スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨時収入で考えた

もう2週間ぐらい前のことですが、ちょっと臨時収入が入りまして。

この手の収入は、特に使い道が思いつかなければ貯金しますけども、
今回はワタシのお勉強環境の整備のために使ってみるかな、と考えてみました。

白状いたしますが、ワタシが使用しているPCには、
辞書の一つもインストールされておりませんし、
もちろん、対訳君とかTradosとか、そんな素敵なものも使ってません。
辞書はもちろん持ってるのですけど、紙の辞書か、電子辞書か、です。

あ、誤解があるといけませんので書いておきますが、
ワタシは自宅で仕事することはありませんので、
このPCはお勉強専用(あと遊び)です。
仕事で使用している会社のPCには、もちろんちゃーんと医学系の辞書も複数搭載されていますし、普通の辞書も入ってます。
紙の辞書も複数ありますし、診療科別の辞書もあります。
でも、これはワタシが買いそろえたものではなく、会社のものですので、
仕事で使っているPCのことは詳しく書きませんけど、
一応、仕事については、そこそこまっとうな環境でやってます・・・とだけ付け加えておきます・・・。

で、自宅での勉強は、それはそれは化石のような環境でやっています。
そもそも、ワタシはPCとかITとかいうジャンルのことが苦手なのと、
「勉強にしか使わないからなぁ」という思いから、
自宅のPC環境についてはなんの対処もしてきませんでした。
(こういうナメた態度だから、ワタクシのお勉強は伸び悩むのかもしれません・・・)

とはいえ、そろそろちゃんと考えた方がいいかなぁ、という気もしまして。
「自宅で仕事」というのはまだまだ視野に入りませんが、
ちょっと勉強環境について考えよう、という気になりました。

臨時収入ですが、
金額的には対訳君(Accept、医学用の高いやつです)とかTradosとかまで手を出せる金額ではありましたが、この手のものはとりあえず却下しました。
いつかほしいなあ、と思うのですが、
ワタシのPCにインストールするには少々不安がありまして・・・。

今、自宅で使用しているPCは2008年の前半に買ったものですが、
この頃は、仕事として翻訳なんて考えてもなかったですし、
翻訳の勉強すら全くしたことなかった時期です。
PCに興味もなければ、自宅で仕事もしないとなると、
自宅での使用用途なんてネットを見るぐらいでしょう。
当時のワタシも、ストレスなくネットが見られれば十分、ぐらいの気持ちでした。
メモリがどうした、CPUがどうした、なんて、
当時のワタシにとってはなんの意味も価値もなかったのです。
ですので、とりあえず快適に動くもので一番安いやつでOK、ぐらいの感覚しかありませんでした。

あと半年か1年買い換えが遅かったら、事情もずいぶん違ってただろうな、と思いますが、まあしょうがありません。
そんな感じで今のPCを買ったもんですから、少々、スペックが貧弱でしてね。
いろんなソフトやツールをそろえてみても、推奨動作環境を一部満たしてなかったりしますので快適に動かないのではなかろうか、という気持ちもあり、大きなお買い物はなんとなく躊躇してしまいます。
というか、真剣に「自宅での仕事も視野にいれて環境を整えよう」となったら、
なにはともあれ、絶対にPC買い換えますから・・・。

ということで、いろいろPCにのっけることにはかなり消極的なんですが、
まあ、でも小さなことからちょいとやってみよう、と考えました。

職場と比較して、何が不便だろうか?
PCで辞書が引けないのは不便ですが、ストレスになるほどではない。
何が一番ストレスだろうか、と考えてみると、
まずは「変換」かな。特に医学用語は、まずまともに変換されることはありませんので、これはかなりストレスですね。
もうひとつはPC画面(モニター)の大きさかなぁ。
職場では、もちろんデュアルモニターなんて素敵なことにはなっていませんが、
モニターが大きい(ワイド)ので、作業中のファイルだ、辞書だ、ネットだ、と
いろいろ同時に開きながら作業するのにかなりやりやすいです。
ノートPCの小さい画面じゃ、これもかなりイライラします。
でもモニターを買って置く場所はないので、これはあきらめざるを得ません。

