スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トライアルのお話

「フリーランスとしてどうにか仕事生活を軌道に載せようとあがく姿」、について書こうとすると、やっぱりトライアルの話を書かないというわけにもいかないかしら、と思いまして、今日はトライアルの話を書いてみることにします。
「トライアルとは?」と一般論としてまとめられるほどの経験値はありませんので、あくまで「ワタシの話。それも『現時点』での」ということで書きます。


実は、人生で初めてトライアルを受けたのはかなり前です。英日、日英で受けたのですが、この時は両方とも不合格でした。今にして思えば、この時落ちておいたおかげで、いろいろ舐めてかからずにすみました…(いや、別に甘くみていたわけではありませんが…。)。
この1回以降、しばらくトライアルを受けることもなく、日々の仕事を黙々とこなしていましたが、退職後のことを考えなくてはならなくなった昨年の11月末~12月頃から、応募できそうなところを探して応募するようになりました。

現時点で実際に受けたのは4社(前述の不合格の1社は除く)。

1社目→英訳(副作用報告)→合格
2社目→英日・日英受験→両方合格
3社目→英日・日英受験→日英のみ合格、英日は不合格
4社目→英日・日英受験→両方合格

微妙に和訳の方が成績が悪いのは想像どおり...(それではいかんのですが)。
トライアルの結果はあくまでただの結果であって、本当の目的はその後、実際に仕事を得ることです。
1社目は副作用報告のカテゴリーですが、副作用報告の仕事はほぼ毎日発生するものなので、仕事は毎日とまでは言わなくても、「毎日に近いペース」であります。でも、副作用の仕事の依頼の仕方って会社によってもいろいろなのかもしれませんが、ワタシがお受けしているのは英訳(それも大した分量ではない)+入力作業なので、純粋な翻訳とはちょっと違うかな、という感じです。
2社目は、2月に契約して3月に初めてお仕事いただいたかな。その後のお仕事はぽつぽつ程度(2~3回)。
3社目と4社目はつい最近結果をいただいたので、まだ契約が終了していません。

…という感じです。

ちなみに、もう1社だいぶ前に応募していた会社がありましたが、ここは「応募受領しました」の連絡もなし。なんの反応もなかったな(なので、もうすっかり忘れてました)。そういうところもあるのですね。
つくづく、「継続的に仕事がある状態」にまでもっていくのは時間がかかることなのだなと思っています(優秀な方はそんなこともないのかもしれませんが)。
応募してからなんらかの反応をもらえるまでにものすごく時間がかかった会社もあります。トライアル結果を何ヶ月も待たされたというのはよく聞く話ですし…。ワタシの場合は今のところ、短いところでは数日、長いところで1ヵ月ちょっとでお返事をいただいているかな。そして、そこから初仕事がくるまでどれぐらいかかるのか、さらにそれが継続的にいただけるようになるまでどれぐらい....と考えると、仕事を軌道に乗せるというのはなかなか大変なことだな~と思います。毎日お仕事に追われている諸先輩方がものすごく神々しく見えます。始めのうちは他のお仕事と兼務する「二足のわらじ」の方が多いのもうなずけます。ワタシの場合、二足のわらじではありませんが、元勤務先からのお仕事があるのでどうにか食いつないでいる感じです。

ベテラン翻訳者さんのお話を聞くと、ものすごい数の会社のトライアルを受けている方もいれば、2~3社しか受けていないという方もいらっしゃいました。翻訳者にとっても翻訳会社にとっても良い関係が築けるような相性の良い会社と出会うことが大事だとすると、受験する数はあまり重要ではないのでしょうね。
ワタクシもそんな会社と出会えますよう(あ、元勤務先は良い感じでお仕事させていただいていますが)、まだまだこれから試行錯誤を続けていこうと思います。


読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ







スポンサーサイト

Comment

Sayoです。まいどです~。
トライアル頑張っておられますね~。個人的な感触&諸先輩方のお話をお伺いすると、トライアル合格者にも「すぐに仕事をして貰いたい人」と「取りあえずキープしておく人」の2種類があるようですね。実力的なものもあるのでしょうけれど、その時その会社で不足していて「欲しい」(又は今後力を入れたい)分野の経験を持つ人というのも前者に入るのだろうなと思います。その「流れ」と自分の得意分野が一致するというのがベストなんだろうなと。もちろん、絶対的にお仕事の出来る方は、どこに登録なさっても前者なのでしょうけれど。Komakoさんは、これまでのエントリから察するに、英訳では十分前者に入られる方のように思われますし(羨まし~)、和訳も(数をこなすという意味での)経験値の問題だけなのかなと思います。頑張って下さいね。あ、他人事じゃないし。ワタシもがむばる。
以前、某翻訳講座のエントリにコメント頂きましたが、今、そちらで同じ講座に通っておられるんですよね。大阪は一足早く昨晩2回目が終わり、こてんぱんにされてへろへろです~。でも、いつか「(質問の)何で攻撃」で先生を滅多切りにするという野望は捨てていません。

Re: タイトルなし

★sayoさん
こんにちは~。確かに合格するには当然実力があることは最低限でしょうが、会社が必要としている分野に強いかどうか、といったことも継続的にお仕事がいただける条件でもあるのでしょうね。実力以外にも「運やご縁、タイミング」ということもあるのだろうな。すべてをひっくるめて、相性の良い会社とのご縁ができるいいのでしょうね。まだまだ、ワタクシもがんばらねばです。

そうそう、翻訳講座、通ってますよ~。これもそのうち書こうと思いつつ忘れている…。もう2回目が終わられたのですね。ワタクシは1回目で軽くショックを受けて(泣)、2回目こそは万全の体制で臨むわ~と気合いを入れているところです。気合いだけで終わらないようにしなくちゃ…。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

★「鍵付きコメント」さま(って書くのも変ですけども…)

見つかっちゃいましたか~。なんだかお恥ずかしいです。「なぜワタシ?」と思ったのですが、あれって駆け出しさんも学習中の方も対象とするコーナーだってことでしたので、お受けしてみました。話しているうちに今の自分の現状や課題がなんとなく見えてきたりもして、お受けしてよかったかな~と思ってます。しかし、ああいう形になると、なんだか偉そうですねぇ…。
FBの件、もちろんOKですよ~。ワタシもあまり活用できていないのですが…。
ブログも放置状態になってしまっているのだけど、あと数日ぐらいで何か書こうと思ってます…何か。
あ、そうそう先日は例の訳語の件、本当にありがとうございました!無事、あのつらかった案件も終わりました~(^-^*)
非公開コメント

プロフィール

komako

Author:komako
翻訳会社でオンサイト翻訳者として数年勤務した後、東京を離れたことをきっかけにフリーランスとして2013年に新しいスタートを切りました。2人の子供(6歳、4歳)の相手をしつつ、試行錯誤の毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。