スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【積ん読本解消】またまた本棚の奥から救出しました

「まだ読んでなかったんだ」っていう本を本棚の奥からようやく救い出しました。


理科系の作文技術 (中公新書 (624))理科系の作文技術 (中公新書 (624))
(1981/01)
木下 是雄

商品詳細を見る


「理科系の作文技術」。
3年半ぐらい本棚で眠っていましたかねぇ…。勉強&仕事開始したばかりの時に買った気がしますから。完全に埋もれていました。
先日(といってもだいぶ前)、新聞のコラムで取り上げられていたのを目にした時に、「あぁ、それワタシ持ってたわ」と思い出しました。
初版が1981年だというのに、いまだに理系大学生向けの推薦図書的に新聞で取り上げられるくらいですから、定番図書なのですね。

翻訳者的には、前半の「準備作業(主題の選び方)」とか、後半の学会講演の部分などはあまり直接的には関係ないですが、中盤、「文の構造」「はっきり言い切る姿勢」「事実と意見の違い」などは非常に参考になる部分が多かったと思います。

長い修飾句や修飾節がたくさん入り組んで名詞(句、節)の前に置かれる「逆茂木型の文」(作者の命名です)。
英語→日本語の翻訳の時には、うっかりやってしまうことも多いです。ワタシ。
英文が長くて複雑で、「なんだかよくわかんないなぁ」なんて時に、
「とりあえず訳しとこ」ってやってしまうと、こういう長々としたわかりにくい修飾句を並べがち。

「はっきり言い切る姿勢」の部分ではドナルド・キーン氏の言葉の引用に苦笑い。
キーン氏が手紙の中で、『五日間病気でした』と書いたら、友人は『日本語として正確すぎる』と言って『五日ほど』と直された、という話がのっていました。
「『はっきりした表現は日本語ではない』ともいえるのではないか」という氏のお話も。

「日本語として正確すぎる」、という修正理由がすごい。
「日本人には、こういう『ぼかしことば』をいれないとなんとなく落ち着かない言語習慣があるおかげで、なかなか『はっきり言い切る』文章が書けない」、と著者は書いています。
「理科系の文書に関するかぎりは明確にはっきり言い切る文書を書こうではないか」、とも。

たしかに、論文などを見ていると「~と考えられる」という文章に非常に多く出会いますが、英訳の時は、この「~考えられる」系の文章の処理にワタシは非常に難儀します。
「はっきり言い切ってくれよ」っていつも思ってます(笑)。
同じように思っている人は多いようで、先日終了したマスターコースでも、この「~考えられる」系の文章の処理について、一度トピックとしてとりあげられていました。
たしかにワタシも日本人として、なんだか気持ちはわかるのですよ~。
でも、英語にするのは非常にやっかいですね。


この本、ワタシがもっているのは98年の第40版なのだけど、
その後、多少改訂されたりしているのかな?
PCで論文を書くのが当たり前になった現在では、内容的にかなり古い部分もあるのだけれども、
それを考えても、「理路整然とした明確な文章を書く」心構えを学ぶという意味では、
何十年もたった今でも非常に有用な本だと思いました。


もう一冊、読みました。


あの手・この手の特許翻訳―誰でも使えるパソコン活用術入門あの手・この手の特許翻訳―誰でも使えるパソコン活用術入門
(2011/02/07)
杉山 範雄

商品詳細を見る



「あの手この手の特許翻訳」
これは、ブログで連載されていたのを加筆して書籍化したものだそうですので、
ブログで読まれていた方が多いのかな(ワタシは読んでいませんでしたけど)。

特許翻訳と書いてあるけど、ジャンルは別に関係ありませんね。
PC活用術です。
多くのページを秀丸、秀丸マクロの活用に割かれてます。あとSimply Termsとかも少し。
この本をひっぱり出してきたのは、
先日受けたPC活用講座と一部内容がかぶっていたからです。
秀丸の話は講座でもいろいろ説明されました。
(って、講座とこの本はまったく関係ないものです。念のため)

