スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんやく検定明暗 保存はマメに…。

今年の1月にほんやく検定を受けていました(日英、英日両方)。
今回の検定はモロモロありまして、受験直後に「これはブログに書いておこう」と思っていたのですが、日々の仕事と雑事に忙殺されて、もうすっかり忘れていました。結果の発表が先日ありまして無事にこのネタを思いだすことが出来ましたが、その結果の発表も1週間も前のこと…。いつもいつもマヌケなタイミングで新鮮味のないブログですみません。でも「書けるときに書く」ブログなんで、そういうブログだと思っておつきあいくださいましね。


最近、ほんやく検定の受験システムが少々変わったようですね。まずはマイページを作り、そこから出題ページに行き、答案欄に訳文を記入して送信する、という方法でした。マイページなんて昔はなかったような…。もはや以前の方法をぼんやりとしか思い出せないのですが、確か以前は「touan」という答案用のテキストファイルに訳文を書いて、そのファイルを送信したような気がします。
とはいえ、方法が変わったとはいっても、まずはテキストファイルにでも答案を作成し、完成したらコピーして答案の欄にペーストすればいいものを、なぜかはじめからブラウザの答案の欄にもくもくと書き始めたワタクシ。もう9割がた訳文を書き終わり「もう一息だわー」と思っていたところで突然ブラウザの答案のページが真っ白になり、「応答していません」のメッセージが…。
仕事でWordを使用している時に突然真っ白になって「応答していません」というメッセージが出てくることが時々あるのですが、それと同じ現象です。
そこで慌てたワタクシ。何かうっかりクリックしたのかなー。記憶が定かではないのですが、とにかく次の瞬間には、あと一息というところまで書き終わっていた答案がぜーんぶキレイさっぱり消えて、真っ白になっていました。


…これは、アレだ。試験開始前に「なんでInternet Exlorerじゃないと受けられないの?いまどきメンドクサイわねー」って悪態ついた天罰に違いない。


ほんやく検定はInternet Explorer以外のブラウザからは受けられないのですが、ワタシはいつもGoogle Chromeを使っており、IEを立ち上げることはほとんどないため、そんな悪態をついていたわけです。

訳文が消えてしまっても、一度訳出したものは意外と頭の中に残っているので、書き直すのにはそれほど時間はかからないということは経験値でわかるのですが、もう残り時間からいってもかなり厳しかったですし、この時点で完全に戦意を喪失したワタシは、ここで撤退することにいたしました。

ちなみに、ブラウザの答案ページ上でも「保存」のアイコンをクリックすれば、書いている途中で訳文を保存できるようになっており、しかも一度答案を提出した後でも時間内であれば提出し直すことができる、というシステムになっています。ですから、マメに保存をしておけばよかったのかもしれませんが、それすらもしていなかったのです。もうダメダメです。仕事はもちろんですが、勉強でも試験でもとにかく「保存はマメに」。鉄則ですね。痛感いたしましたわ…。

そんなことで、和訳で学んだワタクシ。次の英訳ではちゃんとテキストファイルに訳文をつくり、最後に答案欄にコピペして、問題なく送信いたしました。


結果ですが、和訳は訳文未提出ですので当然不合格(訳文を出していない人にも「不合格」っていう通知が来るのですねぇ。棄権した人にまでわざわざ合否の通知を送るのは郵送代がもったいないような…)。
英訳は1級で合格できました。前回2級でしたから無事ワンランクアップです。

以下感想&要望を。

今回残念だったのは、途中までとはいえ、一生懸命考えて書いた和訳の答案がどこにも残っていないことです。ファイルも作っていないし、提出もしていないので読み返すことができません(提出すれば、確認のため、提出した訳文がメールで送られてきます)。
提出できなかったことは仕方がないですが、あとでちょっと見直してみたいと思っても何もできないというのはなんとももったいなかったなぁ、と思っています。受験料高いのに(まあ、ワタシがアホすぎたのですが)。
英訳は1級という結果をいただくことができましたけれども、前々回の遠田先生のセミナーの記事でも書いたように、今でもお仕事でネイティブチェックを受ければたっぷり修正されてきます。それがワタシにとっての現実。試験は試験ですね。
採点者との相性の良し悪しも多少なりとも結果に影響しているかもしれないので、英訳は採点者や採点システムに変更があればまた受けてみるかもしれませんが、それがない限り、もう受験はしないかな。和訳はまたいずれ受けてみたいです。
しかし、合格発表に載っている受験番号から受験者数を推測する限り、和訳の合格率は相当低いですね。ワタシもまともに提出していても、結局不合格だったりしたのかも…。


