スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オープンスクール「品質アップの英文推敲テクニック」

先週末、サンフレアのオープンスクールで遠田和子先生の「品質アップの英文推敲テクニック」に参加してきました。これまでに複数の翻訳者の方々から遠田先生の授業の評判を聞いており、一度受けてみたいと思っていたのですが、日程などの都合でこれまでなかなか機会に恵まれませんでした。
そんなことで、今回、オープンスクールのスケジュールが出た時に「おぉっ、ようやく!」と思いまして、ワタクシ、速攻で申し込みいたしました。

セミナーの内容については、とてもわかりやすくまとめてくださっているブログ記事がこちらにありますので、ぜひ参照してみてくださいませ→ http://www.kambayashi.net/2014/03/blog-post.html (…といって、内容の説明を省略する手抜き…。なかなか終わってすぐには書けないぐーたらなもので…。)

ということで、以下、自分の仕事と照らし合わせた上での感想を。

英訳のお仕事では、ネイティブチェック後の赤入り原稿を見ることができる機会も多いのですが、これまでに「赤い修正」がひとつも入らなかった完璧な原稿を書けたことは残念ながらなく、いつもちょこちょこ(時には大量に)修正された原稿が戻ってきます。数カ月前から自分のミスの傾向を把握・分析するために、修正が入った文をちょっとしたリストにしていますが(リストにしているだけでまだ分析できてませんが)、冠詞や単複のミスに続いて、修飾語(句)の位置の修正も意外と多いな…とずっと思っていました。
遠田先生が、「自分ではここを正しく修飾している『つもり』でも、他の人が読むと何通りかに解釈が可能な文になっていることが多い」というお話をしてくださいましたが、まさにこの状況がワタシの英文にも時々(頻繁に?)起きているということなんですね。
文章が長くなればなるほど、修飾句の位置って難しいなぁ、と思うのですが、修飾するものとされるものをできるだけ近づける、という大原則をもう一度しつこく頭にインプットしないとだめだわ、と思いました。
あと、なんでも前置詞使ってつなげるのを避けて、できるだけ前置詞を使わない文を書いてみましょう、ともおっしゃっていました。(ただでさえ日本人は前置詞も苦手だし、前置詞を使えば自然と名詞を使うことになるので、必然的に苦手な冠詞を使わなければいけなくなる)。なるほどなるほど…。あぁ『そのつもり』、撲滅せねば。


今回、学びポイントはたくさんあったのですが、一番痛感したことは「もっとアクティブボキャブラリーを増やさないといけないなぁ」ということでした。
先生は、セミナーの中で「getやmakeのように他の語とくっつかないとはっきりと意味が伝わらないような弱い動詞ではなく、動詞1語だけで詳細な状況(動作)がはっきりと伝わるような強い動詞を使うこと」を繰り返しお話されていました。
例えば、(以下の例文はサンフレアアカデミーの遠田先生の講座の紹介文の中で公開されているものですので、こちらにも引用させていただきました)
「株価が急激に下がっている」という英訳では、

Stock prices have declined sharply. 

でも間違えではないけれど、

Stock prices have plunged.

とすることで、少ない語数で力強い英文が書ける、というわけです。


私だったら、「急激に下がっている」という原文を見たら、たぶん私の頭の中で「急激に→sharply、下がって…→decline…」とほぼ自動的に変換され、そしてそのまま書いてしまう可能性が高いかも…(汗)。
plungeという単語は知っているし意味もわかるけど、この原文を読んですぐに「これだ」と思い浮かべることができるかと問われると少々疑問です…。

ワタクシ、和訳の時は「他にもっとふさわしい言い方はないかしら」とマメに辞書をひくようにしていますが、英訳の時は、こうやって「自動的に頭に浮かんできた語」を並べてしまっていて「辞書をひくこと」がおろそかになっているかもしれない、と猛省しました(もちろんひくんですよ。でも和訳の時と比べると辞書を参照する頻度が少ないような気がします。フレーズ検索やコーパスの参照は多いですが…)。
遠田先生は、ボキャブラリーを増やし、1つ1つの語の具体的な意味をきちんと把握して実際に使えるようにすることの重要性をお話ししてくださいましたが、翻訳の仕事って辞書を引きながらできるせいか、ワタクシ、ついつい「ボキャブラリーを増やす」ということがかなり後回しになっていることを痛感いたしました。「知っている」レベルではなく、思い浮かべることができ、実際に使えるレベルの語をもっと増やすことを意識していかなければだめですね。


