スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏のセミナー&体の地図を書く

サンフレアで、「夏を乗り切る!・・・(以下忘れました)」という受験生のようなタイトルのセミナーが来月あるのですが、ワタクシ、この講座に申し込んでいました。
午前、午後と複数の講座が開講される予定で、「申し込み多数の場合は抽選」などと書いてあったもんだから、「じゃあ、はずれるかもしれないしね」と思って3講座申し込んだら、全部受講できることになりました。
それほどすごい競争率じゃなかったってことかしら?
大体、ワタシは自他共に認める「宣伝文句に弱いヒト」なのだ。

何にしても全部受けたかった講座には違いないのでラッキーです。
この日は1日、オットにお留守番をお願いして、朝から夕方までしっかり学んでこようと思います。




さて、先日、図書館からこんな本を借りて読んでしまいました。

トリセツ・カラダトリセツ・カラダ
(2009/11/06)
海堂 尊

商品詳細を見る



海堂尊さんの本です。
カラダの構造に関する本ですが、
「医者になりたいと思うヒトは、中学生の頃にこれぐらいは知っておくべし」と書いてありますので、
本の内容のレベルについては推して知るべし、という感じなのですが、
なんとなく、ぱらぱらっとめくって、ゆるーいイラストに惹かれて借りてしまいました。

「カラダの地図(構造。どの臓器がどこにあるか、とか)を書いてみなさい」というところから始まるのですが、そう言われてみますと、意外に「脾臓ってどの辺だったっけ?」とかなり曖昧にしか理解していないことがわかります。
あと、正面からみた平面上のカラダの構造はよく目にしている気がしますが、
「立体的に」となると「背側に何があって腹側には・・・うーん」と、これもまたあまり理解できてないもんだな、と思いました。
人体の3D、とかいろいろネット上で探せばあるのでしょうが、
ワタクシの参照先はこちら↓

https://www.biodigitalhuman.com/default.html

本の内容は至極簡単なものでしたが、1晩で読めるので息抜き程度には楽しいかも。
構造の説明のあとは、ちゃんとAi(オートプシーイメージング)にも触れていらっしゃいました。
海堂さんといえばAiって印象がありますね(ワタシは、、、ですが)。


体というのは、恒常性を維持するためにイロイロがんばって機能しているんです、的なことが書いてありましたが、次の積ん読本はこの「恒常性」に関する本です。
・・・なんだか時間かかりそうだ。



読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ






スポンサーサイト

【積ん読本解消】「技術英語の冠詞活用入門」


例文詳解 技術英語の冠詞活用入門例文詳解 技術英語の冠詞活用入門
(2000/06)
原田 豊太郎

商品詳細を見る



「例文詳解 技術英語の冠詞活用入門」を通読しました。
この本は、そうですねぇ、、半年ぐらい積まれたままになっていたでしょうか…。

冠詞の用法について、基本的な規則を4つ挙げ、
この4つの規則に基づいて解説を試みた本です。
本の後半はこの規則があてはまらない不規則な用法も取りあげています。

基本的な部分は、先日読んだ「aとtheの底力」と同様だと思いますが、
とにかく技術英語のみに焦点を当てているので、
医薬分野の英語とかなり近い表現が多く、ずっと実用的です。

とはいえ、著者も途中で「簡単に解説しようと試みたつもりが、
書き進むほどに複雑怪奇な様相を呈してしまった…」的なことを書いておられるのですが、
後半に入ってきますと、なんだか「こんな使われ方もあるし、あんな使われ方も…」とあちこち飛んでしまい、ついていくのに苦労しました。
やっぱり冠詞は難しいのだ、と再認識。
でも、「ここではこういう理由でa(the、無冠詞)を使うのだ」というはっきりとした根拠に基づいて冠詞を選択することがもうちょっとできるようになるかな、という感じがしました。

まあ、しかし難しいですね。本当に。



このまま、英語の語法・技法的な本を読み続けようかとも思いましたが、
今度はちょっと違うのにしようかな(なにしろ、選択肢はいっぱいあるんで…)。
当たり前ですが、やっぱり本は積んどいたらいけませんね。

本の専門度が高ければ高いほど、読むのに時間もかかるし、
理解できたようでできてない部分も多くなります。
本当は、読んだ本の内容がすべて頭の中に残ってくれればいいのですが、
ワタシの貧弱な頭ではなかなかそれは厳しい。
でも、しんどくても通読しておくことで、
「この本のここに、こんなことが書いてあったはず」と認識できますし、
どこにどの内容があったかを把握しておけば、あとですぐ参照することもできますしね。
頭の中に残らなくても、「必要な情報がどこにあるのか」をはっきりさせておくことは大事だと、そんな当たり前すぎることをあらためて痛感している日々でございます。