要望としては、受験者には受験した回の訳例と解説を送る、ということができないかな、とひそかに思っています。原則、「試験」というのは「受けっぱなし」のものがほとんどですし、解答や解説などはもらえないことが多いので、訳例や解説がないのも理解はできます。とはいえ、訳例と解説は販売用の「過去問」として後で作成されるのですから、その訳文を該当回の受験者にのみメールで送る、ということを検討してもらえないかなぁ…。作ったものをチョロッと送るだけなので、それほどの手間ではないと思うのだけど。2000円出せば過去の問題集として買えますが、たぶんあの過去問は、受験していない他のジャンル(金融とか政経とか)もモロモロ入ってくるのですよね。そう考えると2000円ってちょっと高い…。
ベテランで高い収入を得ている人がわざわざこの試験を受けるってこともないでしょうし、受ける方はおそらく学習中の方か、ワタシのように翻訳者としてまだまだ発展途上の人だと思いますので、訳例&解説は受験者の今後のスキル向上のためにも役立つと思うのですが、いかがでしょうね。正解主義とか訳例をすぐほしがるとか言われちゃうかしらん。でも受験したものはやっぱり気になるのが心情ってもので…。

以上、長々と失礼いたしました。




読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

スポンサーサイト

ほんやく検定

少し前の話になってしまうのですが、2月にほんやく検定(医学薬学)を受けました。初めてほんやく検定を受けたのは昨年の7月ですが、この時は英訳しか受けられなかったので、今年中に和訳も受けてみようと考えていました。本当は7月の回で受験しようかな、と思っていたのですが、「2月に受けてだめだったら7月にもう1回チャンスがあるじゃん」という、まったく意味のないポジティブ思考がわいてきまして、2月の回に申し込みました。7月がだめでも来年があるじゃないですかねぇ...我ながら、変なの。

ツイッターやFacebookなどで、少しずつですが翻訳者さんとのつながりができてきますと、資格試験の結果のように自分の実力を白日の下にさらすことになる話を書くのはなかなか勇気がいりますね…(笑)。なんか、もしかしたら書かない方がいいのかもしれないし。
まあでも、これから翻訳者を目指す方にとって、フリーランスになり立て時期のリアルな話を書いておくのは何かの役に立つかもしれないし(立たないか…)と思って、あるがままのところを書いていきます。現役の翻訳者さんのお役にたてそうな話はそんなに書けそうもないし、ワタクシ。


ということで、和訳は一応合格ですが、3級でした。
一応お金もらってお仕事してる身としては、目標はやっぱり「2級以上」かな~。
あの有名な「トライアル現場主義」の本にも、「ほんやく検定で2級、アメリア定例トライアルでB判定が楽にとれるようであればトライアル受験に必要な実力ありと考えます」って書いてあるし(でもほんやく検定の2級とアメリアのB判定ってずいぶん違う印象があるんですが)。プロフィールをJTFのサイトに掲載してくれるのも2級以上だし。ワタシが和訳が苦手なことは、前から読んでくださっている方はたぶんご存じだと思いますが、日本語はムズカシイですね。

まだまだ精進の余地あり、ってことです。がんばりますよ、ワタクシ。

ちなみに、今回、英訳はどうしようかな、と思ったのですが、オットが1日チビ達を連れ出してくれるってことだったので、英訳も再び受験しました。
こちらは前回と変わらず2級でした。2級の次の目標はやっぱり1級ですが、さすがに難しいですね。でも合格する方がちゃんといるのだから、またいつか、機会があればチャレンジしてみるかも…。いや、どうかな…。

資格試験にこだわる気は全然ありませんけども、受けてみたらみたでいろいろ参考になるもんですね。何はともあれ、もっと勉強しなさいってことがわかりましたので、まだまだがんばります。



