スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山あり谷あり

今月は危機的にヒマでした。
もちろん、多少の仕事はしていたのですが、毎日ちゃんと仕事で埋まっている、という感じにはならず、「あら、お仕事ないわね~」という日がたくさんありました。

今年の1月から6月のIJETの頃までの約半年間、本当に忙しくて、特に5~6月は「これが終ったら休む、これが終ったら…」と毎日思っていました。最後は精神的にもかなりつらくなってきて、6月頃はTwitterでも「休みたい休みたい」とよくつぶやいていたように思います。
そのおかげか(笑)、6月最終週からお仕事が減り、今月は幸か不幸かかなりゆっくりさせていただきました。「もうやだ」とか「休みたい」とか言っていたのが読まれていたのかしら??

振り返ってみれば、昨年2月にフリーランスになってから、ありがたいことに順調にお仕事をいただいていたように思います。ですので、今月のように極端にお仕事が少ないことは今まであまりないまま過ごすことができていたのですが、やっぱりフリーでやっていれば、こういう時期もあるのかな、と思っています。今までビギナーズラックで乗り切ってきた部分もあったのだろうなぁ。この機会に、これまでの仕事のやり方を振り返ってみないといけませんね。


…ということで、時間があったワタクシは何をしていたかと言いますと、1年半ぶりにトライアルを数社受けていました。この1年半、トライアルも全然受けられていませんでしたし…。
ヒマになったころから、なぜか「弊社のトライアルを受けてみませんか」というお話を続けて4社ほどいただきました。
別にこれは「ワタシ」という人材を欲しているから、ということではなく、登録翻訳者を増やそうという試みの一貫としてお声がけいただいているに過ぎないのでしょうが、IJETでご挨拶させていただいたエージェントさんや、ほんやく検定の合格者リスト経由でお声がけいただいた会社から続けてトライアルのご案内をいただきました。

ヒマになった時にトライアルの話が増える、ということは「今のうちに受けておきなさい」という神様のお告げだろう(オーバーですね)と思って、流れに逆らわず、受けさせていただくことにいたしました。

トライアルは7月中に3社受験しました。そのうち2社からはすでに結果のご連絡をいただきました(無事合格)。1社目は提出から3日後、2社目は朝提出して夕方にはご連絡をいただいたのですが、結果の連絡が早いと気持ちがいいですね。トライアルの結果って「待たされるもの」というイメージがありますから、これだけでも好感度が上がるなぁ。ワタクシも何事もキビキビ対応しなくちゃいけないわね、と思いました。
3社目はどうかしら。一昨日提出したばかりですけど、過去に受けたものの中でもダントツに難しかったのですよね。
まだ、比較的時間があるので残りの1社も受けてみようかなぁ、と思っています。

トライアル以外にもやりたかったことはたくさんあったのですが、「ヒマになったらやりたいこと」があまりに溜まりすぎていて、いざ時間ができると何から手を付けていいかわからない、という状況に陥っています。日頃から「時間ができたらやること」についても優先順位を付けておかないといけないなぁ、と痛感しているところです。
しかも、「今のうちにいろいろやっておこう…」なんて思っているうちに、チビ達の夏休みが始まりましてね。ワタクシの自由時間がまた激減しております。

しかし、これもきっと「今のうちに子どもたちの相手をちゃんとしなされ」という神様のお告げだろう、と思うことにしております。息子は小学校に入って初めての夏休みで宿題もたくさんありますから、サポートしてやらないといけないこともありそうですしね。

フリーランスのお仕事は山あり谷あり。「山」の時期も「谷」の時期も、上手に過ごしていきたいなぁ。


読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

スポンサーサイト

確定申告

先日、無事確定申告を終えました。昨年フリーランスになったばかりですので初めての確定申告でした(あぁ、多額の医療費がかかった年に申告したことはありますけども…)。

昨年、青色申告の申請書を提出したのですが、申請書を提出した時期が遅かったため、25年分については白色申告でした。ですので、本来ならば申請書作成もそれほど大変ではないはず、と思われたのですが、いかんせん、この手の知識が限りなくゼロに近いものですから、白色申告といえど、わからないことだらけでした。
ということで、申告前に地元の税理士会の無料相談に行きましたが、税理士さんの親切なこと!おかげさまで申告もスムーズに終了いたしました。

