スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あぁ、息子よ・・・。

本当は読んだ本のこと書こうと思ってたんですが、
その前にうちのアホンダラ息子のことを書かせてくださいまし・・・。

昨日の夜、お風呂に入って、「さぁ、あとはもう寝るだけ」となった頃。
ドライヤーで髪を乾かしてからリビングに戻ると、
めずらしく早く帰宅していたオットのとなりでK太郎が泣いていました。

聞くと「遊んでいた豆(煮る前の固い状態の黒豆)を鼻に突っ込んでしまって、とれなくなって痛くて泣いてる」とか。

・・・・まったくもー、何やってるんだか、と思いつつ、
何度か鼻をかませてみたのですが、まったく出てくる気配なし。
オットはわりと「そのうち出てくるでしょ」的な感じでのんきにしてたのですが、
(確かに緊急性がないことは明らかなのですが)
ワタシはちょっといや~な予感がしまして。

アホンダラな息子にはこれまたおマヌケな親族がいるもので、
ワタシの身内には、かつて鼻にピーナッツを入れてとれなくなってしまい、
大騒ぎになった子どもがいるのですが、
その話を聞いたとき、「鼻の異物による窒息リスク」というのを聞いていたので、
はたしてこのまま横にして寝かして、明日受診でいいのかどうか、
ふと、考えました。

そんなことでとりあえず病院に聞いてみよう、ということで病院にTEL。
喘息持ちのK太郎は過去3回夜間救急のお世話になっていますので、
いつも行く病院に電話したのですが、
こういうのは小児科ではなく耳鼻科の範疇になるけど、
耳鼻科の先生が現在対応不可能、ってことでいつもの病院には行けず・・・。

結局それからいろいろ電話して聞いたあげく、
うちからかなり離れたところの大学病院で「OK」と言われて受診しに行きました。

電話した時、対応した看護師さんから、
「のどに落下して窒息することがあるから病院に到着するまで絶対に目を離してはいけない。万が一の場合(窒息しかけた場合)の応急処置法を知っているか?」と確認されました。
「なるほど、そういう患者さんは多いのだな」と思ったり、
「あぁ、たかが鼻の異物でも、やっぱり軽くみちゃいけないのだな」と思ったりしながら、どうにかこうにか到着。

対応してくださったのは結局耳鼻科ではなく救急医の若い先生でしたが、
結構奥の方にまで詰め込んでしまっていたようで(まったくも-)、
なかなかとれず、途中、先輩と思われるお医者様に交替。
大騒ぎの末、無事とれました。
病院到着が夜の9時40分。家に帰宅したのは0時前でした。

ほんっとうに、子どもって何するかわかりませんね。
そもそも、なんで黒豆だったかといいますとね。
またワタシのしつけのいたらなさを露呈するような話ですが、
うちのK太郎は少々ぶきっちょさんで、なかなかお箸を上手に使えるようにならず、
長い間エジソンのお箸で食べてたのですが、
(ワタシが普通のお箸に切り替えるのが面倒だった、というのもあります、はい。)、
ここ数ヶ月でようやく普通のお箸をまともに使えるようになったので、
昨日は「だいぶ上手になったし、お箸で豆つかみ競争でもしよっか」ということになり、
K太郎とワタシ(左手で)とナーコ(ピンセットで)の3人で、
和やかに豆つかみ競争して遊んでたのですよ。

それが、意外と楽しかったらしく、
お風呂の時間になったから片付けようとした時、
「またやりたいから、しまわないでね」と言われ、
まあ、ナーコももう誤飲の心配がないからいっか~と思って、
おもちゃのお皿に入れたまま、その辺に置いておいたのです。

・・・まさかナーコじゃなくて兄ちゃんが。
しかも口じゃなくて鼻かよ、って感じですよ。

まったく人騒がせなやつですが、相当懲りたようです。当たり前ですね。

それにしても、初めていった病院の救急でしたが昨日はいろんな人がいました。
赤ちゃんが救急車で運ばれてきたらしく、ただただ泣いているそのお母さん。
「救急車で来たのにもう何時間もまたされてるよ、どうなってんの」と毒づく男性。
「保険証は?」と聞かれて、「ないよ、生活保護受けててさ」とつぶやく不思議な格好をした男性。