いやぁ、課題はいっぱいだ。
でも課題が明確になったことはありがたいことです。とても有意義な時間でした。
あー、他にも書きたいことがあったけど、一言だけにしよう。


「英文を評価する時の指針を持つ(by 遠田先生)」→「エージェントさんやクライアントさんから『忠実に訳してない』というつっこみが入った時でも、『この文は、これこれこういう理由でこういう英文になっているのですよ』と明確に理由を説明できるだけの指針を自分の中に持つ」。


さー、今日ももう一息がんばります。




読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

久しぶりのセミナー

先日(といっても、もう1週間以上たってしまいましたが)、とあるセミナーに参加しました。セミナーのテーマは「メディカル翻訳:クライアントの要求にどうこたえるか」とのことでクライアントの求める翻訳の質、仕事が減る翻訳者と仕事が集中する翻訳者の違い等が主なポイントでした。
以下、印象に残った点のみ簡単に書いておきます。

仕事が集中する翻訳者の特徴については、理解度が高い、質が高い、見直しが丁寧、コメントが的確、などが挙げられていましたが、特に目新しいポイントはあまりなく、結局のところ、いつも言われている「抑えるべきポイントをきっちり確実に抑える」ということが大切なのだろうな、と改めて思いました。
1つだけ、「へー」と思ったのは、仕事が集中する翻訳者は「スケジュールの空き状況をマメに連絡してくれる」という点です。
ワタシ、自分のスケジュールを定期的にエージェントさんに連絡するようなことはこれまでしていませんでした。仕事の打診をいただいた時、こちらのスケジュールの都合でお断りせざるを得ない場合は「○○日までは難しいですが、××日以降であれば対応可能です」の一言は必ずつけていますが、それ以外でこちらから「○○日から対応可能です」といったようなメッセージをお送りしたことはありません。夏休みや年末年始のお休みの連絡ぐらいはしてるけど、もっとマメに連絡いれたほうがいいのかな。

もう1点。
仕事が減る翻訳者が取るべき対応策として、文書の理解度や訳文の質を向上させること以外に「体調管理をきちんとする」ということがありました。体調をきちんと管理しなさい、ってなんだか子どもにいい聞かせるみたいな話だなぁ、と思いましたが、長い案件の場合、途中で体調が悪くなりギブアップされる方が時々いらっしゃるのだとか。
そういえば、ワタクシも一度だけ、他の翻訳者さんが体調が悪くなって降板(?)してしまった案件を引き継いでくれ、という依頼を受けたことがありましたっけ。40,000ワードほど残っていてお引き受けしたのですけど、あれは内容的にもスケジュール的にもツライ案件でしたね。この案件のせいで体調崩したのでは?と思ったぐらい。ワタシまで具合悪くなるかと思いました…。しかし、翻訳会社さんから見れば、長い案件にはこのようなリスクもあるのですね。確かに「具合悪くて…」というお断りの理由が続けば、その翻訳者さんに頼みづらくなるのは当然ですね。

最後に、スピーカーの方がクライアントさんからヒアリングしたコメントの中に「今後は和訳が増え、英訳が減っていくだろう」というコメントがありました。「日本語で書く→英語に翻訳する」というステップを踏まず、最初から英語で文書を作成することが増えるから、という理由だそうです。なんとなくこの点には納得。
和訳に苦手意識があるワタクシとしては、ますます日本語力の向上に努めなければだめだわね、と結局いつもと同じようなことを再確認して帰ってきたのでした…。



読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

現金がない…?

ありがたいことに1月はお仕事も順調にいただき、月末までは新しくお受けする余裕がございません。ありがたやありがたや。

…なのに…なのに…。

ここのところしっかりと働いているのですけども、来月はたぶん、お金がなくてすごい苦しい生活を強いられるに違いない…ということにさきほど気がついてしまいました。

ワタシがお取引させていただいている数社は翻訳料の支払いに関して、締め日も入金日もバラバラです。しがない個人事業主相手ですから、ものすごく支払いサイトが長い会社はありませんが、それでも納品した日から支払いまでが少々長くてお金をもらえるまでに時間がかかる、というところはあります。

これまでは、納品してから比較的すぐお支払いいただけるところと、ちょいと時間がかかるところとバランスよくお仕事してましたので、そんなに「今月現金がないわねー」ということはあまりなかったのですが、今月はちょっとめぐりあわせが悪かったというか、なんかうまくまわってなかったというかなんというか、とにかくふと気づいてみると、次にある程度まとまったお金が入ってくるのがかなり先である、ということに気づいたわけです(ごくわずかな入金ならある予定ですけど…)。


