スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英文セミナーへ行ってきました。

20111031074344

おチビナーコ、勉強中(らしいよ)。

この前うちのおチビ、ナーコに

「ナーコちゃん、おベンキョーしてるから、邪魔しないでっ[E:pout]」

と言われて仰天してひっくり返りそうになりました、ワタクシ。
誤解のないように書いておきますけど、
ワタクシ、子どもが起きている間に勉強したことは1分たりともないし、
このような↑台詞を吐いたこともありませぬ・・・。

ナーコ、ずいぶん口が達者になりました。
でも、街中で、ちょっとぽっちゃりした方を差して、

「あ、おすもうさん[E:happy01]」

と言うのだけは、なんとかやめてもらえないものかと思っております。
かなり焦ります。

さて、数日前の10月最後の日曜日、
久しぶりにセミナーなるものに出席してきました。
内容は医薬の英文ライティングセミナーで、
この分野の頻出表現をとりあげて、
掘り下げて解説してくださるものでした。

事前課題がありまして、
短文を30文ほど英訳する、というものでした。
どれも超基本的な文ばかりなので余裕かと思いきや、
意外と変なところでつまづいたり、ということもあり、
「基本に帰る」を実践中のワタシにとっては、
本当に、ほんっとーーーに(強調)、
お役立ちの講座で、超満足して帰りました。
やっぱり通学講座はいいなぁ、とまた思っちゃうのですが、
そりゃムリなので、
年に数回、こうやって単発講座を探してでかけよう、
と決意を新たにしたのでした。

この講座に申し込んだ機会に、
ずっと昔から「いつか買おう」と思っていた、
AMA Manual of Style を、講座の数週間前に購入しました。

41xbiiwm0ll__bo2204203200_pisitbsti

アマゾンから画像とったのバレバレですが。

講座も一貫してこの本に従って進められていました。
医薬をやる方ならこの本をご存知の方は多いかと思うのですが、
一流雑誌への投稿論文などは、
このスタイルに従って書かれることが多い、という本ですね。

このAMAに準拠していることで知られるサイトが、
なぜかネオーラルのサイトの中にある
「A Guide to Medical Writing」で、
これも多くの方がご存知だと思います。

AMAって、かなり厳しいスタイルを求めていることが、
このサイトを見てもよくわかります。
講座の詳細は書いたらまずいのでしょうから書きませんが、
この講座でも講師の方は徹底してAMAに従っていましたので、
やっぱりこの世界の英訳の標準はこの本なんだな、と改めて思いました。
たとえ日本語の参考書に例文として載っていたとしても、
AMAでNGとされているものは
「絶対に使わないように」と言われていました。

そういう目でうちにある日本語の参考書を見てみると、
ちょっとおもしろいかも、と思いまして
ワタシの手元にある日本語の参考書のうちのいくつか↓
をちょっと見てみました。

「医薬品開発-承認申請-市販後業務のための英単語・英語表現」

「医学英語の文法と書き方」

「医学英訳活用辞典」

「医薬翻訳者のための英語」

410rg3exdgl__sl500_aa300__2

51otz7izvil__sl500_aa300__2

41ozafossl__bo2204203200_pisitbstic

この手の話でよく取り上げられるのが「diagnose」だと思うのですが、
これらの本でdiagnoseについて調べてみると、
ほぼすべてに、「患者+be+diagnosed as having 疾患名」とか、
「患者+diagnosed with +疾患名」
が「診断された」の例文として載っています。
AMAでは、「診断されるのは患者ではなく、疾患である」、ということで、
こうした文を書くのはNGとされていますが。
(詳細が気になる方はネオーラルのサイト内のdiagnoseの項目を・・・。)
英辞郎にも「the patient was diagnosed with~」の例文は山ほどありますね…。

普段、英文を読んでいても「患者+be+diagnosed as (with)~」は
たくさん見かけますが、書いたらダメってことですね。
この表現について書いた英文をたまたま見つけたのですが、
そこには、
「この書き方は日常的にネイティブも使うし、
二流(→この言い方が笑える)雑誌でも見かけるけど、
一流雑誌じゃあ、こういう書き方しないから」
的なことが書かれていました。

さらに思いつくのは「develop」です。
「疾患名+develop」意外に、
「患者+develop+疾患名」で、
「患者が~を発症した」という文章がありますが、
かつてはこれもNGだったようですね。
今は、上記にあげた日本語の本のほぼすべてに、
「患者+develop+疾患名」の疾患名が載っています。
これは一般的になりすぎたのか、
AMAからもdevelopの用法についての記載がなくなった、
とネオーラルのサイトに書いてありました。
でも、
「なくなったけど、NEJMでは、
こういう使い方まだしてないから」、って一言添えてありますね。
講座の先生も、お仕事の時にdevelopの主語に患者を持ってきて、
「患者が~を発症した」という文を書くことはしない、
っておっしゃってました。

言葉は変わるものなので、
developみたいに一般的になりすぎて(?)、
AMAの記述からはずれる、ということもありますから
いずれdiagnoseの解説も変わるかもしれませんね。

ワタシはかつて、
このAMA一冊まるごとがっつり頭に入っているではないか、
というぐらいスゴイ優秀な人のチェックを受けていたので、
この辺の細かいこと、ずいぶん教えてもらいました。
その方も、講座の先生も言っていましたが、
「一般的に使われているし、
日本語の参考書にも載っているからOKなんだ、
とは考えるな。
基本は一流雑誌に投稿できる英語。
diagnoseみたいにグレーゾーンの英語をわざわざ書くな」
ってことなんですね。

まあつまり、上記に書いたワタシが持っている日本語の参考書も、
例文に載ってるからって鵜呑みにしちゃダメです、ってことですね。

格調高き英文を書く。
なかなかムズカシイです。
やっぱりAMA、買っといて良かった・・・。
一冊頭に入れるのは到底無理ですけども、
迷った時はAMA、ということにしておこう。

diagnoseとdevelopはよく聞く例なので書きましたが、
講座ではこの他に、
「ワタシ、いつもそう書いちゃってるかも」と思わず反省してしまうような指摘、
それから、新たな学びが本当にたくさんありました。

こういうの、人によっては、
「そんな細かいことどうでもいいじゃーん。
そんなことばっかりこだわってるから、
ニッポン人の英語コミュニケーション力があがんないのよ~」
って思う人もいるかもしれませんねぇ。
でも、翻訳の勉強ってこういうことだからな。
言葉好きの人にとっては、
こういうのっておもしろいな~って思いませんか?
おもしろいよね?

うん、おもしろい。

読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

スポンサーサイト
プロフィール

komako

Author:komako
翻訳会社でオンサイト翻訳者として数年勤務した後、東京を離れたことをきっかけにフリーランスとして2013年に新しいスタートを切りました。2人の子供(6歳、4歳)の相手をしつつ、試行錯誤の毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。