スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通勤のお伴に

毎日電車通勤しているワタシには「通勤時間」というとても貴重な時間があります。
片道30分、往復1時間電車に乗ってます。

1日1時間もとれるなんて考えてみたら贅沢だなぁ。
(都心に向かうけど、そんなにぎゅうぎゅう詰めの満員電車じゃないのです)
この時間に勉強すればいいのでは?とも思うわけですが、
ワタクシ、電車の中で勉強したことがちゃんと頭に残ったことがありません。
電車勉強、ダメです。全然頭に入らないので。

ですので、今までは勉強と全然関係ない本を読んだり、
座れたら睡眠時間に当てていました。

しかし、最近、いろいろお勉強熱が高まってきて(よくある波ですわ・・・)、
「これじゃ~、いけないワ。もっとちゃんと勉強しなくちゃ」、
と心を入れ替えまして、この貴重な1時間をなんとかしようと考えております。

でも、難しい本はやっぱりダメ(それに専門書は重すぎなのだ)。
ですので、気楽に読めて超基本的なことが押さえられる本にしよう、と決めました。

ということで、先週からお世話になっているのが
「別冊 NHKきょうの健康」シリーズ(定番すぎ?)。
月刊のテキストではないですよ。別冊です。
テーマごとになっていて非常に読みやすいので、
超初心者にはありがたい本ですよね。

でも基本的なことしか書いてありませんので仕事には全然足りませんが、
基本的なことさえ押さえられていない分野については、
ざくっと概要だけつかめますので、まあ便利。

うちには「COPD」「糖尿病」「眼の病気」「不整脈」「がんの情報、がんの治療」その他、がありまして、必要なところだけ読んでいましたが、今度はちゃんと通読してみることにしました。

こういう簡単な本を読むのに家での勉強時間を当てるのはもったいない気がしちゃうので、電車時間はちょうどよいです。

先週はCOPD、今は糖尿病を再読中です。

このシリーズ、わかりやすくていいのですが、
「がんの情報~」は少し古くて(2000年前半に出たものだったと思います)、
治療法の記述も「ちょっと今の現状にはそぐわないのでは?」という部分がちょろっとありました。
でも、「情報が古すぎ」という事実については、
ワタシが一時期、白血病の仕事ばっかりやっていたから気づけたわけで、
実際にはそんなことに気づけることすらなく、
どんな古い情報でも「へ~、そんなんだ~」って納得して読んでしまうわけです。
そう考えると、癌治療のように日々進歩しているものについては、
あんまり古い本を選んではいけないな、とも思いました。

その点さえ気をつければ、通勤のおともにはぴったり。

でも、この手の気軽な本ばかりではどうにもならん、ということもわかってますので、つっこんだ内容の本をもっとそろえていこうと思います(いまさら?・・・ちょびっとぐらいは持ってるんですけども・・・)。

ハリソン内科学、ガイトン生理学、ネッター解剖、、、、うんぬんかんぬん
有名どころはいっぱいありますが・・・。

先日、「医学生・レジデントのための医学書ガイド」っていう本を衝動買いしまして。
順天堂医学部の各科の教授陣が学生に推薦している本が載っています。
今、この中からいくつか物色しているところです。

51aw3azxd4l__bo2204203200_pisitbsti

ついでに先生たちの、
「最近の学生は本を読まない、なっとらん」的な愚痴っぽいコメントとか、
「小説を読みなさい」みたいなコメントとか、
ちょびっと一言もなんとなくおもしろい。

当面は家にある本から読んでいこうと思いますので、
しばらくは買わないで我慢しようと思いますが・・・。

みんなお高い本ばかりですね。お金ためなきゃあ。

そろそろ、通信講座も終わりが見えてきましたので、
積ん読本の中から、読んでいく本をリストアップしつつあります。

しかし、読んでなさすぎだ・・・。大変。
がんばろっと。

読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

komako

Author:komako
翻訳会社でオンサイト翻訳者として数年勤務した後、東京を離れたことをきっかけにフリーランスとして2013年に新しいスタートを切りました。2人の子供(6歳、4歳)の相手をしつつ、試行錯誤の毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。