スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定例トライアル。それと・・・。

おとといの夜、どうしても眠かったので「とりあえず寝て、3時半か4時に起きよう」と思って寝たのですが、2時半頃、オットの猛烈ないびきで目が覚め、あまりのうるささに眠りに戻れず…。
「あぁ、まだ寝ていたいのに」と思いながらも逃げるように寝室をでて、それから用事を済ませて、先日買った英文契約書の本を読みました。
時間がたくさんできたおかげで、超斜め読みですが一冊読み終えました。おかげで頭が整理され、契約書の仕事も無事終了。
そんなワタクシは、やはりオットに感謝すべきでしょうか・・・?

さて、恒例の定例トライアル。11月に受けた分が結果だけきました。
「B」でした。
今回は医薬を専門にしていない方でも取り組みやすい課題だったからか、
いつもより受験者が多かったような・・・(200人ちょい)。
いつものとおり、AAもAもいなかったけど、今回はBが多い気がします(40人以上)。
前回は「C」(泣)だったから、いちおうリベンジできたと言っていいのか、どうなんだ?
結果しかまだわかりませんので、講評を待つことにします。

もうひとつです。
お正月にフェローのメディカル英訳のマスターコースの課題に目を通した、
って少し前に書きましたが、あれ、一応課題を提出していました。
受講の最後の決心はまだついていなかったのですが、課題出さないと受講そのものができませんから・・・。

こちらも定例トライアルと同じ日に結果が来たのですが、とりあえず合格したので受講資格はいただきました。
こちらも評価がついていまして「B」でした。

ようするにいつも「あと一歩」ってとこなんだな、と再確認。
あと一歩、というと「もうちょい」って感じで聞こえが良いですが、
「あと一歩」がいつまでたっても越えられず。
あとの「一歩」は巨人の一歩なり。

前に受講したマスターコースより受講人数が少なそうですが、世の中的にはやはり和訳の方が人気なのでしょうか?

でもでも・・・。提出したときは、ほぼ受講するつもりでいたのですが、
同封された1回目の課題をみて、かなり迷ってます。すごいボリュームなんです。
(8日以内ならキャンセルがききます)。
前回の経験から、そこそこのボリュームがあることはわかっていましたが、それにしても多い。
「毎日少しずつしかとれない時間でやる課題」という観点からみると、多すぎです。
迷うなら課題だすなよ、、って声が聞こえてきそうです。。。
ホントにそうですね。。。。あぁ。

前回のこの先生の講座を受けた方から、
「すごく良かったよ~。先生も華やかなオーラのある方でおもしろかった」と薦められましたし、
この講座は他の講座と違っていつでも受けられるものでもなく、
次がいつなのか(あるのか?)もわからないので、
多少無理してでも受けたいな、と思っていましたが、
「多少」の無理ですむのだろうか?

提出課題に関する先生の注意事項に、
「やっつけで課題をこなさないでね。ちゃちゃっとやっつけ仕事をして全範囲を翻訳するぐらいなら、じっくりとりくんだ部分だけを提出して」
というようなことが書かれていました。
たしかに、仕事と違って通信講座は「じっくり取り組める」ところが良いところですが、
それがちゃんとできるのだろうか。

もうひとつ、悩ましいのが最後の公開講座。
これはこのコースの一番の売りだとワタシは勝手に考えているのですが、
公開講座の予定日として、この日かこの日、と2日挙げられていたのですが、
どちらに決定しても、行けない可能性、大(泣)。
1日はお盆中なので、お盆で帰省する我が家にはつらい。
(会社のお盆休みに合わせるので、違うタイミングで行くと、休みを新たに取らなければならない)。
もう1日は、保育園行事と重なります。
来年度の行事日程なんてまだでていませんが、慣例的に間違いなくこの日です。
ワタシは来年度、ナーコのクラスで役員になることが決まっていますが、
役員がこの行事に出ない、なんてことはありえません…。

「やりたい」という気持ちだけで突っ走れるのか。
冷静に、要熟考。

読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

スポンサーサイト

compliance と adherence

「compliance」と「adherence」
どちらもお仕事では日常茶飯事的に出会います。
日本語でも「コンプライアンス」「アドヒアランス」とカタカナでも普通に使われますが、
どちらも「遵守」「服薬遵守」というところでしょうか。

半年ぐらい前だったか、職場でこの2つの違いが話題に上ったことがあります。
その時、同僚の方がNEJMの論文で以下のように書かれているのを見つけてくれました。

The word “adherence” is preferred by many health care providers, because
“compliance” suggests that the patient is passively following the doctor's
orders and that the treatment plan is not based on a therapeutic alliance or
contract established between the patient and the physician.

