スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訳文を読んでもらう

夏休みというのは忙しいですね、いろんな意味で。
この時期、仕事に使える時間は非常に貴重なのでブログ書いている場合でもないのですが、暑すぎて集中力も切れましたので(この猛暑にエアコンが壊れたのです)、久しぶりに何か書いてみようかと思い立ちました。

最近、セミナーの課題や実案件でびっくりするようなポカミスを続けてやらかしまして・・・。実案件で、ってところがマズイですね。深く反省しております。指摘があったわけではないのですが、納品してから数日後に読み返してみたら「あれ、ここ変・・・」ということに気がついてしまったのです。
どういう文を書いていたかというと、「常識ではそんなことありえないでしょう?」というような内容の文を平気で書いていたのです。原文と日本語を照らし合わせると、文法的にも英文解釈的にも間違っているわけではないけれど、なんというか単なる単語の置き換えにとどまっており、日本語として読み直してみると「ちょっとこういう状況は普通ありえないよね?」という内容の文になっていた・・・という感じです。英文和訳的な訳文はできていたけれど、常識が働いていなかった、というか・・・。訳出することに必死になっていて、ものすごく近視眼的になっていたというか・・・。

こういうつまらないミスを撲滅するにはどうしたらよいか。
(「常識が働いてない」系のミスはツールなどでは対処しにくいのでは?と思うので・・・)
訳文を寝かせて翌日見直しをするなど、いろいろ方法はあるのでしょうが、寝かせたところで、ワタクシの頭脳が飛躍的に賢くなるわけではありません。
本当は、どなたか別の方に読んでもらえたら「ここ、変だな」ということに気がつけるのかもしれませんが、そんなことしてくれる方もいませんし、いたとしても守秘義務に反しますのでできません。

さて、どうしたもんか、と考えていたとき、ふとフェイスブックでちらりと見かけた「電子かたりべ」というのを思い出しました。
これで、ワタシの訳文を読みあげてもらったら、もう少し第三者に近い目で訳文をみることができるのではないかしら、という淡い期待を持ちつつ、さっそく試してみました。

無料なので、正直あまり期待もしていなかったのですが、予想したよりもきちんと読んでくれます。
専門用語が増えるとおかしな読みもかなり増えますが、ワタシがチェックしたいのは専門用語ではありませんので、そこはスルーします。「欠神発作」を「ケツカミホッサ」とか読まれますと、飲んでいたコーヒーを吹きそうになったりしますが、まあご愛敬です(そうなのか?)。

お金を出せばもっといい読み上げソフトがあるのかもしれませんが、しばらくこれを使ってみようかと思っています。


公私ともにどうもオッチョコチョイ続きのこのごろ。プライベートでもワタシに突っ込みをいれてくれる「第三者の目」がほしい・・・。


読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

スポンサーサイト
プロフィール

komako

Author:komako
翻訳会社でオンサイト翻訳者として数年勤務した後、東京を離れたことをきっかけにフリーランスとして2013年に新しいスタートを切りました。2人の子供(6歳、4歳)の相手をしつつ、試行錯誤の毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。