スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日英メディカル定例トライアル。その他もろもろ。

9月にアメリアの定例トライアル<日英メディカル>を受けていました。メディカル分野の英訳の定例トライアルとして初めて開催されたものです。

先日、この結果が帰ってきまして、初めてみる評価「AA」をいただきました。いつものメディカル定例(和訳)ではBかCしかとったことないのにね・・・。

「あら、AAとかちょっと嬉しいわ」とその日は喜んでいたのですが、その翌日、仕事がらみでとてもとても落ち込んでペコンポコンにへこんだ出来事があり、そんな喜びはあっという間に吹き飛ばされました。この出来事がなんだったのかをここで書くことができたら、「あぁ、それはへこむかも」と同感していただけるかもしれないし、この話にもリアリティとか具体性が持てるってものなのですが、組織に所属する人間として、少々書きづらい出来事であるため、なぜこんなに落ち込んだかについては申し訳ないのですがちょいと控えさせていただきます・・・スミマセン、申し訳ない。

まだちょびっとへこんでいるのですけども、これはきっと「ちょっといい評価がもらえたからってうかれてはいけない。現実を見よ。現実は厳しいのだ」という神様からの戒めに違いない、だからこのタイミングでこんなにへこませる出来事が起きたに違いない、と思っております・・・。とほほ。ほんと、お仕事は厳しいですわよ・・・。まあ、考えてみたら、もう翻訳のお仕事で安定した収入を得ている方は、クラウン資格がどうしただのなんだの、なんてレベルのところにはいないのでしょうね。結局、この資格も「学習者レベルを卒業してもよいよ」というぐらいのものなのだろうな・・・。


・・・と、内容も書けないようなワタシの落ち込みについてだらだら書いても仕方ないので、初の<日英メディカル>についてちょっと触れますと、今回は「AA」が4人もいました。いつもの定例トライアルと比べるとずっと多いですね。お優しい評価だったのか?ラッキーだったのかもしれません。反対に、「E」評価も30数人、全体の応募者が90数名ですので、3分の1ほどがE評価というのもこれまた異例のような気がします。英訳ならでは・・・なところがあったりするのかしら?どうなんでしょうね。

ところで。
AAを取るとクラウン資格がもらえるわけですが、ちゃんと(?)クラウン会員として登録するにはお金を払わないといけません。まあ、たいした金額でもないですし、一回払えばその後何度クラウン資格をいただいても払う必要はないのですが・・・。
今回のワタシの場合は「おめでとうございます。クラウン会員に認定されました。すでに他分野(実務メディカル)でクラウン資格があるので、登録料はいりません・・・うんぬん」というさっぱりした感じのメールがきました。でも、そもそも、このクラウン資格なんてものには興味がなくて、単に実力試しとしてこの定例トライアルを受けている人もいると思うのですが、そういう方がAAをもらって、アメリアさんから「クラウン資格取得おめでとう。ついては登録料のお支払いを・・・」みたいなメールをさらっともらうと、「え~お金払うのかよ~」とか思ったりしないかしら?・・・なんていらん心配をしてみたワタクシでした。そういう人は払わなければ(=資格を放棄する)いいのか?
しかしこのお金はなんのためかな?クラウン資格取得者しか応募できない仕事があるようで、それはそれでこの資格をとるメリットなのだと思うけど、でもそれにお金払うっていうのもねぇ・・・。毎年1回は定例トライアルがただになるらしいけど、受けない人には関係ないですしねぇ。なんだか不思議な制度だなと思ってしまいました。

そんなことはどうでもいいか。とにかくいろいろ、まだまだまだまだ、黙々とがんばらねばならぬことがあるのです。がんばろっと。

----------------------------------------------------------------

20121117121104_convert_20121119033600.jpg

20121118100158_convert_20121119033526.jpg

土日の1泊で日光へ行きました。
東照宮を見たぐらいで、あとはのんびりごろごろしていただけですけど、この半月ほど、ほんとにいろいろ心身ともにぐったりな出来事が多かったので(体調もいまいちだったし、「心」的にはアップダウンもとても大きかったし)、いい休養になりました。

20121118063237_convert_20121119033623.jpg

宿泊先は奥日光でしたが、朝起きて外を見たら雪が舞っていました。あぁ、もう冬がやってくるのですね。時間だけはどんどん過ぎていきますから、ピシッと暮らさないとです。



読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

スポンサーサイト

Comment

AA取得、おめでとうございます☆
登録費用がかかるとは知りませんでした・・・^^;

仕事で落ち込まれたとのこと、その後いかがですか?
仕事のこと、子どものこと、自分自身の個人的なこと等々、悩みは尽きませんよね。
年齢を重ねるにつれて、その内容は重くなり、
浮上にも時間がかかるようになっている気がします。
(子ども達がいるので堂々と落ち込めないし!)

komakoさんはいつもどうやって元気をだしていますか?
(・・・って、落ち込まれているの最中なのに空気読めてない質問ですよね;スミマセン)

★bettyさん、こんにちは。

bettyさんにそう聞かれて、「そういえばいつもどうしてるのかな~」と考えて見ました。少なくとも、おいしいもの食べるとか一人の時間をもつ、とか息抜きや気晴らし系で元気を取り戻すタイプではないですね。落ち込んだ原因が、じっくり考えたりとか対策を立てたりする必要があるものであれば、夜中(というか早朝)に一人で悶々と徹底的に考え込んでます。そうするほうが結果的に元気がでる気がするので・・・。でも、特に対策をしなきゃならないわけでもない落ち込みネタについては、、、うーん、何もしてないかな~(スミマセン、何のお役にも立てませんね・・・)。結局、日々の慌ただしい生活にかき消されていく感じがしています。あまり考え込まず、余計な感情を排して、眼の前のことを黙黙と片付けていくことでいつの間にか回復しているような気がしますね~。あぁ、回答にならずスミマセン・・。

「対策をしなきゃならないわけでもない落ち込みネタ」っていうのがちょいちょいありまして・・・そうですよね、私も生活の中に消えていくばかりです。
そうしてあっという間に月日は経って、本当にもう冬がやってきてしまいますね。
くよくよしていないで、ビシッと暮らさないと、私も^^

お返事ありがとうございました。
奮起して勉強やら仕事やら家事育児やら、することにします☆
非公開コメント

プロフィール

komako

Author:komako
翻訳会社でオンサイト翻訳者として数年勤務した後、東京を離れたことをきっかけにフリーランスとして2013年に新しいスタートを切りました。2人の子供(6歳、4歳)の相手をしつつ、試行錯誤の毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。