スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あぁ、息子よ・・・。

本当は読んだ本のこと書こうと思ってたんですが、
その前にうちのアホンダラ息子のことを書かせてくださいまし・・・。

昨日の夜、お風呂に入って、「さぁ、あとはもう寝るだけ」となった頃。
ドライヤーで髪を乾かしてからリビングに戻ると、
めずらしく早く帰宅していたオットのとなりでK太郎が泣いていました。

聞くと「遊んでいた豆(煮る前の固い状態の黒豆)を鼻に突っ込んでしまって、とれなくなって痛くて泣いてる」とか。

・・・・まったくもー、何やってるんだか、と思いつつ、
何度か鼻をかませてみたのですが、まったく出てくる気配なし。
オットはわりと「そのうち出てくるでしょ」的な感じでのんきにしてたのですが、
(確かに緊急性がないことは明らかなのですが)
ワタシはちょっといや~な予感がしまして。

アホンダラな息子にはこれまたおマヌケな親族がいるもので、
ワタシの身内には、かつて鼻にピーナッツを入れてとれなくなってしまい、
大騒ぎになった子どもがいるのですが、
その話を聞いたとき、「鼻の異物による窒息リスク」というのを聞いていたので、
はたしてこのまま横にして寝かして、明日受診でいいのかどうか、
ふと、考えました。

そんなことでとりあえず病院に聞いてみよう、ということで病院にTEL。
喘息持ちのK太郎は過去3回夜間救急のお世話になっていますので、
いつも行く病院に電話したのですが、
こういうのは小児科ではなく耳鼻科の範疇になるけど、
耳鼻科の先生が現在対応不可能、ってことでいつもの病院には行けず・・・。

結局それからいろいろ電話して聞いたあげく、
うちからかなり離れたところの大学病院で「OK」と言われて受診しに行きました。

電話した時、対応した看護師さんから、
「のどに落下して窒息することがあるから病院に到着するまで絶対に目を離してはいけない。万が一の場合(窒息しかけた場合)の応急処置法を知っているか?」と確認されました。
「なるほど、そういう患者さんは多いのだな」と思ったり、
「あぁ、たかが鼻の異物でも、やっぱり軽くみちゃいけないのだな」と思ったりしながら、どうにかこうにか到着。

対応してくださったのは結局耳鼻科ではなく救急医の若い先生でしたが、
結構奥の方にまで詰め込んでしまっていたようで(まったくも-)、
なかなかとれず、途中、先輩と思われるお医者様に交替。
大騒ぎの末、無事とれました。
病院到着が夜の9時40分。家に帰宅したのは0時前でした。

ほんっとうに、子どもって何するかわかりませんね。
そもそも、なんで黒豆だったかといいますとね。
またワタシのしつけのいたらなさを露呈するような話ですが、
うちのK太郎は少々ぶきっちょさんで、なかなかお箸を上手に使えるようにならず、
長い間エジソンのお箸で食べてたのですが、
(ワタシが普通のお箸に切り替えるのが面倒だった、というのもあります、はい。)、
ここ数ヶ月でようやく普通のお箸をまともに使えるようになったので、
昨日は「だいぶ上手になったし、お箸で豆つかみ競争でもしよっか」ということになり、
K太郎とワタシ(左手で)とナーコ(ピンセットで)の3人で、
和やかに豆つかみ競争して遊んでたのですよ。

それが、意外と楽しかったらしく、
お風呂の時間になったから片付けようとした時、
「またやりたいから、しまわないでね」と言われ、
まあ、ナーコももう誤飲の心配がないからいっか~と思って、
おもちゃのお皿に入れたまま、その辺に置いておいたのです。

・・・まさかナーコじゃなくて兄ちゃんが。
しかも口じゃなくて鼻かよ、って感じですよ。

まったく人騒がせなやつですが、相当懲りたようです。当たり前ですね。

それにしても、初めていった病院の救急でしたが昨日はいろんな人がいました。
赤ちゃんが救急車で運ばれてきたらしく、ただただ泣いているそのお母さん。
「救急車で来たのにもう何時間もまたされてるよ、どうなってんの」と毒づく男性。
「保険証は?」と聞かれて、「ないよ、生活保護受けててさ」とつぶやく不思議な格好をした男性。

夜間救急というのはワタシにとっては非日常の空間ですが、
世の中本当にいろんなことが起きるなぁ、
なにはともあれ、ふつうの日常を送れることはありがたいよ、
と、ぼんやりER待合室で思ったのでした。

