スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定例トライアル。それと・・・。

おとといの夜、どうしても眠かったので「とりあえず寝て、3時半か4時に起きよう」と思って寝たのですが、2時半頃、オットの猛烈ないびきで目が覚め、あまりのうるささに眠りに戻れず…。
「あぁ、まだ寝ていたいのに」と思いながらも逃げるように寝室をでて、それから用事を済ませて、先日買った英文契約書の本を読みました。
時間がたくさんできたおかげで、超斜め読みですが一冊読み終えました。おかげで頭が整理され、契約書の仕事も無事終了。
そんなワタクシは、やはりオットに感謝すべきでしょうか・・・?

さて、恒例の定例トライアル。11月に受けた分が結果だけきました。
「B」でした。
今回は医薬を専門にしていない方でも取り組みやすい課題だったからか、
いつもより受験者が多かったような・・・(200人ちょい)。
いつものとおり、AAもAもいなかったけど、今回はBが多い気がします(40人以上)。
前回は「C」(泣)だったから、いちおうリベンジできたと言っていいのか、どうなんだ?
結果しかまだわかりませんので、講評を待つことにします。

もうひとつです。
お正月にフェローのメディカル英訳のマスターコースの課題に目を通した、
って少し前に書きましたが、あれ、一応課題を提出していました。
受講の最後の決心はまだついていなかったのですが、課題出さないと受講そのものができませんから・・・。

こちらも定例トライアルと同じ日に結果が来たのですが、とりあえず合格したので受講資格はいただきました。
こちらも評価がついていまして「B」でした。

ようするにいつも「あと一歩」ってとこなんだな、と再確認。
あと一歩、というと「もうちょい」って感じで聞こえが良いですが、
「あと一歩」がいつまでたっても越えられず。
あとの「一歩」は巨人の一歩なり。

前に受講したマスターコースより受講人数が少なそうですが、世の中的にはやはり和訳の方が人気なのでしょうか?

でもでも・・・。提出したときは、ほぼ受講するつもりでいたのですが、
同封された1回目の課題をみて、かなり迷ってます。すごいボリュームなんです。
(8日以内ならキャンセルがききます)。
前回の経験から、そこそこのボリュームがあることはわかっていましたが、それにしても多い。
「毎日少しずつしかとれない時間でやる課題」という観点からみると、多すぎです。
迷うなら課題だすなよ、、って声が聞こえてきそうです。。。
ホントにそうですね。。。。あぁ。

前回のこの先生の講座を受けた方から、
「すごく良かったよ~。先生も華やかなオーラのある方でおもしろかった」と薦められましたし、
この講座は他の講座と違っていつでも受けられるものでもなく、
次がいつなのか(あるのか?)もわからないので、
多少無理してでも受けたいな、と思っていましたが、
「多少」の無理ですむのだろうか?

提出課題に関する先生の注意事項に、
「やっつけで課題をこなさないでね。ちゃちゃっとやっつけ仕事をして全範囲を翻訳するぐらいなら、じっくりとりくんだ部分だけを提出して」
というようなことが書かれていました。
たしかに、仕事と違って通信講座は「じっくり取り組める」ところが良いところですが、
それがちゃんとできるのだろうか。

もうひとつ、悩ましいのが最後の公開講座。
これはこのコースの一番の売りだとワタシは勝手に考えているのですが、
公開講座の予定日として、この日かこの日、と2日挙げられていたのですが、
どちらに決定しても、行けない可能性、大(泣)。
1日はお盆中なので、お盆で帰省する我が家にはつらい。
(会社のお盆休みに合わせるので、違うタイミングで行くと、休みを新たに取らなければならない)。
もう1日は、保育園行事と重なります。
来年度の行事日程なんてまだでていませんが、慣例的に間違いなくこの日です。
ワタシは来年度、ナーコのクラスで役員になることが決まっていますが、
役員がこの行事に出ない、なんてことはありえません…。

「やりたい」という気持ちだけで突っ走れるのか。
冷静に、要熟考。

読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

スポンサーサイト

Comment

おお、マスターコース合格おめでとうございます!
課題でも評価がいただけるのですね。
>あとの「一歩」は巨人の一歩なり。
心にずーんときました…。ほんと、おっしゃるとおり。
にゃんさんのこの記事を読むと受講してみたい気持ちがまた沸いてきました。
でも次があるのかさえも分からないのがマスターコースは辛いですよね。
ご家族とお仕事との兼ね合いで、公開講座は難しいのかもしれませんが、
受講できるといいですね。
ちなみにうちは子どもが夫のいびきで起きてしまうので
夫だけ別室で寝てもらってます(笑)

初めまして。こんばんは。
医薬翻訳を志しておりますカンサンと申します。
私もアメリアの定例トライアルを提出し、同じく「B」を頂戴したご縁でこちらにつながりました。
私も万年Bなので、「あと一歩」というお気持ち、ものすごく共感してしまいました。
マスターコースの英訳、私もちょっと興味があったのですが、応募し忘れてしまっていたので、課題のボリューム等、参考になりました。
また寄らせていただきます。どうぞよろしくお願いします!

★ルカさん
>おお、マスターコース合格おめでとうございます!
ありがとうございます。
「合格」の文字を見たときはうれしかったですが、
課題のボリュームを見てそんな嬉しさもふっとびました。
前回と比べて、「なんだか人数少ないな」と思ったのですが、一人の答案のボリュームが多いからそんなにたくさん添削なんてできないのかなぁ、と思いました…。
「キャンセル」しようとか「いや、なんとかがんばろう」とかいまだにふらふらと揺れてますが、でも、なんとかやれる方法を考えようと思っているところです。
オットに別室で寝てもらう…いいですね(笑)。
でも、うちの子たちは「こんなうるさいのに、よく寝られるな~」っていうぐらいビクともしないので、
とりあえずワタシが辛抱すればいいみたいです…。

★カンサンさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
カンサンさんも同じ定例トライアル、受けられたのですね。
同じ目標がある人にコメントいただけて嬉しいです。
わたしもいつも「B」ばっかり(前回はCだったけど)で、あと一歩、何をどうしたら前進できるのかなぁ、と思っています。
詰めが甘いのかな。。。単純にもう一歩の力が足りないのでしょうが…。
迷いながらも、ぼちぼちやっていこうと思っています。
くだらないこともいっぱい書いているブログですが、また遊びにきてくださいね。
非公開コメント

プロフィール

komako

Author:komako
翻訳会社でオンサイト翻訳者として数年勤務した後、東京を離れたことをきっかけにフリーランスとして2013年に新しいスタートを切りました。2人の子供(6歳、4歳)の相手をしつつ、試行錯誤の毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。