ということで、「変換」。
調べてみると変換辞書ってのはいくつかあるようですけども、
あんまりよくわからないので(やっぱりこの手のことは根本的に苦手なのだ)、
職場同様の環境でよし、ということでまずはATOKを購入。
で、ATOK用の「ライフサイエンス辞書」と「医療辞書」で迷いましたが、
薬剤名の変換には医療辞書のほうが便利な印象があり、
医療辞書を購入。こっちのほうが高いけど。
(会社のPCは両方入ってます)。

あ、あと辞書もね、、、、ようやくCD-ROM版をインストール。
ステッドマンです。今までは南山堂のを使っていました(電子辞書ですよ・・・)。
こりゃ、大きい声じゃ言えませんね。ははは・・・。

ここまで買って、中断(早い・・・)。残りは書籍に回します。
やっぱりPC買い換えないとなぁ・・・。
デスクトップで大きいモニターでね。
でも、今の家ではデスクトップを置くところが思いつきません。
まさかPC買うために引っ越すわけにもねぇ。

・・・でも、PCとは関係なく、我が家は遅かれ早かれこのマンションを出て、
引っ越すことになると思われます。
その時、新しい住まいから職場に通えるのかどうか、
子ども達を学童&保育園に入れるのか、などなど、
働き方についてもいろいろ考えることになるでしょう。
それまでに自宅の勉強環境はゆっくり整えていこうかと思います。
なんでもかんでも欲しくなっちゃうのでね、
本当にワタシの仕事を快適にしてくれるものはなんなのか、
情報収集だけはしっかりしつつ。

あ、それと、今回の臨時収入からではありませんが、
多くの方のブログで紹介されていた電子辞書、セイコーのSR-G9003も買いました。
これは、いろいろな方のブログを拝見させていただくたび、
「これ、絶対買うわ」と思っていました。
PCにいろんなものをインストールするのに躊躇する、かつ
職場と自宅の2カ所で辞書を使うワタシにとっては本当にぴったり。
かなり快適かつ便利。
多くの方が書いているとおり、180万語対訳大辞典とか、すごいわ、って感じで
ワタクシ、相当ご機嫌です。

これは、ワタシより少し前に同じく臨時収入が入ったオットが買ってくれました。
なんで買ってくれたんでしょうね。
きっとその時、気が大きくなっていたんでしょうね(笑)。
本人の名誉のため、何かの罪滅ぼしで買ってくれたわけではありません。

経験から、毎日かばんに入れて持ち運ぶと表面が傷だらけになるので、
電子辞書のケース(派手なオレンジの)も買って、
かなりご機嫌です。

ということで、自分の臨時収入で買ったものより、
人に買ってもらったものが実は一番うれしかったワタクシでありました。

読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

スポンサーサイト

Comment

ご訪問ありがとうございます~。私も久しぶりに書き込みさせていただきました(ちょくちょく覗いてはいたんですよ[E:happy01])
医薬系だとソフトも高いみたいですね。うちは対訳君(ずいぶん前のバージョンなので、Windows7で使うには何かを修正しなくちゃいけないらしいです・・・)とATOK(去年新調しました)、お金で買える実力(辞書ソフト)をある程度入れています。そういうのを買ったときにメディカル用のが高いことにとってもびっくりしました。
もし臨時収入が入ったら・・・私は対訳君を新調したいかなぁ・・・?

★Katyさん
こんにちは。
ホント、医薬系のものってなんでも高いんですよね~。
欲しいものみんな買ってたらお給料みんな持っていかれてしまいます。
でも、対訳君なんかは医学用である必要あるのかなぁ、とかも思ったりするんですよね...。
standardならそれほどハードル高くないですし。
なんでもよくよく見定めて賢くお買いものしたいもんです。
非公開コメント

プロフィール

komako

Author:komako
翻訳会社でオンサイト翻訳者として数年勤務した後、東京を離れたことをきっかけにフリーランスとして2013年に新しいスタートを切りました。2人の子供(6歳、4歳)の相手をしつつ、試行錯誤の毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。