スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定例トライアル

いつものアメリア定例トライアルの結果が届きました。
(1週間も前に、ですけども)。
あらまー、ショック、な結果で今回は「C」。

確かに難しかったですが、
それでも、お給料もらって働く身としてさすがに危機感を感じました。
結果だけを見ると、いつもの厳しい評価以上に厳しかったので、
また手厳しい解説になるのか、と思いきや、
今日さらっと見た限りではいつもほどの「お怒りモード」ではないですね。

しかし、これが学校の試験でしたら
6段階評価で、受験者の評価が下の3段階(C,D,E)に集中しているというのは、
生徒の実情に合ってない試験&指導力不足ってことで
先生の責任も問われるところでしょうが、
学校じゃないし、答案を出してくる人がどんな人かわからない状況なので、
当然、講師の責任はないわけでして、
やっぱり受験する側のレベルにも難あり、ということになるのでしょうかね・・・。
いくら評価が厳し過ぎるといっても、
それだけでは、いくらなんでもここまで厳しい評価にはならないだろうしなぁ。
反省しきり。

「C」という結果もショックながら、もっと凹んだことがありまして。
このトライアルは、
総合評価以外にも、「原文の理解度」とか「訳文の構成」などの詳細項目が4つあり、
それぞれの項目にもA~Eで評価がつきますが、
このうちの1つ、それから総合評価もですが、
わざわざBに○をつけていたものを修正液で消して、
「C」に○をつけ直されてたってことです。

わざわざ修正液を手にして消してまで評価を下げるって、
「あぁ、間違ったわよ、Cなのよ、C」
という評価者の強い意志(笑)が伝わってきますよね・・・。
このホワイトにワタクシ、凹みました。
77点が75点に直されてるなら
「先生、計算間違っちゃったのね」だけで済むんだけど。

危機感を感じる反面、
でも結局、このトライアルに関しては、
今のところはこんなもんなのかなぁ、という感じもします。
凹みついでに過去の結果をおさらいしてみたのですが、
2009年7月以降で、6回受験していて(もう6回も・・・)、
B→C→B→B→B→C
となってましたので、
結局ワタシの今のレベルはこの辺りをうろついてるってことなんでしょう。
進歩がなくてとっても残念。

厳しくて、どうにもモチベーション保ちづらいですが、
でも評価下げたままってわけにもいきませんしね・・・。
そもそも、AA、Aが少ないとか、どの評価が何人とか、
冷静に考えてみればどうでもいい話でした。
この課題と出題者(クライアントと考えてもいいかも)から求められていることに対し、
ワタシの実力はどうなのか、ということが重要でして、
やっぱり勉強になることには違いないので、
なんとか、次回もがんばってみることにします。

リベンジできるかしら~。どうかしらね~~~。

読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

スポンサーサイト

Comment

>そもそも、AA、Aが少ないとか、どの評価が何人とか、
>冷静に考えてみればどうでもいい話でした。
>この課題と出題者(クライアントと考えてもいいかも)から求められていることに対し、
>ワタシの実力はどうなのか、ということが重要でして、
Bすら該当者がいないのは腑に落ちないなぁと思っていたところでしたので(今回提出していないのに言う^^;)、にゃんさんの考え方にはっとしました。評価の内情は謎だけれど、結局、自分の訳はどうなのかというところに尽きますよね、確かに。なんだか考えさせられちゃいました。

★bettyさん
こんにちは。
今までなんかこう、「AAもAもいないんだし、
それじゃあまあ、できなくてもしょうがないわよね~。」的な考えもあったんじゃないかな~、という気がするんです。
でも、それってどうなの?と、今回ちょっと反省してるんですよ(笑)。
これが本物のトライアルだったら全員不合格って話ですが、それで安心していいのか?と。
周りはどうであれ、自分は合格しなければお仕事もらえませんからね~。
この先生、一応、過去にAは少数でも出しているのですよね。
そんなことで、めげずにリベンジに励みたいと思います。

お久しぶりです(^^)
にゃんさんのブログに触発されて提出できたものの、結果は同じくCでした・・・。
>厳しくて、どうにもモチベーション保ちづらいです
って私もです。
でも訳例とじっくり照らし合わせてみると、誤訳やケアレスミスがあるとわかり、Cと評価されて当然だなぁと妙に納得しました。
それにしても評価への修正ペン使用はへこみそうですね!私は訳文へのみ使用されていました。本当ににゃんさんはBまであと一歩だったんでしょうね!
あいかわらずCIOMS1000本ノックが続いています。にゃんさんがCIOMSのあと、様々な仕事をこなしていらっしゃる様子、とても刺激になってます。私は今回の定例トライアルを最後にとりあえず退会しますがリベンジ応援しています!
ではまた~(^^)/

★幸せ英語人さん
お返事遅くなってしまって本当にごめんなさい!!
今回の課題は本当に難しかったですよねぇ。
C評価でも致し方ないと思ったりしてます。
遅ればせながら、今ごろ復習をしていて、
あぁ、これは確かに全然だめだわ~と思いました。
でも、反面で訳例、講評にものすご~く疑問を感じる部分もあり,,,(追って書きますが)。
またしても、翻訳って難しいと思った次第です・・・。
非公開コメント

プロフィール

komako

Author:komako
翻訳会社でオンサイト翻訳者として数年勤務した後、東京を離れたことをきっかけにフリーランスとして2013年に新しいスタートを切りました。2人の子供(6歳、4歳)の相手をしつつ、試行錯誤の毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。