そんなことで、あちこちぺたぺた付箋だけはって、「ココはこの話よ」っていうマーキング(?)だけはやっときました。
本も電子化の時代ですから、もっと効率の良い方法があるのでしょうが、
当面、このアナログスタイルでなんとかなる、、はず、、、。

ということで次の本に進みたいと思います。
びっくりするほど基本的な本がまだまだ待ってます…。


読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ



愛のある仕事

調べ物から派生して、そこからだらだらネットサーフィンしてましたら、
ISSのサイト内の「通訳翻訳トレンド情報」なるところにたどりつき、
まただらだらと読んでしまいました。

連載ものでして、読んだことある方も多いのかもしれませんが、
あちこち「ふむふむ」と思いながら読んでいました。

その中で「訳文に愛をこめること」という文章に出会いまして・・・。


「思いやりを持って訳す」「相手の立場に立つ」等々、いろいろあったのですが・・・。
つくづく、「これ、なかなかできてないなぁ」、と思いました。

先日、マスターコースの4回目の添削済み課題が返却されてきたのですが、
この回は唯一の和訳でして、患者さん向けの文章でした。
ワタシもやりながら「患者さん向け」であることを相当意識して書いたつもりですが、
添削済みのものを見ると、「これじゃ、患者さんにはわからないだろう」と思われる箇所がいくつも・・・。

例えば、「待機的手術」とか「実薬」とか、
日常の業務ではごくごく普通に使用する語で、あまり「専門用語」という感覚もなくなっている用語ですが、
冷静に考えてみると、この仕事を始める前のワタシにこの用語を見せても、きっと正しくは理解できなかっただろうと思うのです。
「待機的」は漢字からおおよその意味は推測できるでしょうが、
「実薬」は「正確にその意味がわかる」ということはなかったでしょう。
そういうことに気がつかず、さらっと「実薬」とか書いてしまったあたり、
「愛がないなぁ」と思うのです。

これは誰のための仕事なのか?(まあ、仕事じゃなかったけども)。
誰が読むものなのか?
そんな根本的なことが抜けてしまうっていうのは、まだまだ余裕がないのでしょうかねぇ。

翻訳に限った話じゃないですが、
「愛のない仕事」はダメです。いかんですね。


さて、マスターコースも最後1回の課題を残すのみです。
あっという間ですね。本当に・・・。
がんばろっと。

----------------------------------------------------------

以下、プライベートの話。
先週、なぜか急にオットから「ねえ、ピアノのコンサート見に行きたい?
行きたいならチケット買ってあげる」と、
「何が起きたんだ!?」と思われる発言がありまして・・・。
で、ありがたく申し出を受けまして、
金曜日にオットが保育園に迎えに行ってくれることになり、
仕事後に一人でピアノのコンサートに行く機会を得ました。
うーーーん。なんでだろ?なんかあるのかな?
まあ、余計なことは考えず、楽しんできましたよ。

ワタシは以前、アートマネージメントなるものを勉強していたことがあり、
その後、音楽の世界のはじっこの方でお仕事をしていた時期があります。
この時期に、都内近郊のコンサートホールにいろいろ行かせてもらい、
コンサートもたくさん聴きました。
でも転職後は忙しくて全然行ってないので、もう何年ぶりのできごとか,,,って感じでした。
ほんとに贅沢な時間でしたよ。
最後はリストの「メフィストワルツ」だったのですが、
中学生の頃、「これが弾けるようになるまでピアノはやめない」、と無謀なことを思っていた自分を思い出しました。もちろん、難曲中の難曲ゆえ、当然弾けるようになんかなってませんけどね。

ワタシは5歳から18歳までの13年間、ピアノをならっていました。
いくつか習い事はしていたけれど、唯一長続きしたお稽古事です。
ピアノを習ったから・・・、かどうかはわかりませんが、
音楽(クラシック)好きに育ちまして、中学高校でフルートとか打楽器をやり、
大人になってバイオリンを習いました(これも転職のため1年でやめましたが。でもこれは必ず再開するつもり)。

スポーツとは無縁の人生ですが、音楽に出会って、
「人生を豊かにする術(オーバーですが)」をひとつ持ち得たような気がします。
これから、子どもたちは習い事年齢にさしかかりますが、
どんなことでもいいのですが、
何か一つでもいいから一生を通じて楽しむことのできる、日々の生活を豊かにすることができるようなものに出会えたらいいなあ、と勝手な理想を抱いております。

