スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【積ん読本解消】今年最後の積ん読本解消シリーズです。


あぁ、いよいよ本格的に(?)年末ですね。
もう帰省しちゃった人、大掃除している人、お正月準備している人、のんびりしてる人、まだ仕事している人、いろいろいらっしゃると思います。我が家は本日、大掃除真っ最中。ただいまお茶休憩中です。まだ続きが残っておりますが疲れてきましてね・・・。

さて、今年最後の【積ん読本解消】です。12月最終週はお仕事がけっこうヒマで、ちょびちょびと空き時間ができたものですから、一気に3冊読み終えました。3冊とも「英語の書き方」的な本です。3冊まとめて簡単に記録しておきます。



技術系英文ライティング教本―基本・英文法・応用技術系英文ライティング教本―基本・英文法・応用
(2009/03)
中山 裕木子

商品詳細を見る



理系のための英語論文執筆ガイド―ネイティブとの発想のズレはどこか? (ブルーバックス)理系のための英語論文執筆ガイド―ネイティブとの発想のズレはどこか? (ブルーバックス)
(2002/03/20)
原田 豊太郎

商品詳細を見る



マスターしておきたい技術英語の基本マスターしておきたい技術英語の基本
(2006/06)
リチャード カウェル、〓 錦華 他

商品詳細を見る



最初の2冊は、夏頃に出席した講座の講師の方が推薦していた本です。最後の「マスターしておきたい~」はいろいろな方のブログで見かけていたので、だいぶ前に購入していました(長々と積まれておりました)。
「技術系英文ライティング教本」は、基本的な文法事項などを広く浅くおさえている、という印象。これまでにも技術英語・医学英語の書き方本的なものは読んできていますので、それほど新しく学べたことはなかったかも・・・。
ただ、技術英語になじみがなく、勉強を始めたばかりの方には(なんか偉そうな言い方でスミマセン)、「まず基本をおさえる」ためにはぴったりの1冊かな~と思いました。

2冊目の「理系のための英語論文執筆ガイド」は非常に勉強になった1冊でした。論文の執筆ガイドといっても、テーマ設定とか論文の構成についてとかの話はなく、あくまでも「英語の書き方」に徹しています。英語論文を書く上で注意すべき点を20のポイントにまとめて、それぞれについて解説するという形式です。前半は名詞の単複や冠詞の話、時制の話など文法事項が多いですが、後半は、数学表現とか、英語にしにくい構文の攻略法などが書かれています。前半は、だいぶ前に読んだ「例文詳解 技術英語の冠詞活用入門」に内容がそっくりでしたが(同じ著者なので当たり前といえば当たり前)、名詞の単複と冠詞の部分を除けば、勉強になること満載。これまでに読んだ本とかぶる内容も多いですが、本の見た目の割に(講談社のブルーバックスです)、内容がぎっしり詰まっていて「学んだわ~」と感じた1冊でした。例文がすべて技術英語でしたので少々ハードルが高かったです(まったくなじみがない分野の英語ばっかりでしたので)。

最後の「マスターしておきたい技術英語の基本」は、日本人が間違えやすい単語や表現をとりあげて、正しい使い方を解説するというスタイルです。こういうの、おもしろい。多くの日本人が間違えやすいポイント、ってことなんで、ワタシも「あら、それダメだったんだ・・・」と思ったものがちらほら(お恥ずかしい)。赤線ひきまくり、ポストイット貼りまくりで、即実践に役立つ内容が多い印象を受けました。今、職場のデスクにおいてある本で、最も取りやすいベストポジションを占めている本は、以前に書いた「薬事・申請における英文メディカル・ライティング入門I~IV」ですが、そのお隣の場所に昇格させることにします(いままでずっと本棚の奥に寝かせられてたんですけどね・・・)。


以上、3冊。医学英語もしくは技術英語の書き方的な本はこれまでにも何冊か読んできましたが、だいぶ内容がかぶってきましたので読みやすくなってきましたね。うちにあるこの手の本はだいぶ読まれましたかねぇ・・・。amazonをのぞけば、技術英語・医学英語に関する本はまだまだいっぱいあるけど、年が明けたら、ちょっと違う内容の本を読みたいかな。医学薬学分野というか生物化学よりの本を解消していきたいです。少々ハードルが高そうな本をじっくり繰り返し読む、ということにもトライしたいと考えてます。(その前に、もう少し基本的なことを押さえたいですが)。


最後に短く今年の総括を。
勉強については、自分が目標としていたことはやっぱり全部はこなせませんでした。それでも、今年はまずまずよく勉強したんじゃないかな、と思ってます(え~、っていう声も聞こえそうですけど)。まあ、でも勉強が目的ではないので、来年はこれをお仕事にきちんと生かしていきたいですね。
今年はプライベート生活がけっこう忙しく、特に後半は慌ただしくしていまして、あっという間にすぎてしまいました。基本的にワタシは健康なんですが、11月~12月にかけては体調を崩すことが多く(昨日も熱が出たりして)、あんまり無理をしてはいけないな(ってそんなにしてないですけどね)、と反省中です。来年はもっと意識して「健康維持」を心がけていきたいですね。

来年はいろいろチャレンジングな年になりそうですが、それはまた、年があけたらぼちぼち書いていこうかと思います。
今年1年、このだらだらな感じのブログを読んでくださってありがとうございました。みなさま、良いお年をお迎えくださいませ。

(こ、こんな時間になっちゃった・・大掃除、再開!!)

読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

komako

Author:komako
翻訳会社でオンサイト翻訳者として数年勤務した後、東京を離れたことをきっかけにフリーランスとして2013年に新しいスタートを切りました。2人の子供(6歳、4歳)の相手をしつつ、試行錯誤の毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。