読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ



TQEの結果が来て・・・。

昨日、11月に受けていたTQEの結果が郵送されてきました。和訳と英訳をダブル受験していまして、和訳は久しぶりの再挑戦、英訳は初受験でした。

結果、英訳は70点で3級合格、和訳は66点で残念ながら3級合格には届かず、でした。


これまでに受けた試験や誌上トライアルなどの結果などを考えて、ひそかに今回の受験の目標を「英訳→70点以上、つまり3級に合格すること、和訳→合格はちょいと厳しそうだけど68点ぐらいは取ること」としていました。ですので、英訳の目標は達成したけれど、和訳は目標達成にはいたらず、という結果でした。


あいかわらず和訳は不出来であります。英訳で合格したのはまあよかったけど、66点という和訳の不出来ぶりが、けっこう精神的にこたえております。今日はいつもより早起きしたので、和訳だけ復習してみたのですが、「丁寧さが足りないのかなぁ」、などと1人で反省しています。今回の和訳の課題は比較的易しかったような気がするし(むしろ英訳の課題の方が難しかったような・・・)、大きな誤訳はなかったと思いますが、それでもこの結果かぁ、、、という感じで。ところどころ訳語の選択が不適切であったり、工夫が足りない部分があったようです。「今後細かい点にも気を遣いなさい」的なことが書かれてありました。なかなか和訳では合格できませんねぇ、ワタシ。別にTQEに合格することが目標ではないし、目標はもっと先にあるわけなのですが・・・。

以前は英訳の方が好きだったのですが(今でも楽しいと思ってますが)、今は和訳の方がなんだか楽しくて、もっともっと上手な日本語を書きたいなぁ、と思ってます。その思いに現実はちっともついてきてくれませんが。もっと修行を積まないといけないんでしょうね。またTQEを受けるかどうかはちょっとわかりませんけど、とにかくめげずに地道にがんばります。


さて、英訳のほうですが、合格したとはいえぎりぎりの70点ですので、単複のミスなど、指摘されたポイントももちろんいくつかあります。その指摘の中で「うーむ」と思ったのは「訳者注が十分ではない」という点です。つまり「訳者コメントをつけるべきところについてない」ということですね。
訳者コメントをつけるかつけないかについては、いつもすごく悩みます。つけすぎても、いかにも「自信なさげ」な感じになりそうだし・・・。「訳者コメントをつける基準」というのがあまりワタシの中で確立されていないのかな、と思ったりもします。というか、「つけるべきところについてない」っていうんだから、そもそもなんか基準が間違ってるってことか。


ということで、うれしさ30%、反省70%ぐらいの結果でありました。引き続き、日々是精進です。


読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ




初・ほんやく検定受験の結果と感想を・・・

7月末にJTFのほんやく検定を受けていました。
受験したことを書いていなかったので隠れ受験っぽいですね(笑)。
ちょうど、いろいろ考え事中のため悶々と過ごしていて、ブログの更新もしてなかった時期に受験してました。というか、そもそも他に一緒に書くネタがないと、受験したってだけではそんなに書くことないし…っていうのもあり。
元々、来年2月に受験してみようと思っていたものですが、気が変わり、急遽、ギリギリに申し込みをしました。

自宅で自分のPCで受験ができるというのはありがたいですが、
我が家のような環境ですと、「邪魔されずに受験できる環境を整える」というのが課題でもあります。
この日は土曜日だったのですが、オットは1日予定が入っていたため、オットに子守を頼むことは出来ず…。
ということで、久しぶりに実家のお世話になりました。
午前中は用事があったのでチビ二人を連れて出かけ、そのまま電車に乗り、我が家から1時間強ぐらいかかる実家へ行って二人をお願いし、私は一人でまた1時間強かけて自宅に戻って受験。で、終わったらまた実家へ行ってその日はお泊まり、ということにしました。
受験のためにどんだけ移動するんだ、と少々バカバカしくなったりもしましたが…。
そんな事情のため、午後イチの英日(和訳)は時間的に受けられないので、今回は日英のみの受験となりました。