(出典→ http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMra050100

「なるほど、なんかadherenceの方がいい感じだね」なんて話をした記憶があります。

ワタシの仕事の範疇ですと、和訳ではどちらも頻出単語に近いですが、
なんとなく、「ほぼ同義で使われているのかな」、と思ってました。
英訳でも時々使いますが、
一度adherenceを使ったら(日本語原文もカタカナで「アドヒアランス」だったし)、
ネイティブチェックでcomplianceに直されてました。
上記の↑会話をした後のことでしたので、
「ネイティブによってもいろいろなのかしら?」と思ってました。

なんでそんなことを思い出したかといいますと、
ワタシが登録しているメルマガで、
ごくたまに配信されてくる医薬学習系のメルマガがあるのですが、
(こちらの会社のメルマガ→ http://www.mplanguage.co.jp/
大昔に講座の資料請求をしたことがあるのです。)
先日、久しぶりに配信されてきたものがこの2つの単語についてだったのです。

それによるとやはり、
「compliance」は、医者の指示どおり、受動的に黙々と指示に従うこと、であり、
「adherence」は、患者自身が服薬の必要性をきちんと理解し、主体的に従うこと、
なんだそうで、
欧米では患者の主体性が尊重されるadherenceの方が主流になりつつあるのだとか。

やっぱりここでもadherenceの方が好ましいって言ってるな~、と思ったのでした。
仕事していると、どちらかというとcomplianceの方が若干多く見かけるような気がなんとなくしていたのですが、主流は違うのですね。

complianceだと、「はいはい、わかりましたよ、ちゃんと飲めばいいんでしょ」って感じなんだろうか・・・。
そんな細かいニュアンスの違いを日本語原文から読みとるのはムズカシイけど、
今度英訳する時は意識してadherenceを使ってみることにしよう、
と思ったのでした。
(でも、やっぱりネイティブチェックで直されるんだろうか・・・?)

読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今年初の更新でございます。

お正月も終わりましたね。
ワタシは本日から出勤しております。
お正月が終わった・・・といっても、
オットの実家への帰省がまだ残っておりますが(週末の3連休で帰ります)、
このオット実家への帰省を年明けの3連休にしてもらったことで、
だいぶ年末年始休暇を理想的に過ごすことができました。
(理想的っていったって、そんなに立派な過ごし方したワケじゃありませんけど)。

あぁ、来年からもオット宅への帰省は3連休ってことで定着させたい、
と狙っている嫁でございます。
(別に行きたくないわけじゃ全然ないですよ。
「3連休に」行きたいのです、3連休に。遠方だから最低2泊はしないと
スケジュール的に厳しいですし・・・)

1年の最初ですのでいろいろ目標を考えてみるわけですが、
目標立てるのが好きなワタクシも、
正直、今年はあんまり具体的な目標が思いつきません。
プライベート(家事とか育児とか)ではいくつか考えましたが、
まあ、それは公表するほど立派なものでもないので省略しときます(笑)。

お仕事ですが、
仕事は、目の前のお仕事を丁寧に確実にこなす、
これにつきます。
フィードバックされたものをもっと深く読み込んで見直したいのですが、
勤務中だとこの時間がなかなかとれず・・・。
このあたりをなんとか改善していきたいとは思っています。

それから勉強。
先月だらだらモードで全く勉強してませんでしたが、
めでたく無事再開。
まずは今の通信講座をなんとか3月までには終了したいと思います。

でも、「終了」とはいっても、
この講座、きちんとつっこんでやろうとすると本当に時間がかかるので、
とりあえず課題の提出は3月までに終了したいと思いますが、
その後も復習の意味もこめて、今年いっぱいは
この講座を軸に勉強を進めていこうかなと思っています。

そうはいっても、ワタクシのことですから、
いろいろ目移りしてやりたくなっちゃうだろうと思いますが・・・。
「あまり浮気しない」でじっくりやろう、
お金かけて講座とかやるのはこれでおしまい、とか思ったものの、
「これはイイ(はず)!」と思ったものは、
やっぱり気にせず貪欲に取り組んでみようかな~、とか思ったりもしています。
(→コロコロ気が変わりすぎ。)
もちろん、財布と相談してから、ですけども・・・。

そんなワタクシですから、
ちょっと前にブログにも書きましたが、
この休暇中、気になっていたフェローのマスターコースの英訳の選抜課題に
目を通してみました。

この課題、正直、難しかったです。
普通にサクサク訳していくと、同じような表現ばっかり続いてしまって、
手持ちの表現のネタ(?)が少なすぎだわ、と思いました。
(もちろん、同義語辞典だネットだと検索すれば、
それなりに違う表現はすぐ見つけられるのですが)。

原文である日本語にも若干難ありと個人的には感じたのですが、
(主語に対する述語[述部]がおかしくないか?とか)、
このように原文の意味がとりづらい時、専門知識がないとやっぱりキツイな~、
と痛感しました。
そんなことでまだまだ修行が足りないな、としみじみ感じた課題でした。

毎年「本棚に積まれたままになっている本を読む」という目標を掲げていますが、
今年もたぶん、これは無理でしょう。
早くも諦めモードですが、
本に関しては、その都度その都度、
必要なものを消化できればそれで良し、とします。
全部読む切れるのは数年先になるのか?。

そんなことで、今年一年、精進したいと思います。

読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

プロフィール

komako

Author:komako
翻訳会社でオンサイト翻訳者として数年勤務した後、東京を離れたことをきっかけにフリーランスとして2013年に新しいスタートを切りました。2人の子供(6歳、4歳)の相手をしつつ、試行錯誤の毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。