ま、でも正直、男の子の習い事はあんまりよくわかりませんわ・・・。
女子ナーコにはいろいろ親の野望はあるのですが(笑)。

現時点でのワタシの野望としましては、
数年後に、ワタシとナーコ、二人一緒にお稽古してくれるバイオリンの先生を探すことでございます。
親のエゴ、まるだしです。



読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

【積ん読本解消】「aとtheの底力」

自分ができていないことを「できないよぅ」とくよくよ悩むよりも、
「できていないポイント」を明確にし、それを解消するにはどうしたらいいかを考えていくことのほうが時間を有効に使えます。

…そういうわけで、私がどれだけ本棚に読んでいない本を置いているか、
(というかどれだけ本を読んでないか)、
ということを白日の下にさらすことで問題点と向き合い(すごい気合い入ってますね)、ひとつずつ解消していこうかと思います。
その意思表示としてタイトルに【積ん読本解消】とついてます。
いつまで続くかな…。
そんな本、まだ読んでなかったのですか、というつっこみポイント満載になるかもしれませんが、
人間、恥をさらすことで多少なりとも成長できるものです(そのはずです…)。
でも、「これからこの本読みます」と書いてしまうと、
「結果的に読み終わらなかったわ」ということもあり得ますので、
ちゃんと読み終わった本だけ載せていくことにします。



ということで、通勤中に1冊、読み終えました。

「aとtheの底力

51oqFxJXOWL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_



たぶんどなたかのブログで紹介されていて、
おもしろそうだな、と思ってamazonでポチッと買ってそのままになっていた本だと思います。
いろんな方のご紹介を参考にさせていただいてます。
ありがとうございます…。

冠詞というのは和訳でも大事ですけれども、
特に英訳をやる方にとっては悩ましいポイントではなかろうか、と思います。
私はよほど小さな案件でないかぎり、
ネイティブチェックを受けたフィードバックを確認できる環境にありますが、
冠詞のチェックがひとつも入っていないことってあまりありません(残念ながら)。
修正されることが多いものの順に、
冠詞→名詞の単複→前置詞→その他、でしょうか。
それぐらい、私にとって冠詞というものはハードルの高いものです。


文法書などでは、
aはこういう場面に使う、theはこういう場面で。
こういう時は冠詞なし、
aをつけたりつけなかったりする単語もありますよ、
というような説明が多く、「どうすりゃいいんでしょうか」ということが多いです。
でも、そもそも冠詞を理解するには、
「こういう時はこう」、「この場合はこう」、ではなく、
それぞれの持つ本質的な性格(?)に関する理解をもうちょい深めないことにはどうにもなりませんね。

そういう意味で、この本は、
「aは形あるもののリンカクを描く」
「theは他のモノと区別する、話し手同士の了解が得られている」という基本事項に基づいて、この観点からいろいろなケースを解説しようと試みているものでして、
非常にわかりやすいです。
そもそも、英語の名詞なんていうのは実に不完全なものでして、
「a」や「the」や「無冠詞」とセットにならなければ、
著者の言わんとすることは伝えられない、ぐらいに考えた方がよいですね。
「無冠詞」とセットになる、というところもポイント。
冠詞がついてない、というより、あえて「無冠詞」がついてる(へりくつっぽいが)という発想をすることでその名詞に具体的な意味を持たせるわけです。
たしかマーク・ピーターセンが、
「名詞にどの冠詞をつけるかという発想が間違い。
冠詞に名詞がつくぐらいに考えるべき」的なことを著書で書かれていたような記憶がかすかにあります。
(「日本人の英語」読んだのはもう大昔なので、正確な記憶ではありませんが)。

日本人にとってはとても難しい冠詞ですが、
冠詞について多少勉強しますと、英語ネイティブとの物事のとらえ方の違い、
ひいては文化的背景の違いまで感じ取ることができて非常に奥が深く、おもしろいなあと思います。

しかし、これ1冊で冠詞は完璧とは当然いきません。
実務分野で英訳をするには、もう少し、つっこんでいきたいところ。
ということで、引き続き、冠詞に関する積ん読本を解消します。
宣言どおり読み終わったら書きますが、
その前に、ちょっと関係ない本読みたいので、その次にね~。
(といってやっぱり先送りされていく…)。


読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

IEでひらがなが入力できなくなる件について

今朝、保育園の役員の仕事で保護者の方向けの書類を作成していたのですが、
(今年も役員です。うちの保育園の保護者の会は「父母会」という名前です)
できた書類を確認していましたら、「父母会」と入力したつもりが「愚母会」になっていて、「あぁ、まずいまずい」と焦りました。
そんなワタシみたいな人の集まりはやだよネー。
(入会してみたい気もするが)


