スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TQEの結果が来て・・・。

昨日、11月に受けていたTQEの結果が郵送されてきました。和訳と英訳をダブル受験していまして、和訳は久しぶりの再挑戦、英訳は初受験でした。

結果、英訳は70点で3級合格、和訳は66点で残念ながら3級合格には届かず、でした。


これまでに受けた試験や誌上トライアルなどの結果などを考えて、ひそかに今回の受験の目標を「英訳→70点以上、つまり3級に合格すること、和訳→合格はちょいと厳しそうだけど68点ぐらいは取ること」としていました。ですので、英訳の目標は達成したけれど、和訳は目標達成にはいたらず、という結果でした。


あいかわらず和訳は不出来であります。英訳で合格したのはまあよかったけど、66点という和訳の不出来ぶりが、けっこう精神的にこたえております。今日はいつもより早起きしたので、和訳だけ復習してみたのですが、「丁寧さが足りないのかなぁ」、などと1人で反省しています。今回の和訳の課題は比較的易しかったような気がするし(むしろ英訳の課題の方が難しかったような・・・)、大きな誤訳はなかったと思いますが、それでもこの結果かぁ、、、という感じで。ところどころ訳語の選択が不適切であったり、工夫が足りない部分があったようです。「今後細かい点にも気を遣いなさい」的なことが書かれてありました。なかなか和訳では合格できませんねぇ、ワタシ。別にTQEに合格することが目標ではないし、目標はもっと先にあるわけなのですが・・・。

以前は英訳の方が好きだったのですが(今でも楽しいと思ってますが)、今は和訳の方がなんだか楽しくて、もっともっと上手な日本語を書きたいなぁ、と思ってます。その思いに現実はちっともついてきてくれませんが。もっと修行を積まないといけないんでしょうね。またTQEを受けるかどうかはちょっとわかりませんけど、とにかくめげずに地道にがんばります。


さて、英訳のほうですが、合格したとはいえぎりぎりの70点ですので、単複のミスなど、指摘されたポイントももちろんいくつかあります。その指摘の中で「うーむ」と思ったのは「訳者注が十分ではない」という点です。つまり「訳者コメントをつけるべきところについてない」ということですね。
訳者コメントをつけるかつけないかについては、いつもすごく悩みます。つけすぎても、いかにも「自信なさげ」な感じになりそうだし・・・。「訳者コメントをつける基準」というのがあまりワタシの中で確立されていないのかな、と思ったりもします。というか、「つけるべきところについてない」っていうんだから、そもそもなんか基準が間違ってるってことか。


ということで、うれしさ30%、反省70%ぐらいの結果でありました。引き続き、日々是精進です。


読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ




スポンサーサイト

積まずにすぐ読んだ「フリーランスの教科書」

ワタシにしてはめずらしく、買った本を積むことなくすぐに読みました。


フリーランスの教科書 (星海社新書)フリーランスの教科書 (星海社新書)
(2012/12/26)
見田村 元宣、内海 正人 他

商品詳細を見る



先月発売されたばかりの本です。「フリーランスの教科書」というタイトルですが、これからフリーになろうという方、もしくはフリーになりたての方を対象としているようで、もうベテランのフリーランスさんにとってはそれほど新しい事項はないのかな、という感じです。でも、ワタシのように「これからフリーに・・・」という方には、最低限知っておいたほうがいいだろうという内容がコンパクトにまとめられていて勉強になります(多少の覚悟もできます・・・)。

しょっぱなから、「フリーランスとは自由になることではなく、全部を引き受けることである」という言葉が心にささりました。ワタシも最初に勤務した会社を辞めた時にすごく思ったけど、サラリーマンって本当にいろいろ会社に「やってもらってる」ことがたくさんあるのですよね。健康保険とか厚生年金とか雇用保険とか、会社が多少負担してくれているわけですし、有給もあったりして。備品もみんな会社にあるし。しかも退職金とかボーナスなんてものまで・・・。フリーになると当たり前だけど、税金、年金、保険、それから経費もろもろ等、自分で手続きして払わないといけないし、退職金もないから老後の備えも蓄えなければならない。そういうものをすべて自力で払っていくことを考慮すると、サラリーマンと同程度の所得を得るためには(想定は年収500万程度らしい)、時給5000円以上を目指さないとならないんだとか。つまりサラリーマンの給料(もろもろいろんなものを込みにして)を時給に換算すると5000円ぐらいになるんだそうで。
「時給5000円」・・・・・にちょっと考えてしまいました。正社員であれば女性でも年収500万ぐらいに達している人はいっぱいいると思うけども、ワタシ、かつてのサラリーマン時代に時給5000円分の仕事をきちんとこなせていたであろうか、となんとなく思ったりして・・・。

