スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

積まずにすぐ読んだ「フリーランスの教科書」

ワタシにしてはめずらしく、買った本を積むことなくすぐに読みました。


フリーランスの教科書 (星海社新書)フリーランスの教科書 (星海社新書)
(2012/12/26)
見田村 元宣、内海 正人 他

商品詳細を見る



先月発売されたばかりの本です。「フリーランスの教科書」というタイトルですが、これからフリーになろうという方、もしくはフリーになりたての方を対象としているようで、もうベテランのフリーランスさんにとってはそれほど新しい事項はないのかな、という感じです。でも、ワタシのように「これからフリーに・・・」という方には、最低限知っておいたほうがいいだろうという内容がコンパクトにまとめられていて勉強になります(多少の覚悟もできます・・・)。

しょっぱなから、「フリーランスとは自由になることではなく、全部を引き受けることである」という言葉が心にささりました。ワタシも最初に勤務した会社を辞めた時にすごく思ったけど、サラリーマンって本当にいろいろ会社に「やってもらってる」ことがたくさんあるのですよね。健康保険とか厚生年金とか雇用保険とか、会社が多少負担してくれているわけですし、有給もあったりして。備品もみんな会社にあるし。しかも退職金とかボーナスなんてものまで・・・。フリーになると当たり前だけど、税金、年金、保険、それから経費もろもろ等、自分で手続きして払わないといけないし、退職金もないから老後の備えも蓄えなければならない。そういうものをすべて自力で払っていくことを考慮すると、サラリーマンと同程度の所得を得るためには(想定は年収500万程度らしい)、時給5000円以上を目指さないとならないんだとか。つまりサラリーマンの給料(もろもろいろんなものを込みにして)を時給に換算すると5000円ぐらいになるんだそうで。
「時給5000円」・・・・・にちょっと考えてしまいました。正社員であれば女性でも年収500万ぐらいに達している人はいっぱいいると思うけども、ワタシ、かつてのサラリーマン時代に時給5000円分の仕事をきちんとこなせていたであろうか、となんとなく思ったりして・・・。

こういう数字はあくまでも例なので、これにとらわれる必要はないと思うけど、とにもかくにも、それぐらいの気持ちでやりなはれよ、ってことでしょう。

この本は、フリーランスになったばかりの編集者にプロの税理士と社労士がいろいろ教えてくれる、という形式になっていて、1日目「契約とギャラ交渉」、2日目「税金と確定申告」、3日目「保険と年金」、4日目「法人化」という内容で進められていきます。内容的に、まだワタシの立場では「だいぶ先の将来の話」の部分もあるけど(特に法人化はほぼ関係ない)、心構えとして今知っておいても損はない話ばかりでした。税金、年金、保険の話などについては、いろいろ情報収集して自分で勉強して「最も得をする方法」をとれたらベストでしょうが、それが無理でも、少なくとも「知らなかったがために損をしていた」という事態は絶対避けるべきだと思うし・・・。この手の知識がまったくない人でもしっかり理解できるように書かれていますが、深く知るためには、別のものを読む必要があるだろうな、とも思いました。ただ、とにかく必須事項を短時間で押さえるためには最適の1冊ではないかと思います(ほんと、すぐ読み終われるし)。


まあ、ワタシの場合、それより前にいろいろやることあるでしょ、っていう状態なんですけども・・・。で、さらに「フリーになるための本」的な本が数冊積まれたままになっていたりして・・・。でもとりあえず、次はいつものお勉強本に戻ります。



読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ









スポンサーサイト

Comment

komakoさん、おはようございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

幼稚園ママ生活、フリーランスへの道と、家庭に仕事に変化を求められる一年となるのですね。

komakoさんの歩みは、自分の励みになっています。
陰ながら応援させてくださいね!

Re: タイトルなし

★bettyさん

こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。

そうなのです。今年はわかっているだけでもいろいろな変化が待ち受けていてちょっとドキドキしています。できるだけ、変化を楽しめる心の余裕を持っていたいと思っていますが、どうなりますやら・・・。

ワタシもbettyさんの「毎日を丁寧に生活されている姿勢」(→勝手にそういう印象を持っています)を見習いたいと思っています。そうそう、ワタシも今年はきっちり細かく家計簿つけてみようと思って家計簿を購入してみました。ワタシの収入もしばらく途切れるでしょうしね・・・。続くかな・・・。
非公開コメント

プロフィール

komako

Author:komako
翻訳会社でオンサイト翻訳者として数年勤務した後、東京を離れたことをきっかけにフリーランスとして2013年に新しいスタートを切りました。2人の子供(6歳、4歳)の相手をしつつ、試行錯誤の毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。