著者は秀丸マクロを相当活用されていらっしゃるそうで、
1日処理量、5000ワード/日だとか。
水野麻子さんも、著書の中でマクロ等の活用でこれ以上のすごい処理量を実現されてらっしゃるようなことを書いていましたけど、ワタシごときのレベルでは、ただただ「すごいなぁ~」って感じです。


マクロの活用ぶりは本なりブログなりを読めばわかるのですが、
極力「タイプレス」をめざしていて、
可能な限り「訳語を置き換えて」、必要な部分だけ自分で入力して翻訳する、という感じですね。
先日のPC講座でも、自分で入力する労力を極力減らす、って話がありましたっけ。
ミス防止のためにも「機械ができることは機械にやってもらう」ってのはよく言われますけども…。

ワタシなんか、もくもくとカタカタカタ…と入力してる人ですよ。
それじゃあ、効率はあがらんのですねぇ。
でも、ここまで「置き換え」を活用して訳文を作るためには、
そもそもPCスキルのアップはもちろんなんだけど、
翻訳する上での意識改革自体を迫られそうな感じがするんだなぁ。
うーん。言いたいことがうまく書けないんだけど、なんか、そんな感じ。
あ、もちろん活用してみたいと思っているのですよ。
PC新しく買ったらやってみます…。


なんかこういう本ばっかり読んでると、関係ない本が読みたくなってきますね。
小説とか…。

ま、でももうしばらく続けてみよう。


読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

スポンサーサイト

PCスキルアップ講座へ参加

これまでにも何度か私のPCスキルの貧弱さについてちょびっと触れたことがありますが、先日、2日間にわたる(連続じゃないけど)翻訳者向けのPCスキルアップ講座に出席しました。
先月、今月とセミナー参加が多かったなぁ。
時間とお金を使っちゃって、しっかり元をとらないとですよねぇ。

辞書の串刺し検索、という、プロの翻訳者なら誰に教わらなくても普通にこなしているであろうレベルの話から、翻訳支援ソフトの話とかその他もろもろ、私にとっては(→ここがポイント)非常に有用な時間でした。
このセミナー、前から夏と冬にやっているのは知ってたのですが、出席できずにいたのですよね。受講料が高くて・・・。
あと、本来、この手の話はできるだけお金を使わず、ネットだのなんだので調べたりしてどうにかなるだろうと思っていたこともあり、ずっと参加を見送ってきました。
でも、ちょっと思うところがあって、気分が変わりましてね。
行ってきましたよ。

来月(たぶん)、新しいPCを買う予定なので、
「翻訳業務に最低限必要なPCのスペック」的な話もなかなか参考になりました。
先生の仕事に対する姿勢そのものも勉強になりましたし。
それほど専門的な話にはなっていないと思いますが、私的には満足。
PC苦手な人にとっては、こういうとっかかりができると、そこから自力で学びやすいのですよね。
これを足がかりにして、最適な翻訳環境を築いていきたいものです。

・・・でも、でも、ものすごい膨大な資料をいただいてしまって、
完全に消化不良に陥っていて、かなりまずい。
たぶん、こちらの講座の内容は、PCを購入してからゆっくり実践していくことになるかと思います・・・。そう言って放置されてしまうとよくないですけども。


話は変わりますが、アメリアの定例トライアル、
今日「メディカル(日英)」の課題がwebにアップされましたね。
メディカルの英訳の定例トライアルを希望する方が多いそうで、
今回、初めてメディカルの英訳のカテゴリーが設けられたのだそうな。
本当にメディカル分野の学習者(もしくはプロ)って多いのですね。
でも、今後継続するかどうかわからないから、
メディカル<日英>分野のクラウン会員資格は、今回のトライアルでAAを取った人だけに与えられるだそうな。(1年以内にAを2回、っていう基準がないってことですよね)
なかなか、というか、かなりシビアですね。
私が受講していたマスターコースの先生が審査員になっているので、
私としてはぜひトライしたいところですが、
今月、事情があって悲しいくらいぱつぱつなので、自信ないなぁ。