こういう数字はあくまでも例なので、これにとらわれる必要はないと思うけど、とにもかくにも、それぐらいの気持ちでやりなはれよ、ってことでしょう。

この本は、フリーランスになったばかりの編集者にプロの税理士と社労士がいろいろ教えてくれる、という形式になっていて、1日目「契約とギャラ交渉」、2日目「税金と確定申告」、3日目「保険と年金」、4日目「法人化」という内容で進められていきます。内容的に、まだワタシの立場では「だいぶ先の将来の話」の部分もあるけど(特に法人化はほぼ関係ない)、心構えとして今知っておいても損はない話ばかりでした。税金、年金、保険の話などについては、いろいろ情報収集して自分で勉強して「最も得をする方法」をとれたらベストでしょうが、それが無理でも、少なくとも「知らなかったがために損をしていた」という事態は絶対避けるべきだと思うし・・・。この手の知識がまったくない人でもしっかり理解できるように書かれていますが、深く知るためには、別のものを読む必要があるだろうな、とも思いました。ただ、とにかく必須事項を短時間で押さえるためには最適の1冊ではないかと思います(ほんと、すぐ読み終われるし)。


まあ、ワタシの場合、それより前にいろいろやることあるでしょ、っていう状態なんですけども・・・。で、さらに「フリーになるための本」的な本が数冊積まれたままになっていたりして・・・。でもとりあえず、次はいつものお勉強本に戻ります。



読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ









年頭所感

だいぶ遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

9連休と長い年末年始休暇でしたが、慌ただしく過ぎ去っていきました。年末はいつもどおり大掃除とおせち準備で終わりましたし、年明けはワタシの親族の集まり(実家に行くわけではない)、それからオットの実家への帰省、といつもと変わらぬ年末年始でした。正直言って、大掃除なんてもっと暖かい時期にやったほうが効率的だと思うし、おせちだって、それほどみんなバクバク喜んで食べるわけでもないから作らなくてもいいのでは、とも思うのですが、どこかしら「お決まりの年末の過ごし方」にとらわれている自分がいます。やっぱりこれをやらないと気分が落ち着かない、とでも言いますかねぇ。大掃除もお節づくりもやめてしまえば、もう少し違うことに時間が割けるだろうとも思いますが、けっこう好きでやっている部分もあります。そして、この年末の慌ただしさが実は好きだったりもします。ということで、これからも数年間は「型どおり」の年末年始を過ごすことでしょう。
でも、慌ただしいと言いながらも、ずっと読みたいと思っていた本も2冊読めたし(お勉強とは全く関係ない本です)、チビたちともいろいろ遊べたし、よいお正月でした(年末もお正月も熱を出した、というおまけつきではありましたが)。


さてさて、すでに多くの方のブログで「今年の目標」を拝見させていただきました。ワタシも「目標」立てたいなぁ、と思っているのですが、どうにも今年は立てづらい(笑)。
唐突ですけども、ワタシはもうすぐ、今翻訳者として勤務している会社を退職する予定になっています。これまでは会社との話がついていませんでしたので書くのを控えてきましたが、年末に無事、勤務先との話もつきましたし、年頭所感なるものを書くには、これを書かないと何も書けん、ということもあり、書いてみました。
残念ながら、これからフリーランス翻訳者としてやっていける自信がついたとか、目処が立ったとか、そんな素敵な理由で退職するわけではなく(そんな目処は全然たってません)、家の都合(=転居)による退職です。本音を言えば、少なくともあと1年は続けたかったところでして、この退職についてはかなりモヤモヤと悩んだり、揉めたりもしましたが(家の中でね)、一応ワタシ、社内翻訳者以外に、母親であったり妻であったりという役割も負っていまして、今回は自分の仕事以外の事情を優先させることに決めた、とでもいいましょうか…(他人様からみると、それほどオーバーな話では全然ないと思いますが、ワタシにとってはけっこう大きな決断だったわけです)。まぁ、退職ももう間もなくですし、このあたりのことはまたちょびちょび書いていくことにします。


