スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏のセミナーに行ってきた

勝手に「夏のセミナー」呼ばわりしていますけれども、
以前にも書いたサンフレアのセミナーに行ってまいりました。


前から1度受講したいと思いつつ、「日程あわない」とか「もういっぱいになってる」とかで、なかなか参加できずにいた「みんなのワードマクロ」の新田さんの講座。
それから医学翻訳の講座。そしてSNSの講座。
いろいろ詰め込んで、脳がいい具合につかれました。

マクロは仕事でほんの少しだけ使っていますが、「わたし使いこなしてます」というほどのレベルではありませんでしたので、初心者向け(だったと思っている)レベルで助かりました(笑)。
ツールがらみのことは、これからもっといろいろ身につけていきたいと思いつつ、
あまりツールの勉強(?)そのものに時間をかけたくない(自分にあうツールが何か、判断できて効率化が図れればそれでよいので。勉強時間には普通の勉強したい)という気持ちもあるワタシにはぴったりでした。
ご紹介いただいたマクロをいろいろ試してみるのがちょっと楽しみ(レベル低すぎでスミマセン)。

SNSは私にとっては今後の課題ってところでしょうか…。
Twitterは2年ぐらい前、Facebookは半年ぐらい前にアカウントをとっていますけども、な~~~~んにもしてませんでしたので(Twitterは一言も発してないし、Facebookには何も書かれてません…)。
とりあえず、課題をいただきましたのでやってみようかとは思っていますが、
いつになるかしら。
そして、この講座でもでた「自分の売り」とは何だろう、としみじみ考えています。
「翻訳×医薬」だけじゃあ他の人との差別化が図れませんもんねぇ…うーん。
医薬翻訳やっている人、勉強中の人って、ブログの数だけでも相当ありますし。

医薬翻訳の講座は、
ずっと私の通信講座の課題を添削してくださっていた先生でした。
もっと厳しそうな先生かと勝手に思っていたら、
ものすご~く穏やかな先生でびっくり。
先生のお話もよかったですが、課題内容(事前課題があった)そのものが何といってもよかった。
よく見かける文章でしたが、「迷いどころ(いつも自分が「これでいいかな~」と迷うところ)」がいい具合にちりばめられていたので、今回、先生の話を聞けて、とてもすっきりしました。


何人か講座でお話させていただいた方がいますが、
みなさん、九州とか遠くから来ていてこれまたびっくり。

セミナーで午前午後と時間を使うことはあまりないので(大抵、数時間だけのことが多い)、1日中勉強できて満足です。
これをちゃんと生かさないとですね。


…ということで、1日まるまる外出していた罪滅ぼしに、
今日は、ちび連れでまた1日外出。
こういう週末は家の中が片付かなくていかんですよ…。まあ、たまにはいいか。


----------------------------------------------------------

20120720061235_convert_20120723041245.jpg


4月末に種をまいたベランダのひまわりが咲きました。
うちのベランダはとっても狭いので、威圧感アリアリです。
(私の身長も超えてますしね。毎朝見下ろされてます…。)
このひまわりの種は、
K太郎が、昨年の年長さん(今の1年生)から卒園時にいただいたものです。
種をくれた子の小学校生活はどんなかしら?
楽しく小学校生活を送れているといいな。

ひまわり以外にもミニトマトも今年は花をたくさんつけました。
(去年はなぜか咲かなかったよねぇ)。

しかし、ひまわりもミニトマトも種はあんなに小さいのにねぇ。
ミニトマトの種なんて、くしゃみして飛んでったらわかんなくなっちゃうじゃん、っていうぐらいですもんね。
あんなに小さいのに、とりあえずちゃんと手をかけてやればこんなに大きくなって花を開くのですね。

花も育児も勉強も仕事も、まずは種をまき、丁寧に手をかけるのだわ、
とベランダでしみじみいたしました。



読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ



スポンサーサイト

最後の課題を出して…。

先日、マスターコースの最後の課題を提出しました。
初回の課題が届いた時、「こりゃ無理かも~」と思ってから半年、
終わってみればあっという間でした。
(まだ最後の課題の添削済み課題が戻ってきてないので、
正確には終わってないですが)
ちび達が体調崩したり、
早起きにナーコがついてきたり、とおきまりの(?)出来事により
スムーズに進まないこともあるといえばありましたけども、
まあ、なんとかなるもんですね。