もし、余力があったら、やってみようかと・・・。


-------------------------------------------------------------

20120826092821_convert_20120827124223.jpg


地元のお祭りと保育園の夕涼み会で手に入れたヨーヨー(多すぎ)。

夏になると「今年はなんか楽しそうなイベントがあるかな~」と一応調べてみるのですが、この時期、子ども向けのイベントはたくさんあれど、その多くは平日開催だったりします。
夏休み中の幼稚園児や小学生が対象なのでしょうね。
大人が仕事に行くのと同じだけ登園しなければならない保育園児が参加できるようなものではありません。
「夏の思い出」的な経験値は、幼稚園の子に比べたらやっぱり少なくなっちゃうのかもしれないなあ、と毎年ぼんやり思っていました。
まあ、でもうちはうち。できる範囲で楽しめることをやればいいよね、とも思っているわけですが。


でも、今年は夏の初めから少々危機感がありました。
平日はいつもと変わらず私とオットは仕事、子どもは保育園だから、
土日にいろいろお出かけしよう、と思ってましたが、
私がどうしても参加したいセミナーとか土日にいくつか入れちゃったし、
恒例の帰省(愛知県へ)もあるし、
私の役員仕事(保育園の役員は大して負担はありませんが、夏の夕涼み会の前だけ、瞬間的に負荷が高くなるのです。稼働はもちろん土日だしね)、
そして、わけあって「家庭の事情」(これが一番大きかった)があって、
例年以上に忙しい夏になってしまいました。


まあ、でも夏の旅行は7月に済ませてしまったし、
どうにかこうにか約束していたこと(プール行くとか、お祭り行くとか、その他いくつか)は果たせたような気がするのでほっとしています。

私は易きに流れやすい人間なので、
あんまりヒマだと「今日も何もしないで終わったわ~」ってことになりがちです。
こうやって、多少の負荷や危機感、ほどよいストレスがかかると、
どうにか段取りを立てよう、という意識がさすがに働くので、
かえって物事がうまくすすむような気がします。
日々の生活においても仕事においても、
適度なストレス(負担)や危機感は必要だな、と感じた夏でした。

まだ終わってないけどね。




読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ






公開講座終了。感想その他もろもろ

ちょっと久しぶりの更新になってしまいました。

先日、マスターコースの公開講座がありました。
これをもって、このコースは終了です。
いや、しつこいけどあっという間でしたね。

公開講座は「最後の課題の解説」ということになっていたのだけど、
実際にはこれまでの課題の解説ではなくて、
その場で新たな英訳課題を渡され、
10分程度で英訳し、順番にホワイトボードに書いて発表する、という
スリリング(?)なものでした。
ものすご~~く緊張しましたが、
これまでの課題はすでに解説ももらっているので、
この方が勉強になることも多かったし、すごくよかった!!

教室でうんうんいいながら課題をやり発表する、なんて久しぶりすぎて新鮮でした。
(すんごい難しかったけど)
辞書は一応持っていたけど、PCはなかったので、
普段、いかにPCに頼って翻訳しているかもよ~くわかりました。

先生は、とってもかわいらしい(なんて言い方は失礼かしら?)方で、
解説が終わったあとは、いろいろな質問にも答えてくれ、
なんと、終了時間1時間近くオーバーしていました。
でも、それでも時間足りないくらい、
かなり充実した講座でした。
また、この先生の講座があったら受けたいなぁ、とか思ってしまったワタシです。
もともとこの講座は10人以下でやっていたものですが、
全員が公開講座に出席できるわけではないので、
この公開講座もすごくこじんまりした人数でしたが、それがかえってよかったです。

そして、ありがたいことに講座修了後、
講師推薦のクラウン資格をいただくことができました。
といっても、一応…ですが、私はすでに同分野のクラウン会員であるので、
何か新しく資格が増えたわけではありませんが…。

でも、今回のクラウンは前回以上にうれしかったです。
今回は6回とも、前回のマスターコースよりも評価が低かったので意外でしたし。
まあ、でも、評価(AとかBとか)の基準は先生によっていろいろでしょうし、
やさしめの先生(前回の先生はやさしめだったかと思う)とか、
厳しめの先生(今回の先生はこちらかな…)とかいますから、
比較することに意味はありませんが…。