あらためて1年間の収支を数字で確認したわけですが、もっと日頃から数字のことを気に掛けていないとダメだな、と反省。26年は青色申告になるので、もっとめんどくさくなるはずですよね。日頃からマメに帳簿をつけて、もっと数字に厳しくなろうと思いました。(そういいながら、もう26年も4分の1が過ぎてしまったではありませんか…この3カ月分の帳簿、全然つけられてませんけど…)。

26年はまたいろいろと生活環境が変わりますのでなんともいえませんが、あとほんのちょっと、収入がアップするといいなー。
さて、26年もがんばりますよー(だから、もう4分の1が…)。





読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

現金がない…?

ありがたいことに1月はお仕事も順調にいただき、月末までは新しくお受けする余裕がございません。ありがたやありがたや。

…なのに…なのに…。

ここのところしっかりと働いているのですけども、来月はたぶん、お金がなくてすごい苦しい生活を強いられるに違いない…ということにさきほど気がついてしまいました。

ワタシがお取引させていただいている数社は翻訳料の支払いに関して、締め日も入金日もバラバラです。しがない個人事業主相手ですから、ものすごく支払いサイトが長い会社はありませんが、それでも納品した日から支払いまでが少々長くてお金をもらえるまでに時間がかかる、というところはあります。

これまでは、納品してから比較的すぐお支払いいただけるところと、ちょいと時間がかかるところとバランスよくお仕事してましたので、そんなに「今月現金がないわねー」ということはあまりなかったのですが、今月はちょっとめぐりあわせが悪かったというか、なんかうまくまわってなかったというかなんというか、とにかくふと気づいてみると、次にある程度まとまったお金が入ってくるのがかなり先である、ということに気づいたわけです(ごくわずかな入金ならある予定ですけど…)。


ワタシ、自分の口座の残高に余裕があると、すぐ貯金用の定期預金にお金を移してしまうという長年のクセがあるので、普通預金(お仕事で使ってる口座)の残高はつねにギリギリのお金しかいれてないんです。
つい先日も、なんだか残高に余裕があるように見えたので、貯金用の口座に移し替えちゃったばかりなものですから、今、残高は必要最低限+ちょびっとしかありません。
次のまとまった入金までかなり時間があるってことに気がついてなかった…。
毎月決まった日にほぼ一定の額が入ってくるサラリーマン時代はそんなことしてても別に問題なかったけど、今みたいなお仕事をしていると、次にいつお金が入るのか?ってことを考えて、残高には余裕をもたせておかないとダメですね。

長々と書きましたが、結局のところ一言でいいますと「キャッシュフローの管理ってものが全然できてないじゃない、ワタシ」というお話でした。
会社だったら黒字倒産させそうだ。
フリーランスっていろいろ考えなきゃいけないことがたくさんあるんだなー(いまさらそこ…)。





読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

お久しぶりですが、今年のまとめ。

大変ご無沙汰していまいました。超がつくほど久しぶりの更新なのに、もう今年のまとめとは何事?という感じですね…。書けなかった理由を探せばいろいろありますが、たぶん春に引っ越した時に、「ブログを更新する」ということがワタクシの定期的なタスクからすっぽりと抜け落ちたのだと思います。久しぶりすぎて、「管理画面にどうやってログインするんだっけ?」なんてところから始めてしまいました…。


前置きはここまで。
今年はフリーランスになって1年目ですから振り返ってみることは必要かなぁ、と思いますので、今年を振り返りつつ、来年の課題を考えてみたいと思います。