…と、どうでもいいような前置きが長くてすみません。結果は先日出まして、
「2級合格」
でした。以下、受験の感想です。


受験後、とりあえず提出した答案をプリントアウトし、それをかばんに入れて急いで電車に乗ったのですが、車内で答案を読み返していたら、途中で悲しいミスを発見。
「トータル3時間以上の移動までして受験したのに、まぁ、なんたるミス」と悲しくなり、「今回は無理かも」と思ってそのまま続きを読むこともなく、ふてくされてました。
ですので、合格したことは少々驚きですが、自分ではそこそこ大きなミスだと思っていたものはそれほど致命的だと思われなかったってことでしょうか。

今回は初受験でしたが、終わった直後の感想は「時間的に厳しかった」です。
試験時間は2時間ですが、ワタシにとってはギリギリでした。
ワタシはとりあえずちゃちゃっと一通り書いてからじっくり見直すタイプなので見直しに時間がかかるのですが、今回はこの見直しが十分にはできませんでした。
「この分量の原文の翻訳がこの時間内で完璧にできること」がプロとして求められるならば、まだまだワタシはスピードが足りない、ということになるでしょう。

試験だから奇をてらった課題は出ないのかもしれませんが、
非常にオーソドックスな文章で難解なものではありませんでした。
内容的にも、これまでの仕事&勉強で馴染みがあった分野でもあり、これは少しアドバンテージになったかもしれません。(それでも時間的に厳しい、というのはどうなんでしょうか…)
どんな内容のものが来てもコンスタントに高品質の訳文を完成させることがプロの仕事なのでしょうが、そうは言っても、内容や分野的に得手不得手というのもありますから、1回だけの翻訳でその人の翻訳力を評価する、というのはなかなか難しいことのように思います。
ワタシの仕事レベルからいいますと、今回の結果は、「その人の翻訳力の評価」というより、「今回の課題文に対する訳文だけの評価」と捉えておくべきだろうとも思います。


まあ、でもとにかく今回の結果は2級だった、ということで、2級合格だと何かと特典があるようです。
希望者のみ、JTFの機関誌にプロフィールを掲載してくれるとのこと。
フリーランスであれば迷わず掲載してもらっただろうと思うのですが、
正直、勤務翻訳者ですと、載せるか否か、載せる場合はどんなコメントを書くか、というのは実は少々悩ましいポイントであったりもします。だから希望者のみなのかな。
掲載をどうするかはもう少し悩む時間があるようなので、考えてみようと思います。

2級、ということは当然1級がありますので、いずれはがんばって目指したいところです。

…と、偉そうなことを書きましたが…。
今回受験できなかった和訳。ワタシは日本人だというのに和訳に苦手意識ありで、実際に苦手です(いや、もちろん嫌いじゃないのですよ)。
このブログでも定例トライアルの結果などを書いていますからご想像はつくと思いますが…。
和訳もいつかは受けてみようと思っていますが、こちらの目標は低く、「とにかく合格したいなぁ…3級に」です。


次回、受験できるかどうかはわかりませんが、当面、和訳に注力して勉強していこうと思ってます。ちょうどサンフレアの復習中ですしね。


---------------------------------------------------------

20120917150315_convert_20120925034955.jpg

おはぎ。
お彼岸でしたね。
といっても、これ、お彼岸の1週間前の3連休で作ったモノだけど…。
お彼岸の日は1日予定があってそんな余裕はなく。
翌日はナーコの誕生日を前倒してお祝いしたので、おはぎどころではなく。

平日は「通常の食事の支度をする」ことはできても、
お祝いごとの食事やケーキを作る、などということまでとても手がまわりません。
働くハハ歴4年半、それほど長くはないですが、
行事ごとをちゃんと当日にしてあげられることはあまりありません。
ごめんよ~、ともちょびっと思うけど、まあ、いまさらそんなに気にしない。
誕生日のお祝いなんかは家族がそろう休みの日に、というご家庭もきっと多いですよね。

短い働くハハ歴からの学びとしては、
当日できそうもない行事ごと、お祝いごとは極力前倒しするに限ります。
そりゃ~もう、「ごめん、時間がなくて手が回らなかった」感を醸し出さないですみますからネ~。