2年前にクラウン資格を一応もらいましたが、
正直、相変わらず仕事ではたくさん修正も入りますし、
その他いろいろ実力不足を感じることも多く、あまり「クラウン」の実感は持っていませんでした。
今でも実力不足を感じてへこむことはしょっちゅうですが、
今回の資格は、少し励みになりました。

とはいっても、やっぱり現実の仕事は厳しいですよね。
とりあえず、6回分の復習はすでに終了しておりますが、
引き続き、少しずつ努力を重ねていきたいと思います。
やることいっぱいたまってますから~。


--------------------------------------------------------


公開講座は午後からだったので、
同日の午前中にチビたちと近所のブルーベリー農園にブルーベリー狩りに。
ワタシが住んでいる区は、なぜかブルーベリー観光農園がたくさんあるのです。

20120819012015_convert_20120821053943.jpg




たくさんとれました。おいしかった~。

・・・とりすぎた。
もったいないけど、4分の3ぐらいはジャムにしてしまいました。
食べられなくなったらもっともったいないですからね…。
ジャムもおいしかったです~。

読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ



非ネイティブの英語

今の仕事を始めてからしばらくCIOMS和訳ばっかりやってた・・・ってことを昔書いた気がしますが、ある時からしばらく離れ、また最近ちょこちょことやっています。


論文だ、治験関連文書だ、照会事項だ、添付文書だ、、、なんていうのをやっているところに突然ひょこっとこの仕事が入りますと、
その「英語のヒドさ」に、げっそりすることが多いです。
内容としてはそれほど難度の高いものではないのに、
あまりの英語のヒドさに「とんでもない難物」になってしまう確率が高いです・・・。
(私の仕事においては、ですけども)。


文書の性質上、
世界各国から上がってくる文書ですし、「じっくり見直して書く」などというものではありませんから、論文なんてものと比較すること自体間違っているのですが・・・。

数年前のお仕事も含めますと、実にいろんな国のものをやらせてもらいました・・・。
最近は少ないのですが、
以前はメキシコだのブラジルだの南米のものが結構ありました。
まあ、ラテンののり、とでもいいますか、
英語の間違いぶりもかなり大胆で、「そんなのアリなのか!?」ってものがたくさん。
でもなんか、間違え方がおもしろくて(失礼ですが)、
こっちもラテンののりで許しちゃうっていうかなんていうか。

個人的に一番警戒してしまう、というか一番イヤなのは
フランスやドイツからのものです。
一見、文法的なミスが少なく、きれいな英語にも見えるのですが、
「何がいいたいのか、さっぱりわからん」、ということが非常に多い。
で、最近、とにかくドイツ・フランスからの「さっぱりわからん」案件が多くて白髪が増えそうでした。
ドイツ語やフランス語にもお詳しいかたなら、もしかして彼らの書こうとしていることがわかるのかも知れませんが、残念ながら、私には「???」の世界です。


そういえば、最近は全然ありませんが、
以前はごくたまに報告元が日本っていうものを見かけました。
日本人が書いた英語なのでしょうが、
こういうのはたとえ文法が変でも、英語がちょいとおかしくても、
「たぶん、日本語で言えばこういうことが書きたかったんだろうなぁ」ということが想像つきますので、それほど大変ではありません。
「あぁ、同郷人よ」って感じです。


まあ、お国柄だと思って楽しんでやればいいんでしょうかね。
ちょっと楽しむ余裕はないかな・・・。


読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ


【積ん読本解消】英語の書き方本を2冊

なんだか久しぶりに書くようなそうでもないような…。

ここのところ公私ともに、、、、いや、主に「私」の方だけですが、
いろいろありまして心身が疲弊しておりました。
といってもなにか我が身や我が家にネガティブなことが起きているわけでは全くないですが。

気分的にはマタニティブルーに近いような(妊娠してませんけどね)…。
妊娠中のマタニティブルーはホルモンの変化によるものなのでしょうが、
でも、「数ヶ月後にやってくるであろう生活の大きな変化に心身がついていってない状態」、ともいえるのではないかと勝手に考えてます。

