スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨大児

ワタクシ、ただいま妊娠32週。
本日は、妊婦検診でありましたが・・・。

第二子以降の出産って、
それなりにみなさん、心の余裕があるんでしょうか。
確かに妊娠中は妊婦であることをほとんど意識してきませんでしたが、
いざ、「お産」となると話は別。

ワタシは痛みに弱いヘタレ女。
しょせん「想像上の痛み」でしかなかった前回と違い、
リアルにあの「痛み」を知っている今となっては、
2度目であろうとなんだろうと、
オソロシイものはオソロシイ。

K太郎の時は、
出てくるまでに40時間近くかかるという難産だったので、
出産は限りなくトラウマに近い・・・。
難産になった理由はいろいろでしょうが、
理由のひとつとしては、
なんといってもK太郎は、、、、

デカかった、、のだ。

・・・で、お腹の子。
この子も、検診のたびに「大きめちゃんね」と言われているんですが。
今日の検診では、
先生が難しそうな顔して、
何度も超音波画像と私のカルテを無言で確認。
(こういうときって、お腹出して横たわったまま
置いてけぼりになっている妊婦は、若干不安になりますわよね・・・。)

で、こうおっしゃいました。
「いや~。やっぱ、この子、大きいわ。
何度も測り直してみたけど、
腹囲なんかね、ほとんど臨月の子並み。
推定体重ね、約2260g (もう?)。34~35週相当だね。
こういう場合、妊娠糖尿病の検査とか一応したいんだけど、
 (妊娠糖尿病にかかっていると巨大児になる傾向があります。)
でも、全然尿検査で糖出てないし、
この前の血液検査も、血糖の異常ないしねぇ・・・。
あ、前回もOGTT(*)やってるの?で、異常なしだったの。
まあ、上の子も大きかったみたいだし、
こりゃ、体質だね~」

へ、へ~、ワタシ、そんな体質だったんですか・・・。

(*)OGTT(oral glucose telerance test 糖負荷試験、
甘い炭酸みたいなものをがぶがぶ飲まされたあと、
1時間後、2時間後の血糖値を測る検査。
K太郎の時、妊娠糖尿病を疑われ、
受けるはめになった・・・。結果、シロでしたが)

「・・・あ、先生。巨大な子になったからお腹切ってだしましょうとか、
ありますかね?」

「いや~~。そりゃないね。
4kg超えたら、帝王切開も考えるけど、
そもそも、そうなりそうだったらその前に誘発します。」

ワタシはヘタレ女。
「あ、先生。なんていうかその、
お腹、切っていただいても、、、いっこうにかまいませんっていうかナンテイウカ…」

「なにいってんですか[。
前回ね、こんだけ大きな子を産んでるんですから、
ちゃんと産めるようになってるんです。切りまっせん!」

・・・そ、そうですよね。。。
こわいよ、大きいの、コワイヨゥ。

参考までに、ワタシはここ1か月ほどほとんど食欲がなく、
あまり食事がとれないため、
ワタシの体重はこの時期にもかかわらず、なんと減少中。
胎児はワタシの体を土台にメキメキ成長しているのね・・。
胎児、おそるべし。

、、えっと。お勉強。

★NEJMは二つほど(…)やりました。
訳の良し悪しはともかく、
新鮮な学習ごととしては、
「sensitivity and specificity = 感度と特異度」。
Wikipediaによると、医療統計用語みたいですね。
Wikipediaって昔、論文に引用することの是非みたいなことが
一時期話題になった(なりませんでした?)ような気がしますが、
確かに、内容については有象無象なのかもしれませんが、
ワタクシのような、バックグラウンドがない人間にとっては、
Wikipediaは、かなり助かります。

★「休み時間の薬理学」
少々、読み進めました。
休み時間。。。ってタイトルなんで、
短い時間で読めるはずなんですけど、
いや~、えらい長い休み時間になってるな~。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

こんにちは。
二人目は、知ってるだけに怖いですよね~
確かに、こんなもんじゃない、まだまだ。そして、きたきた~~!って感じでした。
でも、やっぱり一人目より楽ですよ~
実際に早いというのもあると思いますが、落ち着いてました♪精神的なものですかね。
 お一人目は大変だったのですね~
私は一人目が3000gなくてかなり安産だったのですが、二人目妊娠中に、これは3500gはいくな~なんて驚かせていたのですが、結局3000gに落ち着きました♪
これって、頭が大きかっただけかしら?
確かに女の子にしたら大きかったのかも…
 無事にご出産されることを祈っています♪

★ワンダーママさん
そうなんですよね、、、「知ってしまったが故の恐怖」というか…。
その「一人目より楽」を信じて残り数週間を過ごそうと思います…。
そうそう、私の友人にも「巨大児」と言われながら、そうでもなかったという人がいましたが、
やっぱり頭が大きめだったんだそうで。
頭囲が大きめだと、体重も大きめに出るのかな~。
でも、うちの子、大きいのはお腹だからなぁ…。
非公開コメント

プロフィール

komako

Author:komako
翻訳会社でオンサイト翻訳者として数年勤務した後、東京を離れたことをきっかけにフリーランスとして2013年に新しいスタートを切りました。2人の子供(6歳、4歳)の相手をしつつ、試行錯誤の毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。