スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TQE、提出~。

おとといの夜、東京でも雪が降りました。
夕食後、「なんだか寒いわね~」と思って外を見てみると、雪が…。
そりゃ、寒いわけだわ、と思っていたのですけども、
いや、それにしても寒い、寒すぎる。
このマンション、隙間風でも入るのかしら?
まったく、これだから安普請の賃貸住宅は・・・、
と、一人でプリプリ怒っていたのですけども、
ふと、エアコンのリモコンを見ますと、そこには、「冷房、17℃」の文字が・・・・。

K太郎はこんなしょーもないイタズラからは卒業している。
犯人はナーコ、ただ一人。

夏だって17℃になんかしないヨー。

さて、週末にかけてTQEを受験しておりました。
昨日、無事提出。

今回はこの受験の前に、TQE対策セミナーを受講していました。
過去の受験者はちょっと受講料が安くなるし、
1日だけの単発講座なので。

事前課題を提出してセミナーに臨みまして、
当日はその課題の答案に沿って進められたのですが、
出席者(20名弱)の答案をすべて、順番に取り上げます。
もちろん誰の答案かはわかりませんが、
匿名であることをいいことに(笑)、先生が容赦なくこき下ろしていきます。
その口調は、アメリアの定例トライアル(メディカル)の厳しい先生が、
毎回、解説の文面から醸し出すあの雰囲気によく似ていました。
プロは厳しいね・・・。

通信で勉強していると、自分の答案しか目にすることはありませんけど、
通学だと毎回、こうして他人の答案も見ることができるのですね。
これは大きなメリットだと思います。
人のいいところ、はもちろんですが、他人のミスもとても勉強になります。
(なんか性格悪いけど。)

10時から16時近くまで、お昼休みを除き、
先生はず~っと早口でしゃべりっぱなしでした。
で、こっちもゲッソリでした。
でも、本当に勉強になりました。
TQEに向けて、ということではなく、
普段の仕事で自分の翻訳したものを読み直すとき、
何を意識して読み返さなくてはならないのか、という点、
当たり前のことも多かったですけども、
参考になるポイントも非常に多かったです。

先生はTQEについて、
とにかく、憔悴しきるまで調べて調べて答案を練りまくって提出して、
1回で合格しなさい、
と、おっしゃってました。
そりゃ無理だネ~。

先生の話を聞いていて、
やっぱりワタシの状況的には、
受験にあたって割ける時間が少なすぎるかな、と思いました。
夜しか時間ないもんね。
次回は(→すでに次回の話になっているところが気弱)、
せめて半日ぐらいはチビたちをみてもらう、ぐらいじゃないと、
キビシイかもしれません。

それにしても、今回受験してつくづく思ったのは、
ワタシのように文系出身者でバックグラウンドがない人にとって、
いろいろ専門書を見たり、論文に触れたり、
コツコツとその世界の勉強をしていくことも大事なんですが、
実は一番大事なのは、
お医者さんのお友達を持つことではなかろうか、という気がしてきました…。
先生も、おっしゃってました。
「過去の答案に、『専門家である、銀座の○○先生に聞きました』という訳注をつけた人がいましたけど、それもありです。
どんどん専門家に聞いてください」と。
確かに、ちょっと自信がない言い回しなどは、
ネットとか資料とかいろいろ調べてあーでもない、こーでもないと、
裏を取らなければならないわけですけども、
こんなもん、お医者さんがいたら、
「ねえねぇ。こういう言い方する~?」って聞いたら、
「それは言わないな~」とか「普通に使ってるよ~」とか、
あっさり解決するのではなかろうか・・・。
もちろん、それでも裏どりする必要がある場合も多いでしょうが。

特に今回は、切った貼ったの外科系の話でしたので、
本気でそう思いました。
遠い知り合いにお医者さまがいたような気がするけども、
「ねえねぇ、ちょっと。。。」とか気軽に聞けるような関係では全然ないな~。

お医者様とオトモダチになりたいだなんて、
変な下心アリアリの女子みたいですね・・・。

そんなことを思ったTQEでした。
あ~、疲れた~。
でも難しかったけど、けっこう楽しかった課題でした。

おしまい。

読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

スポンサーサイト

大地に立つ

20110129111418

とぼとぼとぼとぼ・・・・・

-ナーコ

ナーコ、1歳4カ月。
↑上の写真はちょっと前の写真で、公園で手押し車を押している図。

体の成長という面では
育児書的標準から大きく遅れてのんびりやっているナーコですけど、
(体重は平均以上)
ようやく、一歩を踏み出し、歩きだしました
(って、まだ数歩だけど。)

寝がえりとかハイハイ、伝い歩きなど、
何かができるようになる瞬間というのは
嬉しいものですけれども、
中でも「一歩を踏み出す」瞬間というのは特別なような気がします。

母乳だのミルクだのがメインだった生活を卒業して
大人と同じような食生活が始まり、
二足歩行が開始しますと、
「あぁ、もう赤ちゃん時代の終わりなのだな」、と、しみじみ・・・。
自己主張も始まり、
発する単語もぐぐっと増えてかなりオモシロイことになっている今日この頃。
どんな「オンナの子」になっていくのでしょうかね。
ま、どんな子でもいい(そんなことはないか)ですけども、
大地に足を踏みしめて、しっかり歩いていきたまえよ。

この週末は楽しみな予定がいっぱい。
・・・って一つはオットにチビを託して個人的な勉強のために、
翻訳セミナーに参加するってことなんですけども・・・。
勉強とは言え、こういう機会もホント~~にめったにないから楽しみです。
試験対策セミナー(TQEね。しつこく次回も受験します)ですが、
別に試験対策ってことだけではなく、
普段の仕事に関してでも
何か、少しでもヒントになることが得られれば嬉しい。

もうひとつは久しぶりに前職の同僚たちに会うのですが、
子連れ、7組だって。
あのワーカホリック女子達がこの1~2年の間に続々と母親になっていたってことが、
なんだか不思議。
ワタシは時々、昔からの知り合いに
「母親になったなんて想像つかない」と言われることがありまして、
今年の年賀状にも
「2児のハハの図がどうしても想像できないので見に行きたい」
とか書かれたりする始末ですが、
このワーカホリック女子達も、
母親業にいそしんでいる図がまったくもって想像つかない人たちなので、
かなり楽しみ。

疲れるから土日両方に予定を入れることは極力避けているワタクシですが、
ま、でも楽しみな週末です。

早く寝よっと。

読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

プロフィール

komako

Author:komako
翻訳会社でオンサイト翻訳者として数年勤務した後、東京を離れたことをきっかけにフリーランスとして2013年に新しいスタートを切りました。2人の子供(6歳、4歳)の相手をしつつ、試行錯誤の毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。