子供が増えるわけではないけども、我が家にも訳あって「大きな変化」が来そう、というか来る予定でして、それは出産同様、決してネガティブなことではない、というか考えようによってはめでたいことにもかかわらず、私自身の心身が来るべき大きな変化に対して全くついていけてない、、、、そんな状態でしょうか。
そんなことで、なんだか鬱々としてました。

………って、具体的に書いてないからさっぱりわかんないですよねぇ(笑)。
仕事や勉強にもかかわることですし、書ける時が来たら、ゆっくり書いてみようかと。

鬱々としてたから勉強が滞っていたか、というとそれほどでもなく。
いつもほどは出来てないかもしれませんが、現実逃避的に勉強していました。
以前にも書いたけど、「やるかやらないか」だけですからね、勉強は。シンプルなもんです。
それ以外の世の中の徒然ごとは、そんなシンプルにことが運ぶことだらけではないですから、まあ、勉強なんてのは気楽なもんです。
気持ちが落ち込んで集中できない、ということもありますが、
集中することで現実逃避できるというありがたい一面も。
つくづく、私って「偏差値世代の申し子だなあ」と自虐的に思ったりします。


--------------------------------------------------------------

勉強ネタ的にもいろいろ書けることはありましたが、過ぎたことは省略。
ということで、簡単ではありますが読んだ本を2冊。
以前にもブログに書いたことのある本ですし、
いろいろなところで見かける本ですので、わざわざ載せるほどのものでもないですが、
「最初から最後まで読んだわ」という記録の意味で。



知っておきたい英単語・英語表現―医薬品開発-承認申請-市販後業務のための知っておきたい英単語・英語表現―医薬品開発-承認申請-市販後業務のための
(2010/02/16)
内田 たけみ

商品詳細を見る



これは以前にも載せたことがある本のような気がします。
仕事では結構頻繁に参照しています(英訳で)。
かなり基本的な事項しか載っていませんが、「基本的」であるが故、
知ってないとまずいかも、ってことばかりです。
仕事の時は、「基本事項を確認したい」時や、
「ちょっと同じ書き方が続いているので、違う言い方ないかしら」
という時によく使っています。

「参照用」という感じで通読したことはなかったのですが、
「基本事項」ですし、「知らなかった」ってことがないようにしようと思いまして、頭から通して読んでみました。
通読してみれば当然、少しは「知らなかった」ってことも出てきますので、
役に立ちそうな例文を対訳集に入力してこの本はおしまい。


次に読んだのはこちら。


医学英語の文法と書き方医学英語の文法と書き方
(2004/04)
横井川 泰弘

商品詳細を見る



これも、いろんなところで紹介されていますし、いまさらな感じですが。
今まではちょびっと参考にする程度でしたが、
こちらもとりあえず、頭から通読。

上記の「知っておきたい英単語…」の本は、
「役には立つけど、そんなにオモシロくはない…」というのが正直な感想ですが、
この本は、読んでみたらおもしろかったですね~。
通読してよかった(いまさらだけど)。
前半は文法事項、後半は副作用報告の英訳練習、とでもいいましょうか。
文法事項も意外と勉強になることが多かったです。

自分の仕事を考えてみると、
特に副作用報告なんかは、書く英語がかなりパターン化してるなぁ、と感じているのですが、この本の後半を読んで、「多少書き方のバリエーションが増えたかも」ぐらいには思います。
でも、そこまで原文にない情報を加えてもいいんだ~、という気もしました。
こういうのはクライアントや翻訳会社によってもいろいろなんでしょうが。


そんなことで、次は何読もうかな~と思案中。
今、全然関係ない本読んでる途中なもので~~。



読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ


プロフィール

komako

Author:komako
翻訳会社でオンサイト翻訳者として数年勤務した後、東京を離れたことをきっかけにフリーランスとして2013年に新しいスタートを切りました。2人の子供(6歳、4歳)の相手をしつつ、試行錯誤の毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。