・・・鼻の異物はもうごめんですけどね。

読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

スポンサーサイト

まいったまいった、・・・な日々。

少々ご無沙汰してしまいました。

この間、本業ネタ(仕事&勉強ね…)で書こうと思ったことが
2つほどあったんですけども、
4月1週目は、なんだかも~眠くて眠くて。
一日の用事が終わったら、パタッと寝てしまってました。
そして、その後は、久しぶりの大看病地獄に陥っておりました。
(今もね・・・)

我が家のチビたち。
昨年末に体調を崩して以来、
3カ月以上、全く体調を崩すことなく
元気に保育園に通ってくれていました。
3カ月、風邪引かないなんて、世の中のおうちでは普通かもしれませんけど、
3歳、1歳の保育園児の我が家、
しかもナーコにとっては園生活で初めての冬であった我が家としては、
2人そろって3カ月間一日も休まないなんて奇跡的だわ、
と思ってました。

しかし考えてみますと、
真夏だとか真冬だとか、気候が安定している時は、
体調を崩すことが少ない我が家のチビたち。
体調不良は季節の変わり目にかなり集中しています。
・・・ということで、そろそろ気をつけなければなぁ、と思っていた矢先、
見事に2人そろって突然発熱しました。

ちょうど1週間前の土曜日。
ナーコは夕方に、K太郎は夜中に熱が出始めました。
これが、高熱でしてね・・・、K太郎はすぐ40度に、
ナーコは当初38度台でしたが、2日後に40度に・・・。

詳しく書いてるとまた体調不良ブログになっちゃうんですが、
今回は、ホントに「高熱、怖い」と思いました。
初めの2日間はK太郎の方が重症だったのですが、
高熱のせいかうなされたあげく、、
寝ている時に突然、ものすごい声をあげて、
目の焦点がおかしくなり、手を握り占めてガタガタと震えだしました。
で、何かに猛烈におびえているというか、
尋常じゃなく怖がっているというか、とにかく完全にパニック状態に・・・。
目の焦点が合わないのと、全身が硬直した感じで震えてることから、
「けいれんかな?」とも思ったのですが、どうも違う。

過去に高熱を出したことは何度もありますが、
こんなことは初めてだったので、とりあえず夜間救急に電話すると、
「じゃあ、とりあえず、来て~」ということだったので、
オットが連れていきました。
で、結局「なんてことはない、よくある「ナントカ」っていう名前の症状だ、って
先生が言ってたよ」、とオットは言ってましたが、
その「ナントカ」ってところが大事なんだよ、オットよ、と
若干、腹が立ったのでした。

その後、同じような症状が2度、おきました。
K太郎には申し訳ないけれども、
パニック状態に陥っている時のK太郎の姿を見ているほうが恐怖でした。
ホラーでした。
本当に、「何かとても恐ろしいもの」が見えている様子で、
落ち着くまでのわずか1分程度の間は、
生きた心地がしませんでした。
体質的に熱性けいれんを起こしやすいお子さんをお持ちの方は、
さぞかし、毎回怖い思いをされていらっしゃることでしょう。

落ち着いてしばらくたってから本人に聞いて見ると、
本当に黒い虫とか、怪獣(このあたりが子どもらしい)が見えた、と言ってました。
そういえば、「病気の時に幻覚で大量の黒い虫を見た」
と言っていた人の話を聞いたことがあるけど、
黒い虫というのは幻視としてはオーソドックスなものなんだろうか?

そんなことがあったK太郎はその後、
風邪以外のことも疑われ、血液検査とか受けました。
結局、高熱の原因はわからずじまいでしたが、
4日半、熱に苦しんで、ようやく解熱しました。

さて、わずか数時間だけですが先に発熱したナーコは、
最初はそこそこ元気でしたが、
みるみるうちにしおれていき、
40度前後の熱が丸2日続きました。
それからは少しずつ下がったのですが、
完全な解熱にはなかなか至らず。
ナーコは普段、あまり高熱を出しませんが、
熱がでると38度前後の熱が遷延するタイプ。
1週間たった今日、かなり回復していますが、
いまだに微熱状態ではあります。
機嫌もいまいち。
かなりつらい状態だった後なので、
機嫌まで回復するにはもう一息かかるか、とは思いつつ、
ちょっと心配です。
すでに2度受診してますが、場合によってはもう1回か?

