スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終課題提出と定例トライアル

半年続いたフェローの通信講座、マスターコース。
昨日、最後の課題の提出期限でして、
無事、提出。
なんだか、慌ただしい中での受講でしたが、
とりあえず、締め切りすぎることなく
無事6回提出できてなによりでした。

このコースの前に受講していた中級レベルは、
添削内容も、テキスト内容、課題内容も正直、いまいちでしたけど、
このコースは課題内容、添削内容も満足のいくものでした。
最後、評価を大きく落とすことなく(ってもう提出しちゃったけどね)、
終了できますでしょうか・・・。

最後の課題は公開講座の時に返却してもらえるみたい。
公開講座、先生にお目にかかることもできますし、
少々、楽しみ。
ちび達が風邪なんぞひかないよう、祈ります・・・。

もうひとつ。
3月に提出したアメリアの定例トライアル、メディカル。
いつものとおり、結果と評価ごとの人数内訳表だけ返ってきました。
そして、いつものとおり、結果はB。

今回は提出後にちょっと見直していて、
「ああ書けばよかったな、こうすれば良かったかな」と
ひとりで反省してましたので、
自分の翻訳の評価がBであることは別に全然いいのですが、
それにしたって、このトライアル。
以前にも書いたような気がしますが、
このトライアルの最高評価はAA、以下A~Eの順で評価されることになってます。

でも、「AA」評価というのは、メディカルに限らず、
多分野でもほとんど見かけたことがないのですが、
「AA」とは、「すぐにプロとして通用するレベル」、ということらしいので、
この評価がめったに出ないことはごもっともなことですし、
納得できるのですが、
メディカルの場合、
「A」評価の数も、いつもものすご~く少ないように思えます。

まあ、先生のおめがねにかなう翻訳が少ないっていうことなのでしょうけど、
こんなにいつも少ないと、
なんというか、「Aとかとるの、永遠に無理なんじゃないかしら?」
と、少々、モチベーションがひゅるる~と下がってみたり・・・。
「実力よりもちょっと高めの目標」にはやる気がでますが、
「高すぎる目標」に対しては逆に意欲を失う。。。とでもいいますか。

この定例トライアルで高評価(AAを1回か、Aを12ヶ月以内に2回)をとって、
アメリアのクラウン会員になって、
お仕事ゲット。。。という目標を持っている人もいるのでは?
ワタシはまだ、そこまで深くは考えていないのだけど、
それでも受け続けるからには、
最終目標として、いずれは「A」まで到達するように、
とは思っていますが、
そんな日は本当に来るのかいな・・・。
この定例トライアルを通してクラウン会員になるのとか、
とてつもなく不可能な気がしますよ・・・。

今回の課題は、ワタシが過去に受けた課題よりも易しかったので、
A評価とか、もっと出てもいいような気がするんだけどな~。
(あぁ、しつこいけど今回のワタシの答案にA評価をちょうだい、
っていう意味じゃないですよ。
一般論的に、もっとAが出ても良さそうな課題だったのにな~っていう意味です。)
まぁでも、英文の易しさと、翻訳のし易さは別ですしね。
それに、受けている人はプロというより勉強中の人なんでしょうから、
そう簡単にAなんて出ないのかしらね。
現実は厳しいですね。ホントに。

・・・ということで、訳例と解説が出たら、
また反省してめげずに次もがんばってみますよ、ワタクシ。

読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

お久しぶりです。こんにちは。
私も今回の定例トライアル、
以前のよりも平易な内容のように思えたので
Aが0人というのは意外だなと感じました。
高すぎる目標には意欲を失う…私もこれ同じです。
萎えてしまうというかなんというか。
そこから発奮して頑張れるといいんですけどね。
とりあえず、今回の講評を待って
なぜAが出なかったのかを読みたいと思います。

★ルカさん、
お久しぶりです。
ルカさんのおっしゃるとおり、この評価から発奮して頑張れるといいと思うし、
今までは、「そっか、じゃあ次頑張ろう」とわりとあっさり思っていたのですけど、
今回はさすがに、「いや~、厳しいなぁ」とちょっと思ってしまいました・・。
ルカさんのブログにもありましたが、
BとAの間にはすごい壁がある感じがしますね。
まぁ、でも、ぶつくさ言ってないで地道にやりますか~。
訳例といつもの厳しい解説が楽しみですね。
非公開コメント

プロフィール

komako

Author:komako
翻訳会社でオンサイト翻訳者として数年勤務した後、東京を離れたことをきっかけにフリーランスとして2013年に新しいスタートを切りました。2人の子供(6歳、4歳)の相手をしつつ、試行錯誤の毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。