夜間救急というのはワタシにとっては非日常の空間ですが、
世の中本当にいろんなことが起きるなぁ、
なにはともあれ、ふつうの日常を送れることはありがたいよ、
と、ぼんやりER待合室で思ったのでした。

・・・鼻の異物はもうごめんですけどね。

読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

スポンサーサイト

「ずっこけ分詞」にずっこけて課題1を提出

この週末にマスターコースの1回目の課題を提出しました。
最後の確認をしながら、ふと文法的なことが1か所気になって、
うちにある文法書をひっぱりだして調べ物。
そこからさらに懸垂分詞の項目を読みたくなって目次をみたら載ってない。

「あれ、載ってないとかアリなの?」と思って分詞構文のページをざざっと読んでみると、私が「懸垂分詞」として理解していた分詞が「ずっこけ分詞」として記載されてました。

「ずっこけ分詞ねぇ・・・。」
ちゃんと項目として成り立っているってことは「ずっこけ分詞」というのはちゃんと市民権を得ている用語なんでしょうか?
Googleで調べてみると確かにヒットします。
でもそれは、この文法書を執筆された江川泰一郎氏はこう命名している、的な言及でよく見かけるのですが…。

えぇ、うちにある文法書は「英文法解説」(江川泰一郎著)です。

51n0mz4hvyl__sl500_aa300_

よく知られた本ですね。だからここで書かれている「ずっこけ分詞」っていうのもたくさんヒットするんでしょうかね。

文法書を選ぶとき、もうひとつ有名な「ロイヤル英文法」と悩みましたが、
こちらを選びました(選んだ理由は覚えていません)。
そもそも中身も確認しないでアマゾンで買ってますから。
本当に博打的な買い物が多いよなぁ。
なかなか確認できる機会(→本屋に行く機会)がないからしょうがないけど。

そんなことで「ずっこけ分詞」に新鮮な感動を覚えながら、課題提出。
2回目の課題も届いています。
といっても、1回目と2回目で論文1本を仕上げるので、
2回目の課題は、「1回目の課題として指定された範囲以外すべて」、ですので、
1回目の課題が来たのと同時に2回目の課題箇所もわかっていたのですけど。
(論文は全文届いてましたので。)

考えてみると、1回目の課題に取り組める期間はぴったり1ヶ月間でしたが、
2回目以降は毎月9日に課題が発送され、翌月の17日が締め切りですので、
1か月以上の期間が与えられているのですね。
なので、最初に心配したほど厳しいスケジュールにはならないような気がしてきました。
(まあ、わかんないけど・・・。)

1回目はかなり早くに取り組んで早くに終了させて、それからサンフレアの課題をやりましたが、2回目以降もこんな感じで進めるのがいいかな。
両方同時平行には進められないので。
マスタコースの課題が来たら、とにかくこちらに着手してなるべく早めに終わらせる。
で、サンフレアの課題をやって、
進んでも進まなくても、次のマスターコースの課題がきたらそこで切り上げて、
またマスターコースにうつる、というのがベストな気がしてきました。

そんなことで、さっそく2回目の課題に進みます。
課題の翻訳は、1回目が論文の前半半分、2回目が後半の半分というように分かれているのではないです。
この講座の先生は論文を訳す時、頭から訳しているのではなく、
先生独自の順番で訳していらっしゃるそうなのですが、
課題も、この先生の訳す順番に従って、「先生がいつも先に訳しているところが1回目」「残りが2回目」となっています。

ワタシ的には2回目の指定箇所の方がかなり苦手な部分となってます。
なので、今回はもっと時間かかるかも・・・です。

さて、がんばろ~。

読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

プロフィール

komako

Author:komako
翻訳会社でオンサイト翻訳者として数年勤務した後、東京を離れたことをきっかけにフリーランスとして2013年に新しいスタートを切りました。2人の子供(6歳、4歳)の相手をしつつ、試行錯誤の毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。