スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定例トライアル<日英>&<メディカル>

ほぼ忘れかけておりましたが、
1月に初めてアメリアの定例トライアル<日英>(つまり英訳)というのを受けていました。メディカル以外の定例トライアルを受けたのはこれが初めてです。

ワタシは、和訳に苦手意識があるというか、
「和訳ってものすごくムズカシイ」と思っていて、
(英訳が得意とか、簡単とか思っているわけでもないですが)
メディカル以外のものに手をだそうという気はあまり起きないのですが、
英訳については、できれば幅広く対応できるようでありたいなぁ、というささやかな目標を持っています。
実際、お仕事でも普通のビジネス文書(非常に曖昧な言葉ですが)の英訳が突然舞い込んでくることもありますし。

<日英>の定例トライアルは毎月来るアメリアの冊子には載っておらず、
web上にしか掲載されていないのですが、
上記のような理由で毎回なんとなく気にしてはいました。
でも、いつも余力がないのと、結構内容が専門的(金融とか)だったりして、
参加したことはありませんでした。

でも、この1月の課題はそれほど専門的な内容ではなく、
「あ、これならできるかも」という感じでしたので、やってみました。
(実在する博物館の館長さんの挨拶。
うちの博物館はこんなことやっていて、こういう特色がありますので、
みなさん来てくださいな、という内容のよくあるご挨拶文です)

先日、いつものように結果だけが帰ってきました。
メディカルですと、参加者の評価はCとDに集中している、という印象がありますが、
今回の<日英>は、100名ちょっとが受けていてそのうち8割(!)がB評価。
1割がA評価。残りの1割がCとDという感じ。
AAもお一人だけですがいらっしゃいまして、
全体的に「お優しいわ・・・」という印象。

もちろんこの定例トライアルは添削ではありませんが、
ワタシの訳文の中に、1か所だけ添削してくれている箇所があって、
そこにちょこっとコメントがついていました。
そして、「これは誰でも瞬時に調べがつくだろう」というようなところに線がひいてあって、「よく調べましたね」なんて、これまたなんともお優しいお言葉つき・・・。
その他にも、「Good!」とかいうコメントを入れてくれたりしている箇所があったり、
メディカルしかやったことのない身には、なんだか「ありがたや~」という気分になるものでした。
なんか良いところを探してくれている感じで(それが評価としていいかどうかは、また別なんですけれどもね)。

それで、今回の評価はAでした。
本業のメディカルでは1回も取れたことないのにね・・・・。
(いいのかね、それで・・・)

日英のトライアルは年に2回しかないようですし、
課題の内容によっては次回、参加できるかどうかもわかりませんが、
とりあえず、内容は追っていきたいと思います。

でも、やっぱり本業のメディカルでまともな評価を取りたいものです。
正直言って、この定例トライアルに対しては「もう、いいかな~」と、
かなり提出意欲がなくなってきていたのですが、
今月、メディカルの審査員がかわられたのを見て、また少々興味が復活。

提出は厳しいかな、と思っておりましたが、
先日、お仕事で突然ぽっかりと時間が空きまして、
その時間中にメディカルの課題にとりくんでみました。
サイト上で課題が見られますからね。
お仕事も昔は、「いま何もやるものがなくなってしまいまして~」という感じでぽっかりと空き時間ができることが時々あったのですが、
最近はありがたいことに途切れなくいろいろ舞い込んでいて、
そういう時間がほとんどありませんでした。
でもどうしたことか先週、すごくひさしぶりに「あれ、いま何もないです~」という状態になり、ぽかっと時間が空きました。
こういう時、翻訳者は、これまでのフィードバックに目を通したり、
用語集の整理やPC周りの整備に時間をあてたり、
勉強時間にしたりしています。
(なので本音を言えば、「たまに」でいいので、こういう時間ができるととてもありがたい)

で、とりあえずこの空き時間に課題を終えてみました。
自宅でも、もうちょっとじっくりやってみようかな、とも思ったのですが、
持ち帰ってしまうと他のことにまわす時間がなくなるので、
その時間内でできたベストのもの、ということでそのまま提出しちゃいました。

提出できないだろうと思っていたので、まあ、よかったです。

どんな結果になるでしょうかね・・・・。
帰ってくるまで、このトライアルのことは忘れて他のことに注力することにします。

読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

komako

Author:komako
翻訳会社でオンサイト翻訳者として数年勤務した後、東京を離れたことをきっかけにフリーランスとして2013年に新しいスタートを切りました。2人の子供(6歳、4歳)の相手をしつつ、試行錯誤の毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。