スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の課題を出して…。

先日、マスターコースの最後の課題を提出しました。
初回の課題が届いた時、「こりゃ無理かも~」と思ってから半年、
終わってみればあっという間でした。
(まだ最後の課題の添削済み課題が戻ってきてないので、
正確には終わってないですが)
ちび達が体調崩したり、
早起きにナーコがついてきたり、とおきまりの(?)出来事により
スムーズに進まないこともあるといえばありましたけども、
まあ、なんとかなるもんですね。

振り返ってみますと、
これまでいろいろ通信講座なるものにずいぶんお金使いましたよ(笑)。
最後は、ほぼ趣味化しているんじゃないかって感じでした。

「仕事をすることが一番の勉強になる」とよく言われますが、
それはそれで「その通り!」と思うのですけれども、
ワタシは「きちんと勉強した」という時期がないまま、
今の会社で働き初めてしまったため(それはそれでラッキーだったのですが)、
いつも「基本となる何か」が欠落しているような感覚を持っていました。
仕事はもちろん、初心者のワタシにとってものすごく勉強になりましたし(今でもなっています)、
実際の仕事でしかわからないようなことも教えていただけたと思っています。
でもやっぱり仕事を開始する前、または仕事と同時並行でもいいのでしょうけど、
「納期だのスピードだのにとらわれず、じっくり、がっつり集中して勉強する時期」って必要なんじゃないかなぁ、という気がしています。それが数か月で済むのか、数年かかるのかは人それぞれでしょうが。

そういう時期を経ていなかったワタシは、
「基盤となる力」不足みたいなものを払拭したいような気持から、いろいろ手を出していたような気がします。
で、その「基盤となる力」が手に入ったのかどうか、、、、どうでしょうね~(笑)。

まあでもこれで、「きちんと勉強してないし」的な言い訳もさすがにできませんね(当たり前)。
最後の方は、ただ単に「好きでやってた」感じの通信講座ですけども、
これからはお金も違うところに使いたいですから、通信講座は卒業ですかね。
よほど、おもしろそうなものがあれば別ですが。
どんなことからも学べることはあると思うので、受講したらしたで学べることはあるわけですが、とはいえ、これ以上通信講座を受講してもそれほど劇的な変化が得られるとももう思えませんので。
あとは、自分なりに好きにやっていこうと。
本も読まないといけないし。
あ、セミナーとかは家庭の事情が許す限り、参加してみたいですね。

まあ何はともあれ、復習を終えないとですね。


----------------------------------------

世の中は3連休でしたが、我が家は連休に2日間休みを追加しまして5連休でした。
今年もまた、世の中が夏休み時期に入る前に夏休みを取っていました。

昨年は沖縄の海でしたが、今年はキャンプです、キャンプ。
基本的にワタシはインドアな人間なんであまりキャンプとか得意じゃないのですけどね。
お天気はイマイチでしたが、致命的に悪かったわけでもなく。

まあ、しかし、
「自然に親しむ」だけが目標ならおチビさんでも十分楽しめますが、
「わざわざ不便な生活?を体験し、自分で食事の用意をしたりすることを学ぶ」という高い目標に対しては、我が家の子どもたちはちょいと小さすぎですね。
楽しそうだったからまあよかったですけども。

しかし、子ども達の虫さされ対策に気をとられ、自分のことを忘れていたワタクシ、
ブヨ?と思われる虫にいつの間にか刺されていまして、
これが、ものすごくひどいことに…。
直径5cmぐらいの範囲がすごく腫れていて、
一時はあまりの痛さに歩くのも困難なぐらいでした…。

虫を甘くみてはいけませんね(特に山の中では)…。


読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ


スポンサーサイト

Comment

マスターコース、お疲れさまでした。
最後まで課題を出し続けるってだけでも大変ですよね~
私も最近思うのですが、
納期に終われずに勉強する時間っていうのを
自分で意識的に持つってとても大事なことなんじゃないかと。
一見遠回りに見えますけど、結局近道?というか。
まぁ納期迫ってる私の言い逃れ感もありますけど。

★カンサンさん
こんにちは。
「納期に追われずに勉強する時間」ってやっぱり持ちたいですよねぇ。
前、ブログにも書いたのだけど「足腰強い翻訳者」になるためには、
必要なことなんじゃないかなぁ、と。
でも、ワタシみたいに雇われ翻訳者ですと、仕事とそれ以外の時間の区別が明確なので、勉強時間って取りやすいのですけれども、カンサンさんのように在宅でフリーランスでやっている方は、仕事と勉強時間を明確にわけて・・・って、それはそれで大変そうだな~って思います。
非公開コメント

プロフィール

komako

Author:komako
翻訳会社でオンサイト翻訳者として数年勤務した後、東京を離れたことをきっかけにフリーランスとして2013年に新しいスタートを切りました。2人の子供(6歳、4歳)の相手をしつつ、試行錯誤の毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。