スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【積ん読本解消】薬理とメディカルライティング

これという目新しいネタはないですが(プライベートではもう、山盛りのもりだくさんにあるんですけどねぇ。あぁ、吐き出したい)、読んだ本をまとめておきます。ただの記録になってきた積ん読本解消シリーズですが、私的には「さ、次を読み終わってしまおう」という気持ちが維持できまして、「ブログを書く」ことがいい具合に勉強のペースメーカーになっています。読んでくださる人にはオモシロクないかもですが…スミマセン。


「MR研修テキスト 薬理学・薬剤学」
「休み時間の薬理学」
この2冊もやっぱり、前半部分だけあちこち赤線が引いてあったものでして(=途中まで読んで放置してあった)、とにかく最後まで通読しました。MR研修テキストは「テキスト」なんでそんなオモシロイしろものではありませんが、最低限の基本事項がいい具合に(素人でもがんばって読み終われる具合に)まとめてあるかと思います。以前にも書いたとおり、私のテキストは2006年度版ですが、今出ている最新版は2012年度版です。疾患と治療については2006年度版でいいや、と思ってますが、2006年版の「医薬概論・PMS・添付文書」については、我が社の偉い方が「内容古すぎ」とつぶやいてましたので最新版を読む予定です(つまり、これも読めてないってこと。あぁ、古いのもったいないな)。「休み時間の薬理学」は、「休み時間」というぐらいですからこちらも易しくかかれた薬理学ですが、それでも最後の方はかなり理解に苦しみました。最後4分の1は字面を追って終わった感じだな…。
そして、もう少し理解を深めたいと思いまして、我が家にあるもう少し難しめの薬理学の本をひっぱりだしてきました。
こちら↓。


シンプル薬理学シンプル薬理学
(2008/12)
野村 隆英、石川 直久 他

商品詳細を見る


「シンプル薬理学」
これは素人向けではないですが、「シンプル」とありますように医学とか薬学を専攻する学生向けの入門書的な位置づけのようです。しかし、私にはかなり難しいです。ちょっと通読できるタイプのものではないので、1章の「総論」と2章の「生体活性物質と薬物」だけ読みました(上記2冊の内容は、このふたつの章を易しくかいたような感じなので)。3章以降は各論(具体的な個々の薬の話)になるのでまあいいか、ということで。通読し終わってないのでブログに書くのはマイルール違反ですが(笑)。
ここまで続けて読んで、「薬理学とはなんぞや、ということがわかったわ」というレベルに達したわけではもちろんありませんが、「理解に苦しむのはどのあたりの話か」という点だけは明確になりました。まあわからないところがわかったってだけでもうけもの、なのか?

しかし、この手の本を読むのは大変だな、と改めて実感。何がって、読んでいる間はわかったような気がするのですが、しばらくたつと結構忘れているのですね。最初の2冊は途中まで読んでいたと書きましたが、やっぱりあまり覚えていませんでしたから。でも、前回読んだのはおそらく2~3年前だと思うのですが、その時に比べれば仕事で自然に蓄積された知識が多少は増えているので、この手の本が読みやすくなってきているようには思います。やっぱりまったく知識ゼロの状態でこの手の本を読んで完全に理解するのは厳しいなぁって気がします(どんなに易しい本であっても)。
でも、だからといって読まなくてもいい、ってわけでもないのですが…。専門の知識は仕事を通して蓄積すればいい、とも思いますが、やっぱり時々はこうやって本を読んだりしますと理解が深まりますし、仕事で得たバラバラの点状の知識が線状につながり、面状にひろがっていくのを感じるのはなんだか嬉しいもんです(まあ、面状に広がるまでには至ってないでしょうが)。仕事をする上での多少の自信にもつながるでしょうし。とはいえ所詮「分野外」の人間ですから、「ほんのちょびっと」の自信にしかなりませんけどね。でもないよりはマシですね。まあ、あんまり勉強勉強っていうのもなんだかやな感じに聞こえるからこれぐらいにしておこう…。


つづいてこちら↓


薬事・申請における英文メディカル・ライティング入門 I改訂版薬事・申請における英文メディカル・ライティング入門 I改訂版
(2009/06/29)
内山雪枝 (有)クリノス