ワタシ、自分の口座の残高に余裕があると、すぐ貯金用の定期預金にお金を移してしまうという長年のクセがあるので、普通預金(お仕事で使ってる口座)の残高はつねにギリギリのお金しかいれてないんです。
つい先日も、なんだか残高に余裕があるように見えたので、貯金用の口座に移し替えちゃったばかりなものですから、今、残高は必要最低限+ちょびっとしかありません。
次のまとまった入金までかなり時間があるってことに気がついてなかった…。
毎月決まった日にほぼ一定の額が入ってくるサラリーマン時代はそんなことしてても別に問題なかったけど、今みたいなお仕事をしていると、次にいつお金が入るのか?ってことを考えて、残高には余裕をもたせておかないとダメですね。

長々と書きましたが、結局のところ一言でいいますと「キャッシュフローの管理ってものが全然できてないじゃない、ワタシ」というお話でした。
会社だったら黒字倒産させそうだ。
フリーランスっていろいろ考えなきゃいけないことがたくさんあるんだなー(いまさらそこ…)。





読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

時間とお金を大切に

皆様、あけましておめでとうございます。


新年だから、というわけではありませんが、
なんとなく気分を変えてみたくてタイトル等いろいろ変えてみました。振り返ってみますとブログを書き始めたころから今日までに何度もタイトルが変わっていますね…。
いろいろとその時の心情が反映されているのだと思いますけれど、頻繁すぎるかしら。
でも、もはやこのブログもほとんどワタクシの雑記帳のようなスペースになっているので、好きなように変えさせていただきますわ。
思い返してみますと、ブログを書きはじめた時の最初のタイトルは「子持ち妊婦の翻訳修行」でした。はじめの頃のエントリーはココログから引っ越す時にかなり削除してしまいましたけれども、当時は妊婦だったのですね。
あの頃お腹の中にいた子はもう4歳になりました。早いものですね。

新年にあたり、今年の目標を考えているのですが、今年はなかなか思いつきません。
ただ、昨年はフリーになって1年目ということで、いろいろ降ってくることをこなしていたら1年終わってしまったという感じでしたので、今年は目の前の仕事にきちんと取り組みつつも、「5年後、10年後にワタシはどうしていたいのか」ということを意識しながら日々お仕事に邁進していきたいと思っております。

そうそう、目標ではありませんが、
日々心がけたいこととしては、持っている資源をもっともっと有効に使いたいと心底思っております。
資源といいましても、ささやかなお金と時間ぐらいしかないのですが、
昨年はこの2つの使い方には非常に無駄が多かったなぁ、と深く反省しておりまして、
今年はお金と時間はもっと厳しい目をもって使いたいと思っています。
いつ読むかわからない本をちゃちゃっと買わない、とか
あのスゴイ人が薦めるツールだからってだけで買わない、とかそんなちっぽけなことですけど。
そもそも、そんなことができるほどワタシは裕福じゃないわ、と脳にたたきこんでおこうと思ってます。
時間もそうです。もっともっと集中して仕事すれば、多少の勉強時間ぐらいとれるはずなのです。ワタクシの試算では。
たぶんこの二つの使い方をもっともっと厳しくしていくことで、ワタクシが日々悩ましく思っている問題も半分くらい解決するような気がします。


しかし、新年の決意にしてはちっぽけすぎるわ…。


ブログもマメには更新できないと思うのですが、
更新にかける時間を短縮することで昨年よりは書けるようにしたいと思っております。
今年もどうぞよろしくお願いたします。




読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

お久しぶりですが、今年のまとめ。

大変ご無沙汰していまいました。超がつくほど久しぶりの更新なのに、もう今年のまとめとは何事?という感じですね…。書けなかった理由を探せばいろいろありますが、たぶん春に引っ越した時に、「ブログを更新する」ということがワタクシの定期的なタスクからすっぽりと抜け落ちたのだと思います。久しぶりすぎて、「管理画面にどうやってログインするんだっけ?」なんてところから始めてしまいました…。


前置きはここまで。
今年はフリーランスになって1年目ですから振り返ってみることは必要かなぁ、と思いますので、今年を振り返りつつ、来年の課題を考えてみたいと思います。


★フリーランス生活開始~トライアル受験~登録
2月にフリーになってからしばらくは、それまでに勤務していた翻訳会社からのお仕事+別会社の「副作用英訳」の仕事のみ。この2社の仕事オンリーという時期が2カ月ほど続いていました。

トライアルの受験状況は5月に書いていたとおり。「副作用報告」のカテゴリーで受験した会社を含めて4社受けていました。5月の記事では3社合格、1社は「英訳合格で和訳が不合格」って書いてましたが、「和訳で不合格だった」と思っていたのはワタシの勘違いでして、結局この会社からも和訳のお仕事の打診はいただいています(「日英で合格」と書いてあったところ、「日英」って「日→英(つまり英訳)」だと勝手に思い込んでたみたい。日本語と英語ってことだったようで)。