大学を卒業してから20年近く経ちますが(もうそんなに経つのか…)、この間、留学時代の1年数か月と、チビ二人のそれぞれ数ヶ月間の育児休暇時代を除けば、ず~っと誰かに雇われて働いてきました。でもこの退職後は、しばらくプータロー生活を送ることになるんだろうな、と思います。仕事を辞めてすぐに翻訳者としての仕事がスムーズに始められるなどということもないでしょうからね。オットの扶養にも入らないといけないんだろうな、とも…。別にオットに養われたくないとか、扶養に入るなんてイヤだ、とかそんなことを言っているわけではありませんが、なんというか自分の気持ちをうまく表現できないのですが、フクザツな気分です。

そんなわけで、フリーランスとして翻訳の仕事をできるようにこれからいろいろ挑戦していこう、というのがもちろん目標ではあるのですが、その前に、まずは新しい生活に心身ともに慣れるというのが当面の課題でしょうか。ワタシはあまり気分の浮き沈みが激しい人間ではないと思うし、いつまでも激しく落ち込んだりウジウジしたりする方でもないと思っているのですが、今年はいっぱい迷ったり悩んだりするだろうと思います。まあ、そんなことも1つ1つ丁寧に向き合って消化していきたいと考えてます。


4月にはチビたちも転園させねばなりません。K太郎は生後7カ月から5年間保育園生活を送ってきたのですが、小学校入学前の最後の1年を幼稚園で過ごすことになります。妹ナーコは普通に年少さんからの新入園です。この保育園から幼稚園への転園についても、も~~~いろいろとワタシ的には思うことがたっくさんあるのですが、そんなことここで書いてもしょうがないので、やめときます。この話も、いずれちょびちょび書くことになるかと思いますし。とにかく、チビ達のフォローもしてやらないといかんですね。まあ、子供はすぐ慣れてくれると思っておりますが…。ワタシも幼稚園児の母親ってものをやったことがないので、なんというかドキドキです。


この転居だの退職だののことを書いていると、いつまでもいつまでもだらだら書いてしまいそうなので、この話はこれぐらいにしておこうかな…。具体的な目標を何も書いていないけれど、とにかく、新しい生活に備えること→新生活を早く軌道に乗せること、が一番です。そして、しばらく暇になってしまうかもしれないけど、焦ることなく、黙々と努力を重ねていくこと…。抽象的ですが今頭の中にあるのはそれぐらいです。



このブログも2009年から書いていますので、3年以上たっているのですが(昨年のリニューアル時に過去記事はだいぶ削除しましたが)、毎年毎年「もうやめようかな~」と思ったりしています。そんなに高頻度に更新しているわけではないので負担にはなっていませんが、このまま続けることに意味があるかな、どうかな、と思ったりして…。昨年末から、個人として情報を発信すること、それから何を発信するのか、ということについて考える機会がいろいろありまして、ますます、このまま今までどおりの形でブログを続けることに意味があるかな、と考えていたのですが、考えた末、いままでどおり、何も変えることなく続けていこうかな、と思っています。ワタシは、翻訳者として皆様にお役立ち情報が発信できるほど経験を積んでいるわけではないし、医薬分野の有用な情報を発信できるほどの専門家でもありません。ですので、「社内翻訳者を経てフリーを目指しているワタシ」そのものをネタにしていくしかないかな、というかそれでいいかな、と思ってぼちぼち続けることにします、これまでどおり、ワタシが読んだ本や勉強のことなどを書いていけたらいいかな。翻訳者を目指して勉強中の方、社内翻訳者からフリーランスを目指す方など、ワタシと同じような立場の方が読んでいただけたら嬉しいですし、諸先輩方には、お気づきの点があれば叱咤いただければ嬉しく思います。


あと、毎回、もう少し短めに書きたいなぁ、、、、とも思ってます。ついつい長くなっちゃうのですねぇ…。


ということで、読んでくださっているみなさま、今年もどうぞよろしくお願いいたします。



読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

プロフィール

komako

Author:komako
翻訳会社でオンサイト翻訳者として数年勤務した後、東京を離れたことをきっかけにフリーランスとして2013年に新しいスタートを切りました。2人の子供(6歳、4歳)の相手をしつつ、試行錯誤の毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。