ参照してみてくださいませ→ http://www.kambayashi.net/2014/03/blog-post.html (…といって、内容の説明を省略する手抜き…。なかなか終わってすぐには書けないぐーたらなもので…。)

ということで、以下、自分の仕事と照らし合わせた上での感想を。

英訳のお仕事では、ネイティブチェック後の赤入り原稿を見ることができる機会も多いのですが、これまでに「赤い修正」がひとつも入らなかった完璧な原稿を書けたことは残念ながらなく、いつもちょこちょこ(時には大量に)修正された原稿が戻ってきます。数カ月前から自分のミスの傾向を把握・分析するために、修正が入った文をちょっとしたリストにしていますが(リストにしているだけでまだ分析できてませんが)、冠詞や単複のミスに続いて、修飾語(句)の位置の修正も意外と多いな…とずっと思っていました。
遠田先生が、「自分ではここを正しく修飾している『つもり』でも、他の人が読むと何通りかに解釈が可能な文になっていることが多い」というお話をしてくださいましたが、まさにこの状況がワタシの英文にも時々(頻繁に?)起きているということなんですね。
文章が長くなればなるほど、修飾句の位置って難しいなぁ、と思うのですが、修飾するものとされるものをできるだけ近づける、という大原則をもう一度しつこく頭にインプットしないとだめだわ、と思いました。
あと、なんでも前置詞使ってつなげるのを避けて、できるだけ前置詞を使わない文を書いてみましょう、ともおっしゃっていました。(ただでさえ日本人は前置詞も苦手だし、前置詞を使えば自然と名詞を使うことになるので、必然的に苦手な冠詞を使わなければいけなくなる)。なるほどなるほど…。あぁ『そのつもり』、撲滅せねば。


今回、学びポイントはたくさんあったのですが、一番痛感したことは「もっとアクティブボキャブラリーを増やさないといけないなぁ」ということでした。
先生は、セミナーの中で「getやmakeのように他の語とくっつかないとはっきりと意味が伝わらないような弱い動詞ではなく、動詞1語だけで詳細な状況(動作)がはっきりと伝わるような強い動詞を使うこと」を繰り返しお話されていました。
例えば、(以下の例文はサンフレアアカデミーの遠田先生の講座の紹介文の中で公開されているものですので、こちらにも引用させていただきました)
「株価が急激に下がっている」という英訳では、

Stock prices have declined sharply. 

でも間違えではないけれど、

Stock prices have plunged.

とすることで、少ない語数で力強い英文が書ける、というわけです。


私だったら、「急激に下がっている」という原文を見たら、たぶん私の頭の中で「急激に→sharply、下がって…→decline…」とほぼ自動的に変換され、そしてそのまま書いてしまう可能性が高いかも…(汗)。
plungeという単語は知っているし意味もわかるけど、この原文を読んですぐに「これだ」と思い浮かべることができるかと問われると少々疑問です…。

ワタクシ、和訳の時は「他にもっとふさわしい言い方はないかしら」とマメに辞書をひくようにしていますが、英訳の時は、こうやって「自動的に頭に浮かんできた語」を並べてしまっていて「辞書をひくこと」がおろそかになっているかもしれない、と猛省しました(もちろんひくんですよ。でも和訳の時と比べると辞書を参照する頻度が少ないような気がします。フレーズ検索やコーパスの参照は多いですが…)。
遠田先生は、ボキャブラリーを増やし、1つ1つの語の具体的な意味をきちんと把握して実際に使えるようにすることの重要性をお話ししてくださいましたが、翻訳の仕事って辞書を引きながらできるせいか、ワタクシ、ついつい「ボキャブラリーを増やす」ということがかなり後回しになっていることを痛感いたしました。「知っている」レベルではなく、思い浮かべることができ、実際に使えるレベルの語をもっと増やすことを意識していかなければだめですね。


