スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試験(TQE)を受けた。疲れた。

週末にTQEを受験しました(英語→日本語のみ)。

週末・・・と言っても、在宅受験ですから、
課題は金曜日の午前中にメールで届きまして、
締め切りが水曜日の夕方ですから、
正確に言いますと、
金曜日から水曜日までの6日間はあります。

先に結論を言いますと、
「ちょっと、まだ受験するにはきつかったかな~」という感想です。
物理的に忙しいから、ではありません。
単に実力の問題です。

ワタシは平日も休日も昼間に時間を割くことはできませんので、
課題に費やしたのは、
金、土、日、月、火の夜のみですが、
これでも時間的に足りない、ということはないと思いました。
2ページ半ほどの英文です。

英文もいたずらに難解、ということもないですし、
何が書いてあるのかわからん、ということはさすがにありませんが、
いざ、取り組んでみると、これがね~~~~、難しい。

なるべく原文に忠実に(直訳か意訳か、の問題ではなく)、、、と思うものの、
どうにもこうにも、ベストな日本語になっている気がしない。
良く言えば、ものすごくやりがいのある課題でした。

試験ですから、合格率が高かろうが低かろうが、
受ける以上は当然「合格すること」を目標にするわけで、
とりあえず腕試し、とか、記念受験、的なことは口にしたくはありませんし、
第一、一万円以上(受験料ね)もする腕試しとかイヤだよ、って感じですけども、
それでもやってる途中から、なかなか現実は厳しいな、と痛感。

ちょこっとだけ、「もう出さなくてもいいかな~」とひ弱なことも思っちゃったりして(笑)。
TQEのホームページにある試験概要をみると、
結構、「未提出」で終わっちゃった人の割合も多そうだな、という印象が・・・。
在宅受験だから、「まあ、もういいや」って思っちゃう人もいるのかな?

でも、ケチな発想ですが、
やっぱり一万円(しつこい)かけてますからね、
最低でも次につなげるぐらいのことはしないといかん。

ということで、
今の持てる力でなんとか答案を作って出しましたから、
あとは結果が出る8月まで、おとなしく待つことにします。

読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

スポンサーサイト

Comment

TQEお疲れさまでした!
私もこの主催会社の翻訳基礎講座を受講していたので
いずれは受けようとは思っているのですが
ハードルがとても高いとの噂も聞きますし
受験料も高いので怖じ気づいてしまってます。
結果は級に対する合否だけではなく
自分の訳に対する評価もあると聞いてますので
勉強になりそうですね。
体力回復、疲労回復は私にとっても大きな課題です。
以前は寝ればある程度回復してたんですが
今はスッキリしてないことも多くて
ほんと、どうしたらいいんでしょうね~。

★ルカさん
私はTQEの合格率とか、あまり良く調べないまま受けたのですけど、ほんとにハードルは高そうだな~と実感しました(遅い…)。
でも、課題自体はなかなかやりがいのあるもので、それはそれでほんとに勉強になったのですけど…。
高いお勉強代ですが(笑)。
おっしゃるとおり、ただ合否と点数だけではなく、
ちゃんと訳文に対する評価が返ってくるようなので、
とりあえず、それを楽しみ(?)にして、次回の課題にしたいと思います。

遅ればせながら、おつかれさまでした。
ついに受験されたんですね。
相当ハードルが高そうですね…少し気持ちが暗くなりましたorz
でも絶対受けなくてはっ。

★bettyさん
こんにちは。
試験は、ほんとになかなか骨のあるものでした。
これ、解答の評価をする方のリストをみると、
TQEの主催会社の翻訳講座(bettyさんが受けてらっしゃる講座ですね、きっと)で教えている先生が入っていますので、
この先生の評価の傾向を知っていると、
もしかしたら、ちょこっとだけでも解答作成のときに少しは役に立つのかな~とも思いました。
評価する人によって、けっこう文体の好みとか評価のポイントって全然違うな~と思うことが最近多いので・・・。
まあ、ほんとはそんなこととは関係なく、誰がみても立派なものを書くにこしたことはないのですけどね・・・。ムズカシイです。
非公開コメント

プロフィール

komako

Author:komako
翻訳会社でオンサイト翻訳者として数年勤務した後、東京を離れたことをきっかけにフリーランスとして2013年に新しいスタートを切りました。2人の子供(6歳、4歳)の相手をしつつ、試行錯誤の毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。