★フリーランス生活開始~トライアル受験~登録
2月にフリーになってからしばらくは、それまでに勤務していた翻訳会社からのお仕事+別会社の「副作用英訳」の仕事のみ。この2社の仕事オンリーという時期が2カ月ほど続いていました。

トライアルの受験状況は5月に書いていたとおり。「副作用報告」のカテゴリーで受験した会社を含めて4社受けていました。5月の記事では3社合格、1社は「英訳合格で和訳が不合格」って書いてましたが、「和訳で不合格だった」と思っていたのはワタシの勘違いでして、結局この会社からも和訳のお仕事の打診はいただいています(「日英で合格」と書いてあったところ、「日英」って「日→英(つまり英訳)」だと勝手に思い込んでたみたい。日本語と英語ってことだったようで)。


他社の仕事が継続的に入ってくるようになったのは4~5月頃です。その後、前勤務先も含めてお仕事量が増えたので、以前書いていた副作用報告のお仕事は夏頃からは受けていません。
結局、この5月の記事のあと1社もトライアルは受けられませんでした。受けたかった会社はあったのですが、余力がなく…。ですので、年末の現時点で登録社数は前勤務先を含めて5社。副作用報告はもうやってないのでお仕事の依頼があるのは4社です。とはいえ1社とはなぜか相性が悪く(いつも忙しい時にしか依頼が来ない)、定期的にお仕事をしているのは3社。トライアルを受けたかった1社については来年の課題にしたいと思います。
ちなみに、ワタシが忙しい時にしか依頼がこないという相性が良くない会社。ここから依頼される内容は「やりたいなぁ」と思うものばかりなので、もっとお仕事させていただきたいのですが、なぜかうまくタイミングがあわないのです。何かよい方法はないものか…。悩ましき課題です。ご縁がないのかしら。


★プライベート生活との両立
朝出勤して夕方遅くに帰宅する外勤生活と在宅勤務生活とでは、在宅勤務生活の方が家事育児、その他プライベートとの両立がしやすいようにも思いますが、実際のところ、これはなかなか難しい課題でした。以前に比べて難しくなったのは勉強時間の確保。このブログもかつては勉強ネタ中心でしたので、更新しなくなったのは「勉強しなくなったから」という理由もあります。「子どもを保育園に入れてもっと仕事時間を確保して、夜(もしくは朝)の時間を勉強時間にまわしたかったなー」という気持ちはありますが、当時は入園させられる要件がそろってなかったのですから仕方ないです。
ワタクシが不器用なだけかもしれないですが、オンとオフの切り替えは予想していたより遙かに難しかったです。それでも子どもと接する時間が増えたことは、まあ良かったのかもしれません。来年は「1日に少しだけでもいいから半強制的にでも勉強時間をとること」を自らに課そうと思います。

★収入
収入ねー(笑)。単純に「上がったか下がったか」ということについては「これまでのどの時点と比較するか」によります。直前の仕事(つまり翻訳会社勤務時代)の収入よりは上がっていますが、翻訳会社時代は非正規社員でボーナスもありませんでしたので…。正社員時代の収入と比較してしまうと、全然追いつけませんね(T-T)。月収ベースでなんとなく追いついても、ボーナスってヤツがないので年収では無理(^-^*)。ボーナス欲しいわ-。
そうはいってもそこまで仕事時間がとれているわけではないので、当時と同じ収入を得るというのは現時点では現実的な話ではないです、ワタシにとっては。
収入についての「来年の課題」...は今のところ具体的には特に思いつかないんだなー(もちろん、収入についてシビアに考えることは大事だと思ってますが)。毎月「最低限稼がねばならぬ額(稼がないと赤字になっちゃう)」と「できればこれだけは欲しい目標額」を設定していますが、まずは「最低限ライン」を下回る月がないようにしないと…。