いやぁ、課題はいっぱいだ。
でも課題が明確になったことはありがたいことです。とても有意義な時間でした。
あー、他にも書きたいことがあったけど、一言だけにしよう。


「英文を評価する時の指針を持つ(by 遠田先生)」→「エージェントさんやクライアントさんから『忠実に訳してない』というつっこみが入った時でも、『この文は、これこれこういう理由でこういう英文になっているのですよ』と明確に理由を説明できるだけの指針を自分の中に持つ」。


さー、今日ももう一息がんばります。




読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

久しぶりのセミナー

先日(といっても、もう1週間以上たってしまいましたが)、とあるセミナーに参加しました。セミナーのテーマは「メディカル翻訳:クライアントの要求にどうこたえるか」とのことでクライアントの求める翻訳の質、仕事が減る翻訳者と仕事が集中する翻訳者の違い等が主なポイントでした。
以下、印象に残った点のみ簡単に書いておきます。

仕事が集中する翻訳者の特徴については、理解度が高い、質が高い、見直しが丁寧、コメントが的確、などが挙げられていましたが、特に目新しいポイントはあまりなく、結局のところ、いつも言われている「抑えるべきポイントをきっちり確実に抑える」ということが大切なのだろうな、と改めて思いました。
1つだけ、「へー」と思ったのは、仕事が集中する翻訳者は「スケジュールの空き状況をマメに連絡してくれる」という点です。
ワタシ、自分のスケジュールを定期的にエージェントさんに連絡するようなことはこれまでしていませんでした。仕事の打診をいただいた時、こちらのスケジュールの都合でお断りせざるを得ない場合は「○○日までは難しいですが、××日以降であれば対応可能です」の一言は必ずつけていますが、それ以外でこちらから「○○日から対応可能です」といったようなメッセージをお送りしたことはありません。夏休みや年末年始のお休みの連絡ぐらいはしてるけど、もっとマメに連絡いれたほうがいいのかな。

もう1点。
仕事が減る翻訳者が取るべき対応策として、文書の理解度や訳文の質を向上させること以外に「体調管理をきちんとする」ということがありました。体調をきちんと管理しなさい、ってなんだか子どもにいい聞かせるみたいな話だなぁ、と思いましたが、長い案件の場合、途中で体調が悪くなりギブアップされる方が時々いらっしゃるのだとか。
そういえば、ワタクシも一度だけ、他の翻訳者さんが体調が悪くなって降板(?)してしまった案件を引き継いでくれ、という依頼を受けたことがありましたっけ。40,000ワードほど残っていてお引き受けしたのですけど、あれは内容的にもスケジュール的にもツライ案件でしたね。この案件のせいで体調崩したのでは?と思ったぐらい。ワタシまで具合悪くなるかと思いました…。しかし、翻訳会社さんから見れば、長い案件にはこのようなリスクもあるのですね。確かに「具合悪くて…」というお断りの理由が続けば、その翻訳者さんに頼みづらくなるのは当然ですね。

最後に、スピーカーの方がクライアントさんからヒアリングしたコメントの中に「今後は和訳が増え、英訳が減っていくだろう」というコメントがありました。「日本語で書く→英語に翻訳する」というステップを踏まず、最初から英語で文書を作成することが増えるから、という理由だそうです。なんとなくこの点には納得。
和訳に苦手意識があるワタクシとしては、ますます日本語力の向上に努めなければだめだわね、と結局いつもと同じようなことを再確認して帰ってきたのでした…。



読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

統計の講座を英語で聴く

世界の一流大学の講義がオンラインで、しかも無料で受けられる「Coursera」
オンライン授業はもはやめずらしくはないけれども、プリンストンやスタンフォードなど世界に名だたる大学の講義を「タダ」(これ大事)で受けることができるという、なんだかすごそうな(?)お話。
Courseraってもうかなり認知されているものなのでしょうか?
私は、先日参加した公開講座でご一緒した方に教えていただいて知りました。

さらに、9月からプリンストン大学の講座の一つとして「Statistics one」が開講する、というお話も教えていただきました。
そこで、「タダ」であることをいいことに…、いえ、courseraというのがどういうものなのか少々興味もありまして登録してみました。