そして、もう完治したと思われていたK太郎は、
今日の夕方から、「耳が痛い~」といって泣いてます(もうワタシも泣きたいよ・・)。
病院はもうどこもやってない時間でしたので、
産まれて初めて市販の子ども用の薬を使いました。
今まで病院でもらった薬以外、
市販の小児用の薬を飲ませたことってなかったんですよねぇ。
小児用の薬ってワタシの勝手なイメージでは
なんか、小学生ぐらい、って思ってたところがあって・・・(なぜかしら?)。
でも小児用の鎮痛剤ってことは、アセトアミノフェンだろうから、
それなら解熱剤で何度も使ってる、と思い、
急いで薬局で買ってきて飲ませて寝かせました。

そんなことで、2人とも、1週間たっても完治に至らず。
明日の東京都休日診療担当の耳鼻科だけ、調べました・・・。
中耳炎か???

明日も、ワタシはチビを連れて病院行きになるのでしょうか。
あ、もちろん、そんな看病地獄にいたワタシですから、
しっかりウイルス、もらいました。
でも、前にも書きましたが、
ワタクシ、「平日の昼間には働きなさい」、という風に体が出来上がっている
ビンボー社会人体質ですから、
ちゃんと夕方から38度の熱を出して、一晩苦しんで、
朝には下げときました・・・。
ま、そういっても2人同時に倒れた上、かなりの重症でしたから、
おばあちゃんに見てもらうってわけにはいかず、
お仕事はたくさんお休みしてしまいましけれども。

なにはともあれ、
早く良くなっておくれ・・・。
子どもたちが一番つらい、もちろんそれは重々承知しておりますが、
さすがのハハも少々疲れてきましたよ・・・。

読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

大地に立つ

20110129111418

とぼとぼとぼとぼ・・・・・

-ナーコ

ナーコ、1歳4カ月。
↑上の写真はちょっと前の写真で、公園で手押し車を押している図。

体の成長という面では
育児書的標準から大きく遅れてのんびりやっているナーコですけど、
(体重は平均以上)
ようやく、一歩を踏み出し、歩きだしました
(って、まだ数歩だけど。)

寝がえりとかハイハイ、伝い歩きなど、
何かができるようになる瞬間というのは
嬉しいものですけれども、
中でも「一歩を踏み出す」瞬間というのは特別なような気がします。

母乳だのミルクだのがメインだった生活を卒業して
大人と同じような食生活が始まり、
二足歩行が開始しますと、
「あぁ、もう赤ちゃん時代の終わりなのだな」、と、しみじみ・・・。
自己主張も始まり、
発する単語もぐぐっと増えてかなりオモシロイことになっている今日この頃。
どんな「オンナの子」になっていくのでしょうかね。
ま、どんな子でもいい(そんなことはないか)ですけども、
大地に足を踏みしめて、しっかり歩いていきたまえよ。

この週末は楽しみな予定がいっぱい。
・・・って一つはオットにチビを託して個人的な勉強のために、
翻訳セミナーに参加するってことなんですけども・・・。
勉強とは言え、こういう機会もホント~~にめったにないから楽しみです。
試験対策セミナー(TQEね。しつこく次回も受験します)ですが、
別に試験対策ってことだけではなく、
普段の仕事に関してでも
何か、少しでもヒントになることが得られれば嬉しい。

もうひとつは久しぶりに前職の同僚たちに会うのですが、
子連れ、7組だって。
あのワーカホリック女子達がこの1~2年の間に続々と母親になっていたってことが、
なんだか不思議。
ワタシは時々、昔からの知り合いに
「母親になったなんて想像つかない」と言われることがありまして、
今年の年賀状にも
「2児のハハの図がどうしても想像できないので見に行きたい」
とか書かれたりする始末ですが、
このワーカホリック女子達も、
母親業にいそしんでいる図がまったくもって想像つかない人たちなので、
かなり楽しみ。

疲れるから土日両方に予定を入れることは極力避けているワタクシですが、
ま、でも楽しみな週末です。

早く寝よっと。

読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

ゆっくりゆっくり。

20100717172423

・・・・ナーコ、9ヶ月半。
というか、もうすぐ10カ月になるんですが、
ようやく。。。。。ようやく。。。座りました。

なんだかずいぶんゆっくり成長しとるなぁ、この子は、
とのんきに構えていたわけですけども、
先日、そろそろ行くことになっている10カ月検診の検診項目を見てみたら、
なんと、半分以上の項目が「いいえ」(つまり、出来ないことばっかり)、
になっていて、
「ア、アレ、、、こりゃ少し、心配したほうがいいんだろうか?」
と思っていたところでした。

って、9~10カ月検診って、「お座り」じゃなくて、
「つかまり立ちできますか?」なんだよねぇ。
じぇ~んじぇんそれどころじゃありませんが?