読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ








いまさらすぎるんですが、TQEの結果の話

もう1か月ほど前の話でいまさらなんですが、
先月の上旬、2月(だったか?)に受けていたTQEの結果が戻ってきていました。
残念ながら不合格だったんだけど、
そんな結果は上階から流れてきた水と一緒に流してしまいたいわ、と思いつつ、
翻訳修行ブログとして、
受験したことだけ書いておきながら結果について触れないっていうのは、
いかにも態度悪くてよろしくない、
ということで、これについて書いてみようと思います。

合格ライン70点のところ、65点。
ありゃ~。
なかなかムズカシイ試験なので、不合格なのはしょうがないのですが、
5点の開きがあったことに、しばらく凹んでました。
いちおうお金もらって修行中の身なのでね、
合格ラインに片手ひっかかってます、ぐらいの点数(67~68点ぐらい?)で
落ちときたかったですね・・・。

記事にできないでいた間に、
もう、この回の受験データがTQEのHP上にアップされてました。
480人が受験していて、
60~69点の4級が、367件だとか(一人で複数受験している人もいますので、
人数と件数は一致してません)。
ほとんどの人がここにとどまっている、ということですね。
まったく翻訳に触れたことがないままTQEを受験するという人は少ないでしょうから、
ある程度勉強しました、ってところで受験すると、
大体この点数の範囲内におさまるってところなんでしょう。
ここから、頭一つ抜き出て70点のラインを超えるってのが、
ナカナカ厳しい、ということでしょうかね。

医薬分野の和訳の合格者は6名、ということで、
厳しいとはいえ、ちゃんと受かる人は受かるってことですね。
当たり前といえば当たり前ですが、
毎回、5名前後は合格しているわけですから、
実力がつけばちゃんと合格できる、というのは、
希望が持てる話です。
いや、ほら、
ときどき書いているアメリアの定例トライアルなんか、
「いつか、A評価をとれるようになりたいわ」ってよく書いていますが、
いつもAAはもちろん、A評価でさえ0人とか、いても1人とかばっかりだから、
「ほんとにAとか、とれるのかしら?」と思ってしまうわけですが、
こうやって、「ほんとに合格している人が少数でもいる」と数字で示されると、
がんばるか、って気になります。

前回の受験時にも思いましたが、
解説はとても細かく丁寧です。
もちろん、個々の答案が添削されているわけではありませんが、
採点者からのコメント欄には、
コメント1として全体的な感想、評価、
コメント2として、今回の答案の問題点が細かく列挙されていまして、
これも非常に参考になります。
全体的な感想のところには、「細部にも注意を払いなさい」的なことが
書かれてました・・・、とほほ。

しかし、ぜ~んぜん、復習できてません。
1か月もたつのに。
ワタシの4月はなんだったんでしょうか、いったい。

この結果が返ってきてから、
次の受験はどうしようかな~と考えていました。
なかなかムズカシイし、一回お休みしてきっちり勉強するかな、
それとも、気分を変えて英訳の受験にしようかしら、とか思ってましたら、
チビたちの高熱と水害騒ぎでワタワタしているうちに、
締め切り過ぎてました・・・。
流しちゃいかんものを流した気がするけど、まあしょうがない。
今年から試験の実施回数が年間4回に増えたそうですから、
またすぐ次の機会はありますね。

2回の受験と直前講座の受講を経て、
合格するための翻訳レベル、というかスキルがどれくらいのものか、
というのがぼんやりとながら、見えた感じがします。
翻訳の世界なんて、
合格して取得資格が増えたからなんなの?という世界ではありますが、
この試験の合格レベルに達するために必要なことを一つ一つ
しっかり抑えて勉強していくことは仕事にも大いに役立つはず、とは思います。

ということで、なにはともあれ、
復習しよう、いいかげん・・・・。

読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

プロフィール

komako

Author:komako
翻訳会社でオンサイト翻訳者として数年勤務した後、東京を離れたことをきっかけにフリーランスとして2013年に新しいスタートを切りました。2人の子供(6歳、4歳)の相手をしつつ、試行錯誤の毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。