Statistics oneというのは統計の初心者向けの講座です(医療分野に限ったものではありません)。
講座開始直前に来たメールによると、この講座にsign upした人は75,000人を超えているのだとか。ものすごい数ですね。

先週から講座は開始しておりまして、わたしもちょこちょこと聞いております。
期間が6週間で内容の更新は週1回だから、それほど大変でもなさそう、と思ったら、1週目の分としてLecture1から3まで、講座が3回分UPされていたのでした。
とはいえ1回の講座は1時間もありませんが(30分とか)。
内容は今のところ、かなり初級レベルな感じです。
でもフリーの統計ソフトなどもダウンロードさせられるので、
実際に自分で統計を行う人向けとみました(当たり前といえば当たり前です)。
Week2以降は実際のこのソフトを使ってみたりするようです(正直、そこまでは私には必要ないのですけども)。

本気で統計を勉強しようとするなら本でも買って読む方が突っ込んだ勉強になるかな、と思いましたが、この場合は「英語でやる」ということに意味があるかな、という気もします(「あぁ、そんな風に英語で言えるんだ」、というちょっとした発見があったり)。


ということで、とりあえずWeek1だけやってみた感想でした。
そこそこ時間も取られるので、6週間続けるかどうかはわかりませんが、
とりあえずWeek 2も少しのぞいてみようと思います。

しかし、本当に便利なもんですね。
NHKの高校講座がネットで見られるなんてことで喜んでる場合じゃないな。




講座開始に合わせて、統計に関する本を読みました。積ん読本解消です。



「医療統計」わかりません!!「医療統計」わかりません!!
(2010/07)
五十嵐 中、佐條 麻里 他

商品詳細を見る



「医療統計わかりません」

最初の方はかなりわかりやすく、すらすら頭に入ってきましたが、
途中からなんだか「???」になってしまいました…。
数式が出てきたあたりからです。
数式を使わずに解説を試みる本もたくさんありますが、突っ込んだ説明がほしくなると、どうしても数式は避けられないのでしょうかね。
落ち着いてゆっくり理解しながら読めばよいのでしょうが、つい飛ばしたくなってしまうというよろしくない癖が…。


翻訳者ではなくとも、統計に悩まされる人は世の中たくさんいるようで、医療分野に限った統計本もたくさん見かけますが、正直、「これだわ」という本に出会えてない感じです。

初心者レベルということでは、

「宇宙怪人しまりす 統計を学ぶ」
「世界一わかりやすい。医療統計シンプルプラス」
「マンガでわかるナースの統計学」

の3冊が我が家にありまして、これらは積まれることなくちゃんと読んだのですけど、易しく書かれていてわかりやすいのは良いのですが、今一歩、足りないのです。

公開講座の時に紹介してもらった統計本があるのだけど、
なんだか本格的すぎて腰がひけてて買えずにいます。
いずれ、1冊は本格的なものが必要だろうとは思っているのですが…。
でも、これ以上初級レベル本ばっかり買ってもしょうがないから勇気を出して(?)買うか…。

ほんとに統計はいろいろ悩ましいです。



読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ




PCスキルアップ講座へ参加

これまでにも何度か私のPCスキルの貧弱さについてちょびっと触れたことがありますが、先日、2日間にわたる(連続じゃないけど)翻訳者向けのPCスキルアップ講座に出席しました。
先月、今月とセミナー参加が多かったなぁ。
時間とお金を使っちゃって、しっかり元をとらないとですよねぇ。

辞書の串刺し検索、という、プロの翻訳者なら誰に教わらなくても普通にこなしているであろうレベルの話から、翻訳支援ソフトの話とかその他もろもろ、私にとっては(→ここがポイント)非常に有用な時間でした。
このセミナー、前から夏と冬にやっているのは知ってたのですが、出席できずにいたのですよね。受講料が高くて・・・。
あと、本来、この手の話はできるだけお金を使わず、ネットだのなんだので調べたりしてどうにかなるだろうと思っていたこともあり、ずっと参加を見送ってきました。
でも、ちょっと思うところがあって、気分が変わりましてね。
行ってきましたよ。

