スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況とか、解消した積ん読本とか・・

すっかりごぶさたしてしまいました。

10月末からずっと、我が家的に大きな出来事が続いていまして、仕事・勉強以外のことに時間を割かざるを得ない状況に陥ってました。ついでにチビ達が久しぶりに熱だしてたり、とかも。早起き生活は続けていまして、むしろ普段よりも1時間ぐらい早く起きていたのですけど、多くの時間を「手が回らなくてマズイことになっていたプライベート事項」の処理にまわしてました。
でも、ずっと私のストレスになっていたことがとりあえず終わったし、まあいいか・・・。あ、楽しい行事もあったのですよ。七五三とか。懐は一気にさみしくなりましたけども。

勉強はまったくしていなかったわけでもないです。でもいつもやっている講座の復習とか、NHKの講座とかはストップしていて、全然関係ないことやってました。すぐ寄り道しちゃうのですよ・・・。まぁ、無駄なことやってるわけではないからいいとします。

それと先週の金曜日からこの火曜日までは久しぶりにTQEなんてものを受けていました。TQEはおととしぐらいまで何度か受けていたましたが、なんだか受かるような気がしないのと、TQEに対して関心を失ったことでしばらくは受けていませんでした。また興味が復活したのか、というとそういうわけではないです。サンフレアの講座の修了生は講座修了後1年以内(だったかな)ならTQEをお安く受けられる、という特典があるので、単にそれを利用したかっただけのことなのです。安く受けられるうちに1回受けとこか、みたいな貧乏人根性で受けました(笑)。あいかわらず受かる気がしない試験でした。

ダブル受験(日英、英日)したのですけど、まとまった時間がとれない人にはダブル受験はおすすめしませんね。げっそりしました、ほんとに。別に両方出さなくてもいいのですが、お安い値段で両方受けられる、という機会は1回なので無理して出しました。でも、完璧なものを仕上げられない状態で両方提出するなら安くてもあんまり意味ないですよね・・・。

初めてTQEの英訳を受けたのですが、内容が少々専門的でものすごく時間がかかりました。副作用の話とか症例報告とかのように人間を対象とした話ならまあいいのですが、「研究室」の中で起きている出来事って背景知識がないと本当にきついなぁ、と改めて思いました。
構文的には「○○を用いて△△の××を※※した」みたいにシンプルな文章でも、実験の内容によっては「この文の日本語、助詞以外みんな聞いたことないや・・・」みたいなことが残念ながら起きたりします。この研究者達がどんな実験をしているのか、具体的にビジュアル化できる方には1分もあれば書けるような英文だろうと思いますが、残念ながらそれがわからないと、まず概念をつかむことから始めないといけません。これがえらい時間がかかるのですね。1分で書ける人と、概念をつかむことから始めないといけない人ではそりゃもうスピードという点では大きな差がでますよね・・・。まあ、でもいまさらそんなこといってもしょうがないですね。その差を埋めるために日々、お勉強しているわけですから。


あ、そうそう。かろうじて積ん読本を1冊だけ解消したので記録しておきます。1冊だけなんですよ・・・読めたの。


「うまい英語で医学論文を書くコツ」(医学書院)


アマゾンではもう中古しか出ていませんが・・・。
これは何かの講座で講師の方が「これはいいよ~」と推薦していた本です。前半は冠詞や前置詞の使い方など基本事項が書いてありまして、ここにはそんなに目新しいことは書いてありませんでしたが、後半は日本人が書きがちな英文をたくさん載せて、それを一つ一つ気持ちの良い英文(comfortable English)に添削していくという形式になっており、こちらは大変おもしろく読めました。
変な英語を正しい英語に直していく、という形式の本はたくさんあるけど、だいたいその「変な英語」って「いや、こんなひどいのあんまり書かないでしょ」というぐらいお粗末なものが「変な英語例」として載っていることが多いですが、この本では、わりと「あぁ、これぐらいなら普通に書いてしまうかもしれないなぁ」っていう「変な英語」例が載っています(まあ、ヒドイ例もたくさん載ってますが)。で、それを添削してくれているので「なるほどなるほど」と勉強になる例が多かったです。簡潔に、わかりやすく、シンプルに書くことというのはわかっていてもなかなか難しいですね。


ということで、だいぶ私の生活も落ち着きを取り戻してきましたので、いつもの勉強に戻ることにします。いろいろ巻き返します。がんばろっと。



読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

komako

Author:komako
翻訳会社でオンサイト翻訳者として数年勤務した後、東京を離れたことをきっかけにフリーランスとして2013年に新しいスタートを切りました。2人の子供(6歳、4歳)の相手をしつつ、試行錯誤の毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。