さて、タイトルの件。
自宅のPCにATOKを入れて以来、用語の変換にストレスはなくなったものの、
いくつか謎の現象、というか不愉快な現象が発生しています。

その筆頭が、「IEに何かを入力しているとき、
突然、ひらがなが入力できなくなる」という現象です。
ATOKのせいかどうかわかりませんが、ATOKを入れる前には起きなかった現象です。

ネットでお買い物したり何かの申し込みをしている途中で一瞬フリーズして、
その後、ひらがなが入力できなくなるのです。
半角キーを押したり、いろいろやってみてもまったく効果なし。
何をやっても半角英数字しか入力できず
いつもいつも「あーもー、ここまで入力したのにー」という感じで、
かなりイライラする現象です。
(WordやTextファイルでは起きません。)

ATOKがいけないのか、と思いつつMS-IMEに切り替えてみても状況は変わらず。
こんなこと前は起きなかったのになぁ、やっぱりワタシのPCが貧弱なせいか?

と思ってネットで調べてみますと同様のストレスを抱えたことのある方は他にもいるようです。
なんだかいろいろ解決法がかいてありましたが、
いまだ、ワタシの問題は解決せず。

なんでかなぁ。
結局よくわからないまま、最近はGoogle Chromeにお世話になっています。
不思議なことにGoogle Chromeではこんな不愉快な現象はおきませぬ。
IEとの相性が悪いのかな?

Google Chrome、すいすいと高速で快適ですね。
Firefoxとかいろいろあるけど、他のはどうなんだろうか?
このままIEを使わなくなって何か不都合なことは生じるのだろうか?


・・・そうなんです。
何度も書いていますが、ワタシはこの手のPCネタに非常に弱い。
なんとかしたい、、、とも思うのですが、
そもそもどこから手をつけたらいいかしら?ってレベルで・・・。

でも所詮PCなんていうのはツールですから、
自分が不具合や不便を感じるところや、もっと便利になったらいいなぁというニーズを探して、ちょっとずつ学んでいったらいいかな。

PCスキルがあれば優秀な翻訳者になれる、というわけではないけど、
少なくとも優秀な翻訳者さんは皆、PCについてもとてもお詳しい、と思うわけです。

ひそかにPCネタ苦手、っていう人もいるのじゃないかしら。
ワタシレベルの人がどれだけいろいろなツールを使いこなせるようになれるか、
その過程をブログに書いてみたいと思うのですが、
かなりお約束できそうにないネタでもあるので、意気込みだけはあるのよ、、、、
ってことにします。



読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ









お引っ越ししてきました

ココログからブログを引っ越してきました。

もともとniftyユーザーだったという理由だけでココログでブログを書いていたのですが、ブログを始めてすぐ「違うところにすればよかったな~」と実は思っていました。
でも、それほどブログに注力していたわけでもないし、
余力もなかったのでダラダラと書き続けてきていたのですが…。


先日、サンフレアの最終課題を提出し、ひとつ通信添削を終え
(まだ添削されてきていませんが)、
マスターコースも、5回目の課題をほぼほぼ終えており、あとは最終課題のみ、
というところまで来て少し余力がでてきたので、
ずっと考えていたブログの整理をすることにしました。

整理っていうほど立派なものでもないですけどね…。
過去記事は少し(だいぶ?)削除して、カテゴリー別にまとめ直しました。
そんなに過去記事を読む方もいないでしょうが、私の気持ちの問題で(笑)。


通信講座生活が終わりに近づき、いろいろと考えることがあります。
なんというか「心機一転」というか、なんだか新しくいろいろやっていこうと気分が盛り上がっております。(もう通信講座には手を出しませんが。)

「心機一転」気分については追々書いていこうと思いますが、
とりあえず、なんとなく区切りをつけたい気分にかられ、ブログも引っ越しました。
アメブロかFC2かで迷いましたが、いろいろ考えてFC2へやってきました。

新しいブログに私自身がなれていないので読みづらいところもあるかもしれませんが、
慣れるまでご容赦くださいませ。

それと、これまで「にゃん」っていうネコみたいな(ネコだよね)名前で書いてきましたが、これも改名(笑)しました。

改名も、思うところあって…です。
でも新しい名前はそんなに気合いいれて決めたわけではないですが。
komakoという名前、リアルな私を知っている方にはまあ由来がわかるけど、
っていう程度の意味ぐらいしかないのですが、
とりあえず、呼びやすそうな名前で変えてみました。

そんなことで、気分も新たにぼちぼち書いていこうかと思います。


読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ




プロフィール

komako

Author:komako
翻訳会社でオンサイト翻訳者として数年勤務した後、東京を離れたことをきっかけにフリーランスとして2013年に新しいスタートを切りました。2人の子供(6歳、4歳)の相手をしつつ、試行錯誤の毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。