来月(たぶん)、新しいPCを買う予定なので、
「翻訳業務に最低限必要なPCのスペック」的な話もなかなか参考になりました。
先生の仕事に対する姿勢そのものも勉強になりましたし。
それほど専門的な話にはなっていないと思いますが、私的には満足。
PC苦手な人にとっては、こういうとっかかりができると、そこから自力で学びやすいのですよね。
これを足がかりにして、最適な翻訳環境を築いていきたいものです。

・・・でも、でも、ものすごい膨大な資料をいただいてしまって、
完全に消化不良に陥っていて、かなりまずい。
たぶん、こちらの講座の内容は、PCを購入してからゆっくり実践していくことになるかと思います・・・。そう言って放置されてしまうとよくないですけども。


話は変わりますが、アメリアの定例トライアル、
今日「メディカル(日英)」の課題がwebにアップされましたね。
メディカルの英訳の定例トライアルを希望する方が多いそうで、
今回、初めてメディカルの英訳のカテゴリーが設けられたのだそうな。
本当にメディカル分野の学習者(もしくはプロ)って多いのですね。
でも、今後継続するかどうかわからないから、
メディカル<日英>分野のクラウン会員資格は、今回のトライアルでAAを取った人だけに与えられるだそうな。(1年以内にAを2回、っていう基準がないってことですよね)
なかなか、というか、かなりシビアですね。
私が受講していたマスターコースの先生が審査員になっているので、
私としてはぜひトライしたいところですが、
今月、事情があって悲しいくらいぱつぱつなので、自信ないなぁ。

もし、余力があったら、やってみようかと・・・。


-------------------------------------------------------------

20120826092821_convert_20120827124223.jpg


地元のお祭りと保育園の夕涼み会で手に入れたヨーヨー(多すぎ)。

夏になると「今年はなんか楽しそうなイベントがあるかな~」と一応調べてみるのですが、この時期、子ども向けのイベントはたくさんあれど、その多くは平日開催だったりします。
夏休み中の幼稚園児や小学生が対象なのでしょうね。
大人が仕事に行くのと同じだけ登園しなければならない保育園児が参加できるようなものではありません。
「夏の思い出」的な経験値は、幼稚園の子に比べたらやっぱり少なくなっちゃうのかもしれないなあ、と毎年ぼんやり思っていました。
まあ、でもうちはうち。できる範囲で楽しめることをやればいいよね、とも思っているわけですが。


でも、今年は夏の初めから少々危機感がありました。
平日はいつもと変わらず私とオットは仕事、子どもは保育園だから、
土日にいろいろお出かけしよう、と思ってましたが、
私がどうしても参加したいセミナーとか土日にいくつか入れちゃったし、
恒例の帰省(愛知県へ)もあるし、
私の役員仕事(保育園の役員は大して負担はありませんが、夏の夕涼み会の前だけ、瞬間的に負荷が高くなるのです。稼働はもちろん土日だしね)、
そして、わけあって「家庭の事情」(これが一番大きかった)があって、
例年以上に忙しい夏になってしまいました。


まあ、でも夏の旅行は7月に済ませてしまったし、
どうにかこうにか約束していたこと(プール行くとか、お祭り行くとか、その他いくつか)は果たせたような気がするのでほっとしています。

私は易きに流れやすい人間なので、
あんまりヒマだと「今日も何もしないで終わったわ~」ってことになりがちです。
こうやって、多少の負荷や危機感、ほどよいストレスがかかると、
どうにか段取りを立てよう、という意識がさすがに働くので、
かえって物事がうまくすすむような気がします。
日々の生活においても仕事においても、
適度なストレス(負担)や危機感は必要だな、と感じた夏でした。

まだ終わってないけどね。




読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ






プロフィール

komako

Author:komako
翻訳会社でオンサイト翻訳者として数年勤務した後、東京を離れたことをきっかけにフリーランスとして2013年に新しいスタートを切りました。2人の子供(6歳、4歳)の相手をしつつ、試行錯誤の毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。