振り返ってみますと、
これまでいろいろ通信講座なるものにずいぶんお金使いましたよ(笑)。
最後は、ほぼ趣味化しているんじゃないかって感じでした。

「仕事をすることが一番の勉強になる」とよく言われますが、
それはそれで「その通り!」と思うのですけれども、
ワタシは「きちんと勉強した」という時期がないまま、
今の会社で働き初めてしまったため(それはそれでラッキーだったのですが)、
いつも「基本となる何か」が欠落しているような感覚を持っていました。
仕事はもちろん、初心者のワタシにとってものすごく勉強になりましたし(今でもなっています)、
実際の仕事でしかわからないようなことも教えていただけたと思っています。
でもやっぱり仕事を開始する前、または仕事と同時並行でもいいのでしょうけど、
「納期だのスピードだのにとらわれず、じっくり、がっつり集中して勉強する時期」って必要なんじゃないかなぁ、という気がしています。それが数か月で済むのか、数年かかるのかは人それぞれでしょうが。

そういう時期を経ていなかったワタシは、
「基盤となる力」不足みたいなものを払拭したいような気持から、いろいろ手を出していたような気がします。
で、その「基盤となる力」が手に入ったのかどうか、、、、どうでしょうね~(笑)。

まあでもこれで、「きちんと勉強してないし」的な言い訳もさすがにできませんね(当たり前)。
最後の方は、ただ単に「好きでやってた」感じの通信講座ですけども、
これからはお金も違うところに使いたいですから、通信講座は卒業ですかね。
よほど、おもしろそうなものがあれば別ですが。
どんなことからも学べることはあると思うので、受講したらしたで学べることはあるわけですが、とはいえ、これ以上通信講座を受講してもそれほど劇的な変化が得られるとももう思えませんので。
あとは、自分なりに好きにやっていこうと。
本も読まないといけないし。
あ、セミナーとかは家庭の事情が許す限り、参加してみたいですね。

まあ何はともあれ、復習を終えないとですね。


----------------------------------------

世の中は3連休でしたが、我が家は連休に2日間休みを追加しまして5連休でした。
今年もまた、世の中が夏休み時期に入る前に夏休みを取っていました。

昨年は沖縄の海でしたが、今年はキャンプです、キャンプ。
基本的にワタシはインドアな人間なんであまりキャンプとか得意じゃないのですけどね。
お天気はイマイチでしたが、致命的に悪かったわけでもなく。

まあ、しかし、
「自然に親しむ」だけが目標ならおチビさんでも十分楽しめますが、
「わざわざ不便な生活?を体験し、自分で食事の用意をしたりすることを学ぶ」という高い目標に対しては、我が家の子どもたちはちょいと小さすぎですね。
楽しそうだったからまあよかったですけども。

しかし、子ども達の虫さされ対策に気をとられ、自分のことを忘れていたワタクシ、
ブヨ?と思われる虫にいつの間にか刺されていまして、
これが、ものすごくひどいことに…。
直径5cmぐらいの範囲がすごく腫れていて、
一時はあまりの痛さに歩くのも困難なぐらいでした…。

虫を甘くみてはいけませんね(特に山の中では)…。


読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ


手首が痛い、目が痛い

翻訳者さんって1日何時間ぐらいPCに向かっているのかな。

といっても、家事、育児、介護などもなく、ひたすら翻訳だけに専念している人もいれば、兼業翻訳者さんもいるでしょうしね・・・。
お一人ずつを見ても、「今日は手持ちの仕事がないわ」という日もあれば、「今日は寝る時間削らなきゃ~」という日もあるでしょうから、1日何時間、って質問は愚問かもしれませんが。


その点、出勤する翻訳者で、
「残業も持ち帰り仕事もできない翻訳者」であるワタシは、
仕事でPCに向かっている時間は1日約7時間と一定しています。
自宅でもPCに向かいますが、大体1~2時間ってところでしょうか。
翻訳者としてこの時間が多いか少ないかはわかりませんが、一般の方と比較したら長い方なのかな・・・。

何って、最近ですね、手首は痛いし、眼は痛いし、で・・・。
手首は激痛ではありませんが、10日ほど前から両手首が同じように「重たいような痛いような」感じなのですよね。
衝撃を加えた覚えもないし、運動もしていないので、
これはもしやPCの使いすぎ(もしくは使い方が悪い)とか?、とふと思ったのです。
ワタシはリストレストとかその手のものを一切使っていなかったのですが、急遽購入してみました。少しは改善するかなぁ。
そういえば、以前は先輩からお借りしていたキーボード(東プレのRealforce)を使用していましたが、最近はずっと会社支給のものを使っています(→ちょっと使いにくい)。こういうのも関係しているのでしょうか。

眼は、もう長時間作業ですから多少はしょうがないと思っているのですが・・・。
最近多くの方のブログでPC用メガネの話を拝見しますが、
先日、朝日新聞で青色光の話を読み、「ワタシも買うわ」と決断。
先週末にJINSの店舗で買ってきました。
まだ使用して3日目で、いまいち効果はわかりません。
というか「メガネを使っている」、という状況に疲れてる感じ(笑)。
もうしばらく使ってみないとわからないかな。