商品詳細を見る


「薬事・申請における英文メディカルライティング入門 I」
「~入門 I」となっていますが、ご存じの方も多いと思いますけども、これはシリーズもので全部で4巻(今のところ)あります。私は全巻持っていますが、III巻とIV巻が既読でして、I巻とII巻が未読でした。たしかIIIがサンフレアの推薦図書に入っていたのでIIIから読んで、それから全巻そろえたんだったような気がします…。ということで、今回はI巻とII巻の2冊を読み終えました。医学英語の書き方的な本はいろいろありますけども、このシリーズは「実践に役立つ」という点では群を抜いている(ちょっとオーバーかな)と思います。他の本と比べて、もう一歩つっこんでくれている感じがするのです。I巻はAMAの内容をまとめてある感じですが、II~IV巻は、似た用語の使いわけであったり、日本人が陥りがちな誤りであったり、というようなことがまとめてありまして、正直「今まで書いて提出してきた英文を全部回収して書き直したい」ぐらいの気分になりました。これまで「これでOK」と思っていたことが実は「あまり好ましくない表現」だったことを知ったりなど、冷や汗かいた部分も多し。今、英訳する時参照する本として、かなり出番が多い本です。欠点は「お値段が高すぎ」なことでしょうか…。薄い本なのに1冊5000円以上します。専門書ならともかく、英語の書き方本で5000円以上って高いよな~、全巻そろえたら20000円以上ですよ…。でも、その価値はあったと私は思っていますが。

ということで、次に読む本を考えるべし。

------------------------------------------------------------

20121027155952_convert_20121029054017.jpg

チビ達と買い物ついでに立ち寄った公園に咲いていた藤袴。秋の七草ですね。
でも家に帰って、チビの図鑑をみたら「ぜつめつがしんぱいされています」って書いてある。
へ~、そうなの?こんな近所に咲いているのに?と思って調べてみたら、昔、川の土手などに咲いていた原種(野生種)は絶滅の危機にあるらしく、今見かけるのは、ほとんどが園芸用に改良されたものなのだとか。確かにこの公園は手入れをしてくれる方がきれいにお花を植えてくれていて、この藤袴も自然に咲いている、というより植えられたって感じのものでした。
お散歩でひとつおりこうさんになったわ~。


読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

スポンサーサイト

Comment

MW入門、ちょうど私が今読んでいる本です。役に立つという点ではほんと、群を抜いていますよね!IIIとIを読んでいまIIです。確かに高いですけれど、それだけの価値はありますよね。全部回収して書き直したいってよくわかります!私もそうしたいです~。

Re: タイトルなし

★リスノさん
こんにちは。リスノさんも読んでいらっしゃいますか~。これほんといいですよね。一番手が届きやすいところにおいてあります(笑)。特にIII巻とIV巻は、「え、そうだったんだ・・・」と冷や汗がでるようなポイントが多くて、ほんと、納品したものをもう一回やらせてもらいたい、ぐらいの気持ちになりましたよ・・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 教えてください。

★鍵付きコメントを送ってくださいました方へ

始めまして。お越しくださってありがとうございます。
んー、ワタシもトライアルの経験はブログで書いたとおり、あまり多くはないので、アドバイスできるほどの経験はありません。あくまで「ワタシの場合は」、でいいますと、正直、受験する時点では「どういう会社がよいか」についてはあんまり選んでません。会社情報だけでは、どんな会社かあまりよくわかりませんし…。とりあえず、医薬の分野で受験できそうな会社をピックアップして応募しています。(ワタシの場合はアメリア経由か、ネットで調べて応募、が多いです。業界誌についていた情報などを参考にしたこともあります)実際仕事をしてみないと、どんな会社がいいのかよくわからん、というのがワタシの場合の現状です。応募する前に会社を見極める方法があったらワタシも知りたい…かな。でもワタシもトライアル初心者ですので、応募できそうな会社はかたっぱしからピックアップという方法で現時点では良いと思っています(今は、ちょっと忙しくなってきたので、トライアル受験はストップしています)。
あまりお役にたてない回答ですみません...
非公開コメント

プロフィール

komako

Author:komako
翻訳会社でオンサイト翻訳者として数年勤務した後、東京を離れたことをきっかけにフリーランスとして2013年に新しいスタートを切りました。2人の子供(6歳、4歳)の相手をしつつ、試行錯誤の毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。