他社の仕事が継続的に入ってくるようになったのは4~5月頃です。その後、前勤務先も含めてお仕事量が増えたので、以前書いていた副作用報告のお仕事は夏頃からは受けていません。
結局、この5月の記事のあと1社もトライアルは受けられませんでした。受けたかった会社はあったのですが、余力がなく…。ですので、年末の現時点で登録社数は前勤務先を含めて5社。副作用報告はもうやってないのでお仕事の依頼があるのは4社です。とはいえ1社とはなぜか相性が悪く(いつも忙しい時にしか依頼が来ない)、定期的にお仕事をしているのは3社。トライアルを受けたかった1社については来年の課題にしたいと思います。
ちなみに、ワタシが忙しい時にしか依頼がこないという相性が良くない会社。ここから依頼される内容は「やりたいなぁ」と思うものばかりなので、もっとお仕事させていただきたいのですが、なぜかうまくタイミングがあわないのです。何かよい方法はないものか…。悩ましき課題です。ご縁がないのかしら。


★プライベート生活との両立
朝出勤して夕方遅くに帰宅する外勤生活と在宅勤務生活とでは、在宅勤務生活の方が家事育児、その他プライベートとの両立がしやすいようにも思いますが、実際のところ、これはなかなか難しい課題でした。以前に比べて難しくなったのは勉強時間の確保。このブログもかつては勉強ネタ中心でしたので、更新しなくなったのは「勉強しなくなったから」という理由もあります。「子どもを保育園に入れてもっと仕事時間を確保して、夜(もしくは朝)の時間を勉強時間にまわしたかったなー」という気持ちはありますが、当時は入園させられる要件がそろってなかったのですから仕方ないです。
ワタクシが不器用なだけかもしれないですが、オンとオフの切り替えは予想していたより遙かに難しかったです。それでも子どもと接する時間が増えたことは、まあ良かったのかもしれません。来年は「1日に少しだけでもいいから半強制的にでも勉強時間をとること」を自らに課そうと思います。

★収入
収入ねー(笑)。単純に「上がったか下がったか」ということについては「これまでのどの時点と比較するか」によります。直前の仕事(つまり翻訳会社勤務時代)の収入よりは上がっていますが、翻訳会社時代は非正規社員でボーナスもありませんでしたので…。正社員時代の収入と比較してしまうと、全然追いつけませんね(T-T)。月収ベースでなんとなく追いついても、ボーナスってヤツがないので年収では無理(^-^*)。ボーナス欲しいわ-。
そうはいってもそこまで仕事時間がとれているわけではないので、当時と同じ収入を得るというのは現時点では現実的な話ではないです、ワタシにとっては。
収入についての「来年の課題」...は今のところ具体的には特に思いつかないんだなー(もちろん、収入についてシビアに考えることは大事だと思ってますが)。毎月「最低限稼がねばならぬ額(稼がないと赤字になっちゃう)」と「できればこれだけは欲しい目標額」を設定していますが、まずは「最低限ライン」を下回る月がないようにしないと…。



と、仕事のことだけ振り返っていますが、実際には、引っ越しをして生活スタイルが変わったことで仕事以外で取られていた時間もかなりありましたし、そもそもこの地での新しい生活を軌道に乗せることが何よりも最優先の年でした。そういう意味では、チビ達も楽しく幼稚園に行っており、お友達もできているようですし、ワタシとは違って社交的な息子のおかげで、ワタクシ自身もチビつながりのお知り合いが増えました。来年は子どもつながりとは関係ないことを始めようと密かに思っています。
そんな中で、ボチボチとでも継続的に仕事ができたことは大変ありがたいことでした。細かいことはいろいろありますが、概ね良い年だったと思います。

仕事面に関していうならば、来年はとにかく読書と勉強をどうにかしたい。どうにかします。その他にも課題はあるけど、これに比べれば割と小さなことばっかりなので省略です。ブログの更新は…わかりません。勉強時間がないぐらいですからね。でも、時々、こうやって更新しにくるんじゃないかなー。

ということで、次の更新はいつなのか?
わかりませんけれども、来年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆様どうぞよいお年をお迎えくださいませ。



読んでくださってありがとうございます。
ポチっとクリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

プロフィール

komako

Author:komako
翻訳会社でオンサイト翻訳者として数年勤務した後、東京を離れたことをきっかけにフリーランスとして2013年に新しいスタートを切りました。2人の子供(6歳、4歳)の相手をしつつ、試行錯誤の毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。