まあ、加齢という悲しい原因もあるでしょうね。
最近、とにかく疲れやすいし、
昔以上にマメに手入れしないと髪もすぐ元気なくなるし。
それほど食べてないのに自然と体重が増えてるし。
(ワタシはもともとやせ型なので、あまり体重コントロールを気にしたことがないのです。って感じ悪く聞こえたらすみません。単にそういう体質です、ってことで・・・)。

いろいろ、気をつけなければならない年ってことですね。
仕事環境(いや、椅子の高さとかそんなことですが)もう少し気を遣ってみようと思ったのでした。


-------------------------------------





古い話ですけど七夕でしたね。
これ↑、2年も前に生協で買った七夕セットですよ。
毎年、本物の笹をもらってきたので使わないまましまわれていましたが、
今年の笹はいまいち元気がなかったのでひっぱりだしてきました。

多少元気がなくても本物の方が風情がありますね。

というか、我が息子が一生懸命願いごとを書いているので、
「何書いてるのかな~」とのぞいてみたら、
「ままのいうことがちゃんときけますように」だって。
あまりに小さい願い事ではないか。我が子よ・・・。



読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ


【積ん読本解消】「からだの知恵-この不思議なはたらき」

からだの知恵 この不思議なはたらき (講談社学術文庫 (320))からだの知恵 この不思議なはたらき (講談社学術文庫 (320))
(1981/12/08)
B・ウォルター・キャノン

商品詳細を見る



この本はですね、約3年間、積まれたままになっていました。
今の会社で働くことが決まった時、
「まずい、翻訳ってちゃんとやったことないし、ましてや医薬なんて・・・」
と焦って、いろいろと本を買い込んだのですが、
これは、当時、何かの本に載っていた「医薬翻訳者を目指すならこれぐらいは読んでおくべき」という名のリストの中に入っていた本だったと思います。
で、言われるがままに買い、ほっぽらかしていたわけですね・・・。

この本の著者は「ホメオスターシス」の概念を打ち立てた方だそうです。
本が書かれたのはもう何十年も前(1932年だそうです)ですので古い本なのですが、内容自体は、そんなに古さを感じさせるものではありません。

人間の身体というのは、外部からのいろいろな変化や驚異(ウイルスとか菌とか、事故とかも)にさらされているわけですが、そうした外部からの驚異に対する人体の調節機能について機能ごとに詳しく書かれています。
暑くなったら汗をかいて体温が上がらないように調節する。
血が出ても、勝手にとまって気がつくと治っている。
ウイルスが入ってきたら、鼻水とか咳とかでウイルスを排除する・・・等々、いろいろ。
人体というのはつねに一定の状態(=恒常性)を保つためにがんばって機能しているわけですが、その調節機能について、とても詳しく解説してくれています。

人体ってのはほんと、かなり神秘的だなぁ、と平凡な感想ながら思います。
人間の体以上のものなんて、発明できないませんわ。すごすぎて。

あと、今の学者さんのことはわかりませんが、
昔の学者さんというのは、自らの体を実験台にしていろいろコワイことやってたんだなぁ、と、ちょいと的外れな感想も持ちました。



とはいえ、この本、
一応、優しくかかれているのだろうと思いますが、
それでも、途中、内容的についていけなくなる部分もありましたし、
ボリュームもありますし、途中でかなり挫折しそうになりました。

普段の読書では、「おもしろくない」とか「もう無理」と思った本は、途中でもさっさと読むのを止めてしまうのですが(時間の無駄だし)、
一応、積ん読本については、どうにかこうにか最初から最後まで読むってことにしていますので、最後、ダラダラになりながらも読みました。
途中でやめると、また積ん読本に戻っちゃいますからねぇ・・・。


とにかく、読むことです。
なんだかよくわからなくなっても「読み進んでいくこと」を積ん読本には課していますが、こういうことの積み重ねで、ワタシの中に多少の知識なりなんなりが残ってくれるであろうことを期待しています。


そんなわけで、このまま、医薬知識的な本を続けたかったのですが、
ちょいと方向転換します。


マスターコースの最終課題の訳文ももう出来たし(提出してませんが)、
課題の締め切りに追われることもなくなりましたので、
今、マスターコースを再度、最初から復習しています。
今月いっぱいかけてやろうかな、と。
ですので、今月は、英訳の勉強メインということで、
「英文の書き方」的な本をやっつけていこうと思います。

理想としては、今月中に終えて、
来月からはサンフレアの復習に入りたい・・・なぁ。どうでしょうね。




読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ








プロフィール

komako

Author:komako
翻訳会社でオンサイト翻訳者として数年勤務した後、東京を離れたことをきっかけにフリーランスとして2013年に新しいスタートを切りました。2人の子供(6歳、4歳)の相手をしつつ、試行錯誤の毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。