と、仕事のことだけ振り返っていますが、実際には、引っ越しをして生活スタイルが変わったことで仕事以外で取られていた時間もかなりありましたし、そもそもこの地での新しい生活を軌道に乗せることが何よりも最優先の年でした。そういう意味では、チビ達も楽しく幼稚園に行っており、お友達もできているようですし、ワタシとは違って社交的な息子のおかげで、ワタクシ自身もチビつながりのお知り合いが増えました。来年は子どもつながりとは関係ないことを始めようと密かに思っています。
そんな中で、ボチボチとでも継続的に仕事ができたことは大変ありがたいことでした。細かいことはいろいろありますが、概ね良い年だったと思います。

仕事面に関していうならば、来年はとにかく読書と勉強をどうにかしたい。どうにかします。その他にも課題はあるけど、これに比べれば割と小さなことばっかりなので省略です。ブログの更新は…わかりません。勉強時間がないぐらいですからね。でも、時々、こうやって更新しにくるんじゃないかなー。

ということで、次の更新はいつなのか?
わかりませんけれども、来年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆様どうぞよいお年をお迎えくださいませ。



読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

訳文を読んでもらう

夏休みというのは忙しいですね、いろんな意味で。
この時期、仕事に使える時間は非常に貴重なのでブログ書いている場合でもないのですが、暑すぎて集中力も切れましたので(この猛暑にエアコンが壊れたのです)、久しぶりに何か書いてみようかと思い立ちました。

最近、セミナーの課題や実案件でびっくりするようなポカミスを続けてやらかしまして・・・。実案件で、ってところがマズイですね。深く反省しております。指摘があったわけではないのですが、納品してから数日後に読み返してみたら「あれ、ここ変・・・」ということに気がついてしまったのです。
どういう文を書いていたかというと、「常識ではそんなことありえないでしょう?」というような内容の文を平気で書いていたのです。原文と日本語を照らし合わせると、文法的にも英文解釈的にも間違っているわけではないけれど、なんというか単なる単語の置き換えにとどまっており、日本語として読み直してみると「ちょっとこういう状況は普通ありえないよね?」という内容の文になっていた・・・という感じです。英文和訳的な訳文はできていたけれど、常識が働いていなかった、というか・・・。訳出することに必死になっていて、ものすごく近視眼的になっていたというか・・・。

こういうつまらないミスを撲滅するにはどうしたらよいか。
(「常識が働いてない」系のミスはツールなどでは対処しにくいのでは?と思うので・・・)
訳文を寝かせて翌日見直しをするなど、いろいろ方法はあるのでしょうが、寝かせたところで、ワタクシの頭脳が飛躍的に賢くなるわけではありません。
本当は、どなたか別の方に読んでもらえたら「ここ、変だな」ということに気がつけるのかもしれませんが、そんなことしてくれる方もいませんし、いたとしても守秘義務に反しますのでできません。

さて、どうしたもんか、と考えていたとき、ふとフェイスブックでちらりと見かけた「電子かたりべ」というのを思い出しました。
これで、ワタシの訳文を読みあげてもらったら、もう少し第三者に近い目で訳文をみることができるのではないかしら、という淡い期待を持ちつつ、さっそく試してみました。

無料なので、正直あまり期待もしていなかったのですが、予想したよりもきちんと読んでくれます。
専門用語が増えるとおかしな読みもかなり増えますが、ワタシがチェックしたいのは専門用語ではありませんので、そこはスルーします。「欠神発作」を「ケツカミホッサ」とか読まれますと、飲んでいたコーヒーを吹きそうになったりしますが、まあご愛敬です(そうなのか?)。

お金を出せばもっといい読み上げソフトがあるのかもしれませんが、しばらくこれを使ってみようかと思っています。


公私ともにどうもオッチョコチョイ続きのこのごろ。プライベートでもワタシに突っ込みをいれてくれる「第三者の目」がほしい・・・。


読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

プロフィール

komako

Author:komako
翻訳会社でオンサイト翻訳者として数年勤務した後、東京を離れたことをきっかけにフリーランスとして2013年に新しいスタートを切りました。2人の子供(6歳、4歳)の相手をしつつ、試行錯誤の毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。