やっと、自力でこのおすわりポーズをとれるようになったわけですけども、
それでもまだ安定しておらず、
ふら~、っと倒れて、ゴンッとぶつけて泣いている。
ははは。検診項目的には6~7か月検診のほうが近いな・・・。

え?ハイハイ?、、できません、そんなもの。
あ、今日ようやく、ズリバイで1メートルほど(短い…)前進しました・・・。

え?歯?
一本も生えてません。気配すらありません。

離乳食?
まだ2回食です。途中長引く下痢で中断したもので・・・。

ハハ、、、、大丈夫でしょうか。ナーコちゃん。

髪の毛もフワフワだしね。
えぇ、前回もちらっと書きましたけど、
温水洋一スタイルですから。

あ、ハイハイできないからといって、動けないのか?というとそんなことはなく、
寝がえりだけは超得意ですよ。
高速寝がえりで、どこへでも転がっていきます。
まあ、ナーコ、おデブちゃんですから、
重たいものは、引っ張るよりは転がすほうが早い。
理にかなっているといえばかなっている。
それでいいのか、は別として。

・・・でもねぇ、寝がえりは横方向の移動ですからねぇ。
目的とした位置にたどり着けずに、
眉毛をハの字にして、「こんなはずでは?」って顔してることは良くあります。

まあ、ゆっくりやっとくれ。

ハハものんびりやるよ。

・・・ってことで(つながってないかもしれませんが)、
ハハは無事トライアルの課題を提出。
さ、次。

・・・次っていっても何しようかな・・・。
ぼんやり考えてることはあるんですけども・・・。

読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

さよなら、ベビーベッド

子ネタですが・・・。

ナーコ、7か月(早いなぁ)。
我が家は夜寝る時、K太郎とワタシとナーコと並んで布団に寝ているのですが、
昼間は基本的にリビングのベビーベッド( or プレイマット)で過ごしていたナーコ。

K太郎の時にはベビーベッドは使用していなかったのですけど、
なにしろそのK太郎さん、
とにかく部屋の中で見境なく
「走る、踊る、飛び跳ねる、投げる」子なもんですから、
野蛮人K太郎から赤んぼナーコを守らねばならぬ、
ということで、今回はレンタル会社からベッドを借りていたのでした。

これがあったおかげで、
ちょっとぐらい目を離していても安心していられたわけですが、
このゴールデンウィーク中に、
ベッドのレンタル期限が切れまして、返却時期がやってまいりました。

もちろん延長も可能なのですけど、
ナーコも寝がえりするようになり、少しずつ動きも出てきているので
ベッドで過ごすのは少々つらくなってきてもいるし、
K太郎もさすがにナーコのいる生活にも慣れてきていますから、
まあ、もう無くても大丈夫かな、と思い、
返却することに。



なんといいますか、ワタクシは、
「いつまでも赤ちゃんのままでいてほしいな~」とまで思う人ではないのですが、
それでもこうやって、
「あぁ、これはもう必要ないのね・・・」というものが少しずつでてきますと、
ちょいとサミシイなぁ、と思ったりもします。

話がずれますが、このレンタルというシステム。
K太郎の時にもいろいろレンタルしましたけど、
我が家みたいに高齢出産で、
まわりの友人&身内はみんなとっくに出産なんぞ終えてますよ、
という夫婦にはけっこうありがたいなあ、と思いました。
使わなくなったベビー用品を譲ってあげられる人がもう周りにあまりいないし、
かといって、ベッドみたいに大きなものは、
処分するのもオークションだのなんだのに出すのもめんどくさいし。
レンタルだからって必ずしも安上がりというわけでもないのだけど、
使わなくなった後のことを心配しなくてもいいし、
まあ、なんといってもエコですね、エコ。

ということで、我が家から去っていってしまったベビーベッド。
ぽっかりと空いてしまった場所には、
前々から考えていたのだけど、
別の部屋に置いてあった電子ピアノを移動してきました。
これで、少しピアノも活躍の機会が増えるかな~。

ベビーベッドよ。
7か月ちょっと、K太郎の魔の手からナーコを守ってくれてありがとうね。
またどこかでかわいい赤ちゃんのお役に立っておくれ。

読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

プロフィール

komako

Author:komako
翻訳会社でオンサイト翻訳者として数年勤務した後、東京を離れたことをきっかけにフリーランスとして2013年に新しいスタートを切りました。2人の子供(6歳、4歳)の相手をしつつ、試行錯誤の毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。